---------------------------------------------------------
#24 動物の権利運動は中絶には反対しているのでしょうか?
       もしそうじゃないのなら、それは偽善的じゃないですか?
---------------------------------------------------------



  動物の権利を擁護する人間を、中絶に関する議論のどちらかの陣営に
 結びつけようとする試みは、これまでしばしば行われてきました。しか
 し、そうした試みは見当外れなものです。

  人権を擁護する立場の人間が中絶問題に対して必然的にどちらか一方
 の立場に立つことになるのだと立証できるのでもない限り、動物の権利
 を支持することが、胎児の権利の問題に対する立場も決定すると言う主
 張も、明らかにおかしなものです。中絶の問題に関して、どちらかの結
 論に達しない限りは拷問や奴隷や、その他の野蛮な慣行を嫌悪すること
 も矛盾していると言うのでしょうか?

  現在、人間が持つ権利を、同様の道徳的規準でもって、動物に対して
 も認めるべきだと言うのが動物の権利を支持する人間の主張です。たと
 えば、私たちの社会は成長し、感覚をもった「道徳的客体者」(道徳的
 客体者と道徳的主体者の区別に関する説明については質問#17を参照
 して下さい)である人間が、科学のためという大義名分のもとで当然の
 様に殺されることを認めてはいません。したがって、当然、道徳的客体
 者たる動物に対しても同様の保護が与えられるべきだということになり
 ます。

  一方で中絶というのは、今なお、議論の余地がある問題です。動物の
 権利運動の中から、現在、中絶の問題に関して社会全般に存在している
 意見以外のものが、新たに出てくるなどと思うのは、明らかに筋がとお
 らないことです。

  基本的には、動物の権利哲学を支持する人間は、今日、議論の余地の
 ない部分において、個人の権利が十分に尊重されていれば満足していま
 す。権利に基づく、保護の対象を胎児にまで広げようとする試みに対し
 ては、特別に賛成しているわけでも、反対しているわけでもありません。

              AECW
                                   




  中絶と動物の権利の関係をめぐる議論に対する見解は動物の権利を支
 持する人たちの間でも分かれています。多くの人たちは、AECWの様
 に、中絶をめぐる論争と動物の権利とは無関係であり、この質問も動物
 の権利の主張の正当性とは無関係なものだと考えてます。一方では私の
 様に、中絶の問題は、たしかに動物の権利と関係があると思っている人
 もいます。

  動物に(そして人間に)権利を認める根拠となるのは、つまるところ、
 苦しみを感じる能力や、生命の主体者となる能力であるわけです。発育
 した胎児の場合、中絶によって苦しみを感じる事は明らかである様に思
 えます。脈拍が早くなるなどの生理学的な反応や、機能している神経系
 統が存在することも、この見解を支持するものです。
  
  胎児とは生命の主体者となる途上にある者であり、中絶するという事
 は胎児に害をなす事に当たるのではないかという点でも議論の余地があ
 ります。それに対し生命の主体者となれる「潜在能力」だけでは、権利
 を与える根拠とならないのではないかと、反論する人もいます。

  しかし、これは哲学上、興味深くはありますが、非難を受ける論拠で
 す。たとえば、昏睡状態にあって、十分な時間があればその昏睡から回
 復できるであろう人がいたとします。つまり、感覚を取り戻せる潜在能
 力があるわけです。その人は昏睡状態にある間は権利も失ってしまうの
 でしょうか?


  ここにあげた議論は、中絶の問題が動物の権利と無関係ではない事を
 示すかもしれませんが、かと言って、中絶が必ずしも間違ったことだと
 言っているわけではありません。その理由は、胎児の権利というものが、
 女性の権利--女性が自分のことを自分で決定する権利とぶつかると議論
 することも可能だからです。

  この様な考え方に、全ての人が同意するわけではないでしょうが、こ
 の姿勢は動物の権利哲学とは矛盾しないし、偽善的でもありません。

  偽善ということに関する一般的な議論については質問#4を参照して
 下さい。

                DG

 参照: #4



...............



    -----------------------
    #24  Is the AR movement against abortion? If not, isn't that hypocritical?
    -----------------------

      Attempts are frequently made to tie Animal Rights exponents to one side
    or the other of the abortion debate. Such attempts are misguided. Claims
    that adherence to the ethics of AR determine one's position on embryo
    rights are plainly counter-intuitive, unless one is also prepared to argue
    that being a defender of human rights compels one to a particular position
    on abortion. Is it the case that one cannot consistently despise torture,
    serfdom, and other barbaric practices without coming to a particular
    conclusion on abortion?
      AR defenders demand that the rights currently held by humans be extended
    to all creatures similar in morally relevant ways. For example, since
    society does not accept that mature, sentient human moral patients (refer
    to question #17 for a brief description of the distinction between patients
    and agents) may be routinely annihilated in the name of science, it
    logically follows that comparable nonhuman animals should be given the same
    protection. On the other hand, abortion is still a moot point. It is
    plainly illogical to expect the AR movement to reflect anything other than
    the full spectrum of opinion found in society at large on the abortion issue.
      Fundamentally, AR philosophers are content with submitting sufficient
    conditions for the attribution of rights to individuals, conditions that
    explain the noncontroversial protections afforded today to humans. They
    neither encourage nor discourage attempts to widen the circle of protection
    to fetuses.
                                    AECW

      There is a range of views among AR supporters on the issue of abortion
    versus animal rights. Many people believe, as does AECW, that the issues
    of abortion and AR are unrelated, and that the question is irrelevant to the
    validity of AR. Others, such as myself, feel that abortion certainly is
    relevant to AR. After all, the granting of rights to animals (and humans)
    is based on their capacity to suffer and to be a subject-of-a-life. It
    seems clear that late-term fetuses can suffer from the abortion procedure.
    Certain physiological responses, such as elevated heart rates, and the
    existence of a functioning nervous system support this view.
      It also can be argued that the fetus is on a course to become a
    subject-of-a-life, and that by aborting the fetus we therefore harm it.
    Some counter this latter argument by claiming that the "potential" to
    become subject-of-a-life is an invalid grounds for assigning rights, but
    this is a fine philosophical point that is itself subject to attack. For
    example, suppose a person is in a coma that, given enough time, will
    dissipate--the person has the potential to be sentient again. Does the
    person lose his rights while in the coma?
      While the arguments adduced may show that abortion is not irrelevant
    to AR, they do not show that abortion is necessarily wrong. The reason
    is that it is possible to argue that the rights of the fetus are in
    conflict with the rights of the woman, and that the rights of the woman
    dominate. All may not agree with this trade-off, but it is a consistent,
    non-hypocritical stance that is not in conflict with AR philosophy.
      See question #4 for an analysis of hypocrisy arguments in general.
                                    DG

    SEE ALSO: #4




このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ