----------------------------------------------------------------
#42 あなた方も植物を殺して食べているくせにこういう主張をするのは
    偽善じゃないですか?
----------------------------------------------------------------


     もしも動物の権利を擁護する根拠となる基準や道徳的に意味がある属
  性が植物にも当てはまるならそれは偽善だと言えます。動物の権利運動
  が主張している基準は「痛みと苦しみ」であり「生の主体者か?」とい
  うものです。植物がこの基準を満たすかどうか検討すると以下の様な結
  論が導かれます。

     まず第一に最先端の科学においては現在に至るまで、植物には中枢神
  経系やそれに類するものはないし、その他、痛みを関知するという複雑
  な能力を持ついかなるシステムも備わっていないとされています。

     第二に植物には進化していく上で痛みを関知するようになる必要が単
  になかったという事です。動物は自分で動くことができるので痛みを感
  じる能力を持つ事にはメリットがあります。植物にはそのメリットがあ
  りません。自然というものは個体が生き延びるためにメリットがあると
  いうのでなければ痛みを感じるという様な複雑な能力を意味もなく創っ
  たりはしません。

  最初の点に関しては質問#43と#44でさらに詳しく論じています。
 偽善に関する一般的な議論は質問#4でしています。

             TA

 参照: #4#39#40#41#43#44
 



...............



    -----------------------
    #42  Isn't it hypocritical to kill and eat plants?
    -----------------------

      It would be hypocritical IF the same criteria or morally relevant
    attributes that are used to justify animal rights also applied to
    plants. The criteria cited by the AR movement are "pain and suffering"
    and being "subjects-of-a-life". An assessment of how plants measure up
    to these criteria leads to the following conclusions.
      First, our best science to date shows that plants lack any semblance
    of a central nervous system or any other system design for such complex
    capacities as that of conscious suffering from felt pain.
      Second, plants simply have no evolutionary need to feel pain. Animals
    being mobile would benefit from the ability to sense pain; plants would
    not. Nature does not gratuitously create such complex capacities as that
    of feeling pain unless there is some benefit for the organism's
    survival.
      The first point is dealt with in more detail in questions #43 and #44.
    The general hypocrisy argument is discussed in question #4.
                                    TA

    SEE ALSO: #4, #39-#44




このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ