-------------------------------------------------------------
#21 すでに死んでいる動物を利用する事についてはどう思いますか?
-------------------------------------------------------------


       この質問は二通りの取り方ができます。
   
       一つ目はこの質問者が自分が動物を利用する事について「でも殺し
    たのは自分じゃない」と弁解しているのではないかという取り方です。
       もう一つはこの質問者が自然に死んだ動物の場合(または交通事故
    死の様に利用する目的で殺されたわけではない場合)にその死体を利
    用する事の道徳的是非を尋ねているという取り方です。
  
       一つ目の解釈について言えば私達はその様な弁解を受け入れる事は
    出来ません。例えば肉について言うなら、肉をとるために動物を殺す
    という事は最終消費者の要求(それは市場の需要という形をとります)
    と財政的支援(肉に対してお金を払う事)によって成り立っているの
    です。消費者の責任は免れえないものです。社会は盗品と知っていな
    がらそれを受け取った人間が「自分が盗んだわけではない」と弁解し
    てもそれを許しません。

       二つ目の自然に死んだ動物を利用する事については、道徳的問題は
    特にない様に思われます。しかし、たいていの人は美意識の問題から
    そうした動物を利用しようとはしないでしょう(あなたは死んだ人の
    遺体をなにかに利用しようなんて考えますか?)
       そしてもちろん自然死した動物で今日の動物製品に対する膨大な需
    要を満たす事は不可能です;代替は動物以外のものか人工的なものに
    頼るしかありません。

     自然死した動物であれ動物を利用する事は避けたいと考える人達も
    います。自分達が動物製品を利用する事が動物製品に対する余分な需
    要を生みだし、その需要は道徳的に問題がある手段で満たされる事に
    なるのではないかと懸念するからです。

                    DG



       この問題は死んだものに対する敬意の問題と言う事が出来るでしょ
    う。私達が墓を荒す様な行為に対して本能的とも言える激しい嫌悪感
    をおぼえるのも死者に対する敬意のためです。自然死した動物であっ
    ても工業的過程の一部の様に利用するよりは、最低限、何もせずに放
    っておいてやるべきです。
       昔は死んだ動物に対しても敬意が払われる事が一般的でした。例え
    ばエジプト人は死んだ猫をミイラにしました。

                AECW







    屠殺場の存在がどんなにお上品に、はるかかなたにあり、用心深く
    隠されていたとしても、その食事をしたあなたは共犯者だ。

            ラルフ・ワルド・エマソン(作家)
                               


...............

    -----------------------
    #21  What if I made use of an animal that was already dead?
    -----------------------

      There are two ways to interpret this question. First, the questioner
    might really be making the excuse "but I didn't kill the animal", or
    second, he could be asking about the morality of using an animal that
    has died naturally (or due to a cause unassociated with the demand for
    animal products, such as a road kill). For the first interpretation, we
    must reject the excuse. The killing of animals for meat, for example,
    is done at the request (through market demand), and with the financial
    support (through payment), of the end consumers. Their complicity is
    inescapable. Society does not excuse the receiver of stolen goods because
    he "didn't do the burglary".
      For the second interpretation, the use of naturally killed animals,
    there seems to be no moral difficulty involved. Many would, for esthetic
    reasons, still not use animal products thus obtained. (Would you use the
    bodies of departed humans?) Certainly, natural kills cannot satisfy the
    great demand for animal products that exists today; non-animal and
    synthetic sources are required.
      Other people may avoid use of naturally killed animal products because
    they feel that it might encourage a demand in others for animal products,
    a demand that might not be so innocently satisfied.
                                    DG

      This can be viewed as a question of respect for the dead. We feel
    innate revulsion at the idea of grave desecration for this reason.
    Naturally killed animals should, at the very least, be left alone rather
    than recycled as part of an industrial process. This was commonly
    practiced in the past, e.g., Egyptians used to mummify their cats.
                                    AECW

      You have just dined, and however scrupulously the slaughterhouse is
    concealed in the graceful distance of miles, there is complicity.
                                    Ralph Waldo Emerson (author)


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ