----------------------------------------------------------------
#26 たとえばホームレスの問題の様に世の中には動物の権利の問題より
    切迫した現実的な問題があります;あなた達にはもっと他にやるべ
    き事があるんじゃないですか?
----------------------------------------------------------------




     この質問の背景には人間以外の動物を助けることよりも人間を助ける
  事の方が大事だという前提が見え隠れしています。そもそもこうした態
  度が種差別に基づくものだとして退ける人もいるでしょう(この点につ
  いては#1を参照して下さい)

     しかし、生命の重要度という考え方を持ち出して、人間に対する行為
  や権利を無視した行為が動物に対するそれよりもより大きな苦痛と被害
  をもたらしていると言うことは可能かもしれません。この議論は一見し
  たところ、私達が自分達のエネルギーを動物の問題よりも人間の問題に
  使うべきだという意見を擁護するかのようにみえます。しかし、もしこ
  うした生命の重要度という考え方を認めるとしてもなお、私達が動物の
  権利の問題のために時間とエネルギーを費やすべきだという意見には十
  分な根拠があります。

     動物の権利運動がめざすものは人間にも大きな利益をもたらすもので
  す。たとえば動物性の食品や製品の生産と消費をやめることは人間の健
  康を増進させ環境の破壊を大幅に軽減します。

     動物に配慮する気持ちを育てることは人間に対して配慮する気持ちも
  育てる事につながるでしょう。トム・レーガンはこの点について以下の
  ように述べています。

  >....動物の権利運動は人権運動と対立するものではなく、むしろそ
   >の延長線上に位置している。動物の権利を合理的に根拠づける理論
   >は同時に人間の権利の根拠ともなる。従って動物の権利運動に関わ
   >る人達は、女性や少数民族や労働者などの人権のために闘う人達の
   >仲間だという事になる。動物の権利運動は人権運動と同じ道徳的基
   >盤から生まれたものである。



     最後に付け加えたいのは、動物の権利を擁護するために実行すべきこ
  ととは、ほとんどエネルギーを要しない性質のものだという点です。私
  達がお願いしているのは、肉を食べないことや動物を娯楽のために利用
  しないことや毛皮を着ないことなどで、すなわち何かをする事ではなく、
  何かをしない事なのです。

     何かをしないという事は私達が人間に配慮することを邪魔だてしたり
  はしません。場合によってはそうした不作為が私達が人間のために使え
  る時間を多くすることさえあります(たとえば狩猟のために使う時間や
  動物園やサーカスに行く時間を節約できます)

                 DG





     残虐な行為に加担しない生活をするのにさほど特別な事をする必要は
  ありません。それはむしろ生き方の問題だと言えます。私は買い物をす
  る時にそれが動物性の材料を使っていないか、動物実験がなされた商品
  ではないかという事をチェックします。こうした事をするために必要な
  時間は一日のうちのほんの数分です。私にはこの他に人間のため、ある
  いは動物のために使える時間がたっぷり残されています。

                  JLS







    私は人間の権利と同様に動物の権利も支持している。そしてそれこ
    そはすべての人類が進むべき道である。

      アブラハム・リンカーン(合衆国第16代大統領)




    私の心のうちでは小羊の命も人間の命に劣らぬ価値を持つのです。

          マハトマ・ガンジー(政治家、哲学者)



 
    私たちのつとめは私たち自身を解放することだ....すべての生き物
    と自然とその美しさに心を開くことによって。

     アルバート・アインシュタイン(物理学者、1921年ノーベル物理学賞)



 参照: #1#87#95
 



...............



    -----------------------
    #26  Surely there are more pressing practical problems than AR, such
        as homelessness; haven't you got better things to do?
    -----------------------

      Inherent in this question is an assumption that it is more important
    to help humans than to help nonhumans. Some would dismiss this as a
    speciesist position (see question #1). It is possible, however, to
    invoke the scale-of-life notion and argue that there is greater suffering
    and loss associated with cruelty and neglect of humans than with animals.
    This might appear to constitute a prima-facie case for expending one's
    energies for humans rather than nonhumans. However, even if we accept
    the scale-of-life notion, there are sound reasons for expending time
    and energy on the issue of rights for nonhuman animals.
      Many of the consequences of carrying out the AR agenda are highly
    beneficial to humans. For example, stopping the production and consumption
    of animal products would result in a significant improvement of the
    general health of the human population, and destruction of the environment
    would be greatly reduced.
      Fostering compassion for animals is likely to pay dividends in terms
    of a general increase of compassion in human affairs. Tom Regan puts it
    this way:

      ...the animal rights movement is a part of, not antagonistic to,
      the human rights movement. The theory that rationally grounds the
      rights of animals also grounds the rights of humans. Thus those
      involved in the animal rights movement are partners in the struggle
      to secure respect for human rights--the rights of women, for
      example, or minorities, or workers. The animal rights movement
      is cut from the same moral cloth as these.

      Finally, the behavior asked for by the AR agenda involves little
    expenditure of energy. We are asking people to NOT do things: don't
    eat meat, don't exploit animals for entertainment, don't wear furs.
    These negative actions don't interfere with our ability to care for
    humans. In some cases, they may actually make more time available for
    doing so (e.g., time spent hunting or visiting zoos and circuses).
                                    DG

      Living cruelty-free is not a full-time job; rather, it's a way of life.
    When I shop, I check ingredients and I consider if the product is tested
    on animals. These things only consume a few minutes of the day. There is
    ample time left for helping both humans and nonhumans.
                                    JLS

      I am in favor of animal rights as well as human rights. That is the
    way of a whole human being.
                                    Abraham Lincoln (16th U.S. President)

      To my mind, the life of a lamb is no less precious than that of a
    human being.
                                    Mahatma Gandhi (statesman and philosopher)

      Our task must be to free ourselves...by widening our circle of compassion
    to embrace all living creatures and the whole of nature and its beauty.
                                    Albert Einstein (physicist, Nobel 1921)

    SEE ALSO: #1, #87, #95





このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ