---------------------------------------------------------------
#02 動物の権利(Animal Rights)運動は動物の福祉(Animal Welfare)
    運動や動物の解放(Animal Liberation)運動とは違うのですか?
---------------------------------------------------------------



   動物の福祉(*1)運動は動物の苦しみを認め、動物を「人道的」に扱
    う事によりその苦しみを軽減する事を目指しています。しかし、人間
    が動物を利用したり搾取したりするのを廃絶する事は目標にしていま
    せん。
 
   動物の権利運動はその考えを大幅に発展させたもので、動物を搾取
    することを認めず動物に権利を与えようとするものです。

   動物の福祉運動を支持する人は牛が十分なスペースを与えられてい
    るか、適切な食べ物を与えられているかといった事は気にかけます。
    しかし、牛が「人道的」に飼育され屠殺される限り、牛を殺して食べ
    る事に関しては気にしないのが普通です。
    動物の福祉運動を押し進めている団体には「動物虐待防止協会」や
    「動物愛護協会」があります。


   以上の事を説明した上で、動物の権利運動をもっと広義に解釈する
  人達もいるという事を言っておくべきでしょう。動物の福祉運動の支
  持者も実際には動物の権利のいくつかを支持しているというのがその
  人達の意見です(例えば犬は蹴られる事のない権利を持っているとい
  う主張など)

  その様に解釈すると動物の権利運動はその傘の下に動物の福祉を支持
  する勢力と厳格な動物の権利を支持する勢力を含む運動だという見方
  もできます。この解釈には動物の権利運動を社会の主流に近づけると
  いう利点があります。とは言っても動物の福祉運動と動物の権利運動
  の間には最初に述べた様な、はっきりした違いがあります。


   動物の解放運動は一般的には動物の権利運動の別名とされています。
  (ですがこの後の方の記述も参考にして下さい)
  人によっては権利という言葉よりも「解放」という言葉を好みます。
  この言葉が奴隷解放運動や女性解放運動といった過去に成功を収めた
  運動を連想させるからです。それに加え「権利」という言葉は人間以
  外のものに認めるべきだと主張した場合、しばしば反発を招く事があ
  るからという理由もあります。
  「動物の解放」という言葉はピーター・シンガーの同名の名著によっ
  て有名になりました。

  ここで言う「解放」という言葉は#88で言っているような文字どお
  りの解放という意味とは区別すべきものです。つまり動物の解放を支
  持する人が必ずしも実力行為を伴う市民的不服従運動や不法行為をす
  る人というわけではありません。


    最後に次の事を正直に打ち明けなければならないでしょう。それは
  これまでしてきた説明は大まかなもので(とは言ってもほぼ間違いの
  ないものですが)現在も進行中の「動物の権利」「動物の解放」「動
  物の福祉」という言葉の解釈をめぐる論争やこれらの運動の歴史的評
  価や代表的な思想家の位置付け等をめぐる論争に言及するのは意図的
  に避けてきたという事です。

   この論争がどういった性質のものか紹介するために下記の文では単純
  化した書き方をします。その結果としていずれの立場の人からも非難
  を受ける事になるかもしれませんが。

    動物の解放運動と動物の権利運動の間には微妙な違いがあると指摘
  する人もいます。動物の権利運動は(少なくともトム・レーガンと彼
  の支持者は)動物実験を完全に廃止すべきだとしています。
   ピーター・シンガーと彼の支持者が言うところの動物の解放運動では
  そうした全廃論は受けいれず、動物実験が道徳的に認められる場合も
  あり得るとしています。なぜならば人体実験でも認められる場合があり
  得るからです。

      しかし、解放と権利という言葉の違いが、倫理学の理論における絶
    対主義(*2)と功利主義(*3)の対立に相当する様な大きな見解の相違か
    ら来るものと言えるのかどうかは難しいところです。

                 DG
  
                               



   歴史的に見れば動物の福祉運動は社会における多くの動物の境遇を
    改善することに貢献してきました。動物は心を持たず倫理的な配慮に
    値する様な存在ではないとする従来の西洋社会においては一般的だっ
    た概念に彼等は反対してきました。
  
     その後、動物の福祉運動の改革論に代わるものとして廃止論をかか
    げた動物の権利運動が登場しました。動物の権利運動が勢力を拡大し
    影響力を強める様になると動物を搾取している人々も対抗措置を取ら
    ざるを得なくなりました。
   おそらくトム・レーガンが動物の権利を動物の福祉と区別しようとし
    た事に影響されたのでしょうが現状を維持したいと願う産業界の人々
    は「動物の福祉」という言葉を進んで受け入れる様になりました。
   動物実験や狩猟やわな猟やアグリビジネスや動物を利用する興行など
    の関係者や支持者が自らを動物の福祉の擁護者だと称する様になった
    のです。動物を搾取するそうした慣行を守るための外郭団体もいくつ
    か設立されました。

   こうした昔ながらの価値観を持つ団体は動物に対する虐待の問題が存
  在する事を意図的にぼかした表現で名目的に認める一方で動物に対す
  る搾取や虐待が続けられることを目標とする宣伝活動を行っています。
   彼等のプロパガンダの目的は動物の権利の支持者に対し過激派の烙印
  を押し、一方で自分達は理性的な穏健派であると思わせることです。

   今日、「動物の福祉」の主張が動物関連産業から引き合いに出される
    頻度は本当に動物を守りたいと思っている人々から出される場合と同
    等かそれ以上になっています。

                    LJ


 参照: #1#3#87#88

 


      訳注)*1. 日本のいわゆる「動物愛護運動」は概ねここで言う
                 Animal Welfareに当たると思いますが訳の上では
                 Welfareを直訳して「福祉」としました。

        *2.絶対主義:絶対的な真理・価値などが存在すると考える立場

        *3.功利主義:いわゆる「最大多数の最大幸福」を人間行為の規範
         とするベンサムやミルの唱えた倫理学説








...............

    -----------------------
    #2   Is the Animal Rights movement different from the Animal Welfare
        movement? The Animal Liberation movement?
    -----------------------

      The Animal Welfare movement acknowledges the suffering of nonhumans and
    attempts to reduce that suffering through "humane" treatment, but it does
    not have as a goal elimination of the use and exploitation of animals. The
    Animal Rights movement goes significantly further by rejecting the
    exploitation of animals and according them rights in that regard. A person
    committed to animal welfare might be concerned that cows get enough space,
    proper food, etc., but would not necessarily have any qualms about killing
    and eating cows, so long as the rearing and slaughter are "humane".
      The Animal Welfare movement is represented by such organizations as the
    Society for the Prevention of Cruelty to Animals, and the Humane Society.
      Having said this, it should be realized that some hold a broader
    interpretation of the AR movement. They would argue that the AW groups do,
    in fact, support rights for animals (e.g., a dog has the right not to be
    kicked). Under this interpretation, AR is viewed as a broad umbrella
    covering the AW and strict AR groups. This interpretation has the advantage
    of moving AR closer to the mainstream. Nevertheless, there is a valid
    distinction between the AW and AR groups, as described in the first paragraph.
      Animal Liberation (AL) is, for many people, a synonym for Animal Rights
    (but see below). Some people prefer the term "liberation" because it brings
    to mind images of other successful liberation movements, such as the movement
    for liberation of slaves and liberation of women, whereas the term "rights"
    often encounters resistance when an attempt is made to apply it to nonhumans.
    The phrase "Animal Liberation" became popular with the publication of Peter
    Singer's classic book of the same name.
      This use of the term liberation should be distinguished from the literal
    meaning discussed in question #88, i.e., an Animal Liberationist is not
    necessarily one who engages in forceful civil disobedience or unlawful
    actions.
      Finally, intellectual honesty compels us to acknowledge that the account
    given here is rendered in broad strokes (but is at least approximately
    correct), and purposely avoids describing ongoing debate about the meaning
    of the terms "Animal Rights", "Animal Liberation", and "Animal Welfare",
    debate about the history of these movements, and debate about the actual
    positions of the prominent thinkers. To depict the flavor of such debates,
    the following text describes one coherent position. Naturally, it will be
    attacked from all sides!
      Some might suggest that a subtle distinction can be made between the Animal
    Liberation and Animal Rights movements. The Animal Rights movement, at least
    as propounded by Regan and his adherents, is said to require total abolition
    of such practices as experimentation on animals. The Animal Liberation
    movement, as propounded by Singer and his adherents, is said to reject the
    absolutist view and assert that in some cases, such experimentation can be
    morally defensible. Because such cases could also justify some experiments
    on humans, however, it is not clear that the distinction described reflects
    a difference between the liberation and rights views, so much as it does a
    broader difference of ethical theory, i.e., absolutism versus utilitarianism.
                                    DG

      Historically, animal welfare groups have attempted to improve the lot of
    animals in society. They worked against the popular Western concept of
    animals as lacking souls and not being at all worthy of any ethical
    consideration. The animal rights movement set itself up as an abolitionist
    alternative to the reform-minded animal welfarists. As the animal rights
    movement has become larger and more influential, the animal exploiters have
    finally been forced to respond to it. Perhaps inspired by the efforts of Tom
    Regan to distinguish AR from AW, industry groups intent on maintaining the
    status quo have embraced the term "animal welfare". Pro-vivisection,
    hunting, trapping, agribusiness, and animal entertainment groups now refer
    to themselves as "animal welfare" supporters. Several umbrella groups whose
    goal is to defend these practices have also arisen.
      This classic case of public-relations doublespeak acknowledges the issue
    of cruelty to animals in name only, while allowing for the continued use and
    abuse of animals. The propaganda effect is to stigmatize animal rights
    supporters as being extreme while attempting to portray themselves as the
    reasonable moderates. Nowadays, the cause of "animal welfare" is invoked by
    the animal industry at least as often as it is used by animal protection
    groups.
                                    LJ

    SEE ALSO: #1, #3, #87-#88

このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ