---------------------------------------------------------
#04 動物に権利を認めようだなんて偽善的じゃないんですか?
    なぜなら例えばあなた方は昆虫や植物の権利は認めようと
    しないですよね?
---------------------------------------------------------


      偽善に関する議論は色々な形で出てきます。典型的な形としては以
  下の様なものです。

    「牛には権利を認めて植物には権利を認めないのは偽善である;
     それゆえに牛の権利は認められない」

  この様な種類の議論はしばしば動物の権利に対する反論に使われます。
  ほんの少し分析してみればこの意見にほとんど説得力がないことが分
  かります。

   まず第一に、ある人がAという意見をBという意見とともに出して
  きたとします。もしBの意見が間違っていたならその人は偽善的と言
  えるかもしれません。しかしBの意見が間違っている事は必ずしもA
  の意見も間違っているという事を意味しません。AとBが両方正しい
  かどうかという事は確かに個人の信用にはかかわる問題でしょう。
  でもAの意見自体の妥当性には何の関係もありません。

    次に偽善という言葉自体があてはまるか疑わしいという点があり
  ます。上記の例で言えば牛と植物の間には両者を区別する根拠があり
  ます(植物は中枢神経を持っていません)従って偽善だという非難は
  正当なものではありません。そうした基準に賛同しない人もいるかも
  しれませんが基準が存在している事は偽善だという非難を無効なもの
  にします。(*1)


   更に偽善的だとの非難は大抵の場合、単なる種差別(スピーシシズム)
  が形を変えただけのものだと指摘することが出来ます。例えば上記の
  例はこの様に変えることができます。

    「人間には権利を認めて植物には権利を認めないのは偽善である;
     それゆえに人間の権利は認められない」

     動物の権利に反対する人達が、冒頭の論拠を議論倒れにしたくない
    というのであれば人間と牛の間に何か本質的意味のある違いを見つけ
    出して来る必要があるでしょう。別の言葉で言うと人間の権利は認め
    るが牛の権利は認めないという種差別的な格付けを正当化する必要が
    あります。
  (#24の中絶に関する偽善との非難に対し私達は同じ様な論法で答
      えています. 昆虫や植物の事にしぼった質問は#39から#46
      までをご覧下さい)


   最後に私達は誰が本当の偽善者かという事を自らに問いかけてみな
  ければなりません。下記のマイケル・W・フォックスの文章は搾取さ
  れる動物とペットとの扱いの違いがどんなに偽善的なものかについて
  述べています。

              DG


      家畜は60センチ四方のケージに5羽も詰め込められたり(*2)、
          60センチしかない鎖につなぎっぱなしにされたり、麻酔もなしに
    去勢されたり、熱い鉄で焼き印押されたりしている。
      ペットの飼い主がペットをこんな目に合わせたら罪を問われる事
    になるであろう(*3);実際、あるアメリカの大統領は単に彼の
    2匹のビーグル犬の耳を引っぱったとして道徳的に非難された事が
    ある。

      マイケル・W・フォックス(合衆国動物愛護協会 副会長)


 参照: #24#39#40#41#42#43#44#45#46


 訳注)
  *1.   この議論は分かりにくいかもしれないので私の考えですが
           少し補足します。 偽善とは同一の対象に対して、思って
           いることと実際に口に出すことが違ったり、こっちでやる
           こととあっちでやる事が違ったりすることだというとらえ
           かたもできます。「牛と植物」は同一の対象とは言えない
           ので、偽善の定義には、あてはまらないという事ではない
           でしょうか。
  
  *2.  これは鶏のことです。

  *3.  これはアメリカの話でしょう。日本にはザル法しかありま
           せん。








...............

    -----------------------
    #4   Isn't AR hypocritical, e.g., because you don't give rights to
        insects or plants?
    -----------------------

      The general hypocrisy argument appears in many forms. A typical form
    is as follows:

        "It is hypocritical to assert rights for a cow but not for a plant;
        therefore, cows cannot have rights."

      Arguments of this type are frequently used against AR. Not much
    analysis is required to see that they carry little weight. First, one
    can assert an hypothesis A that would carry as a corollary hypothesis
    B. If one then fails to assert B, one is hypocritical, but this does
    not necessarily make A false. Certainly, to assert A and not B would
    call into question one's credibility, but it entails nothing about the
    validity of A.
      Second, the factual assertion of hypocrisy is often unwarranted. In
    the above example, there are grounds for distinguishing between cows
    and plants (plants do not have a central nervous system), so the charge
    of hypocrisy is unjustified. One may disagree with the criteria, but
    assertion of such criteria nullifies the charge of hypocrisy.
      Finally, the charge of hypocrisy can be reduced in most cases to
    simple speciesism. For example, the quote above can be recast as:

        "It is hypocritical to assert rights for a human but not for a plant;
        therefore, humans cannot have rights."

      To escape from this reductio ad absurdum of the first quote, one
    must produce a crucial relevant difference between cows and humans,
    in other words, one must justify the speciesist assignment of rights
    to humans but not to cows. (In question #24, we apply a similar reduction
    to the charge of hypocrisy related to abortion. For questions dealing
    specifically with insects and plants, refer to questions #39 through #46.)
      Finally, we must ask ourselves who the real hypocrites are. The following
    quotation from Michael W. Fox describes the grossly hypocritical treatment
    of exploited versus companion animals.
                                    DG

      Farm animals can be kept five to a cage two feet square, tied up
    constantly by a two-foot-long tether, castrated without anesthesia, or
    branded with a hot iron. A pet owner would be no less than prosecuted for
    treating a companion animal in such a manner; an American president was, in
    fact, morally censured merely for pulling the ears of his two beagles.
                                    Michael W. Fox (Vice President of HSUS)

    SEE ALSO: #24, #39-#46


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ