-----------------------------------------------------------
#43 でも、どうやって植物は痛みを感じないと証明するのですか?
-----------------------------------------------------------



  この後に展開する議論の本質を見失わないようにするために、動物の
 権利の考え方の中心となる命題を確認しておきましょう。それは簡単に
 言うと次の様になります:

 「人間以外の動物が人間の道徳の規準となるべき特性を人間と同じ様に
  持っているなら、その動物に対しても、その特性を持っている度合に
  従って、正当な扱いや配慮をすべきである」

  以下の二つは、ほぼ間違いなく、そうした道徳の問題にかかわる特性
 と言えます。

 a) 痛みや苦しみを感じる能力
 b)「人生の主体者」たる能力、つまり、生活の状態を気にかけられる能力

  このいずれの特性についても、その前提には、精神活動の存在があり
 ます。この「精神活動」というものを、もっと一般的な言い方に従って
 言えば、それは「意識」の存在であると言えます。あるものが、なんら
 かの目的や意図を持っている様にみえると言うだけでは、精神活動の存
 在を認めるのには不十分です。この後の例でも示す様に、命を持たない
 物体でも、目的を持って動いている様にみえる場合が数多くあるからで
 す。

  それならば一体どうすれば、人間以外の動物に対し(あるいは私たち
 自身についてさえも)精神活動が存在していると正しく、判定できるの
 でしょうか。外界からの好ましからぬ刺激に対し、対処したり回避した
 りするというだけでは、痛みを感じる能力があると推論することはでき
 ません。

  サーモスタットは明らかに外界の温度の変化に反応し、「好ましい」
 状態に戻すために正しく動作します。だからと言って、サーモスタット
 が温度の変化によって"苦痛"を"関知"したり、"感受"したりできると見
 なすのは馬鹿げたことです。言葉のまわりを引用符でかざりたててみた
 ところで、やはり、これが馬鹿馬鹿しい考えであることにかわりありま
 せん。
  たとえ刺激に対する回避や防御として機能する動きであろうとも、動
 きというもの自体は、苦痛を認識する精神活動が存在することを示す、
 十分条件でもなければ、必要条件ですらないことは明らかです。


  生物科学をふくむ、科学というものは、科学的唯物主義、あるいは物
 質主義をその前提としてきました。(E.A.バートの"The Metaphysical
  Foundations of Modern Science"<近代科学の形而上学的土台>1924
 参照)したがって、私たちも「物質こそが宇宙の中に唯一存在するもの
 であり、根源的な構成要素である」という、一般的に受け入れられてい
 る科学的前提から出発しなければなりません。

  まず始めに、こうした科学的唯物主義が、心や、意識や、感情(さら
 に言えば自由意志も)といったものの存在や働きを否定しているわけで
 はなく、そうしたものの存在も、物質的組織の上に成り立っているとみ
 なしているだけだという事を確認しておきましょう。もしも、ハードウ
 エアがなければ、その上で走るソフトウエアも存在しているとは言えま
 せん。正常に生きている脳が存在しなければ精神も存在しないのです。
 つけくわえるならば、現代における精神と物質の二元論においても精神
 活動の具現化には、十分に組織化された物質の存在が前提となるとされ
 ています。

  要点を簡単に述べますと、意識や精神などといった認識能力というも
 のは、十分に組織された物質が持つ特性の現れだということになります。
 呼吸というものが呼吸をつかさどる器官が作っている複雑なシステムが
 持つ機能であるのと同様に、意識というものも、中枢神経系による非常
 に複雑な情報処理システムの持つ機能なのです。

  理論上は、必要なだけの複雑さを持ちつつ、きちんと組織されたハー
 ドウエアと優れたソフトウエアがあれば、未来のコンピュータには、精
 神活動の存在を示す条件と同じものを提示してみせることが可能となる
 かもしれません。しかし、現在はまだその様なコンピュータは存在して
 いないので、この地球上のある種の生き物だけが、精神活動をもたらす
 のに必要なだけ分化し、高度に構成された複雑な組織をもっているのだ
 ということを私たちは知っています。
 
  理屈の上では、植物にも痛みを感じるなどといった精神活動があって
 もいいかもしれません。しかし、それは植物に、意識や痛みなどの精神
 活動を支える複雑な組織があった場合に、その場合だけに、限られます。

  そうした複雑な組織が植物に存在しているという形態学上の証拠はあ
 りません。植物には精神活動の前提となるべく分化した組織がないので
 す。これは、植物が複雑な反応をすることができないと言っているわけ
 ではありません。植物の反応を「痛みを感じている」とみなすのは過大
 評価に過ぎないのだと言っているのです。

  すべての哺乳類や、鳥類や、は虫類に関しては、痛みを感じるのに必
 要な複雑な神経組織を持っていることに加え、進化の過程において痛み
 を感じられる様になることが必要だったということも、私たちは知って
 います。こうした動物には複雑で分化した感覚器官があります。あるい
 は、情報を処理するための、そして心の状態や、個体としての統合や、
 再編成した情報に従って、適切な行動を一元的に管理するための、複雑
 で分化した組織があります。

  こうした動物が痛みを感じていることは十分に説明できます。植物に
 ついて同じことを言うのは、どんなに想像をたくましくしても無理です。

               TA




  植物が痛みを感じると主張する人達の不合理さ(そしは往々にして不
 誠実さでもありますが)は、そうした人達に以下の二つの質問をしてみ
 れば、簡単に明らかにすることができます。

  1)あなたは、犬やネコなどの動物に手術をする前に麻酔をするべき
    だと思いますか?

  2)あなたは木の枝をかりこむ前に木に麻酔をするべきだと思います
    か?

               DG

 参照: #42#44




...............


    -----------------------
    #43  But how can you prove that plants don't feel pain?
    -----------------------

      Lest we forget the ultimate point of what follows, let us not forget the
    central thesis of AR. Simply stated: to the extent other animals share
    with us certain morally relevant attributes, then to that extent we confer
    upon them due regard and concern. The two attributes that are arguably
    relevant are: a) our capacity for pain and suffering, and b) the capacity
    for being the "subject-of-a-life", i.e., being such that it matters to one
    whether one's life fares well or ill.
      Both of these qualities require the existence of mental states. Also
    note that in order to speak of "mental states" proper, we would denote, as
    common usage would dictate, that such states are marked by consciousness.
    It is insufficient to mark off mental states by only the apparent presence
    of purposefulness or intentionality since, as we shall see below, many
    material objects possess purposeful-looking behaviors.
      So then, how do we properly attribute the existence of mental states to
    other animals, or even to ourselves for that matter? We cannot infer the
    presence of felt pain simply by the presence of a class of behaviors that
    are functional for an organism's amelioration or avoidance of noxious
    stimuli. Thermostats obviously react to thermal changes in the environment
    and respond in a functionally appropriate manner to restore an initial
    "preferred" state. We would be foolish, however, to attribute to
    thermostats a capability to "sense" or "feel" some kind of thermal "pain".
    Even placing quotes around our terms doesn't protect us from absurdity.
      Clearly, the behavioral criterion of even functional avoidance/defense
    reactions is simply not sufficient nor even necessary for the proper
    attribution of pain as a felt mental state.
      Science, including the biological sciences, are committed to the working
    assumption of scientific materialism or physicalism (see "The Metaphysical
    Foundations of Modern Science", E. A. Burtt, 1924). We must then start
    with the generally accepted scientific assumption that matter is the only
    existent or real primordial constituent of the universe.
      Let it be said at the outset that scientific materialism as such does
    not preclude the existence of emergent or functional qualities like that
    of mind, consciousness, and feeling (or even, dare I say it, free will),
    but all such qualities are dependent upon the existence of organized
    matter. If there is no hardware, there is nothing for the software to run
    on. If there is no intact, living brain, there is no mind. It should also
    be said that even contemporary versions of dualism or mind-stuff theories
    will also make embodiment of mental states dependent on the presence of
    sufficiently organized matter.
      To briefly state the case, cognitive functions like consciousness and
    mind are seen as emergent properties of sufficiently organized matter.
    Just as breathing is a function of a complex system of organs referred to
    as the respiratory system, so too is consciousness a function of the
    immensely complex information-processing capabilities of a central nervous
    system. It is possible, in theory, that future computers, given a
    sufficiently complex and orderly organization of hardware and clever
    software, could exhibit the requisite emergent qualities. While such
    computers do not exist, we DO know that certain living organisms on this
    planet possess the requisite complexity of specialized and highly
    organized structure for the emergence of mental states.
      In theory, plants could possess a mental state like pain, but if, and
    only if, there were a requisite complexity of organized plant tissue that
    could serve to instantiate the higher order mental states of consciousness
    and felt pain.
      There is no morphological evidence that such a complexity of tissue
    exists in plants. Plants lack the specialized structures required for
    emergence of mental states. This is not to say that they cannot exhibit
    complex reactions, but we are simply over-interpreting such reactions if
    we designate them as "felt pain".
      With respect to all mammals, birds, and reptiles, we know that they
    possess a sufficiently complex neural structure to enable felt pain plus
    an evolutionary need for such consciously felt states. They possess
    complex and specialized sense organs, they possess complex and specialized
    structures for processing information and for centrally orchestrating
    appropriate behaviors in accordance with mental representations,
    integrations, and reorganizations of that information. The proper
    attribution of felt pain in these animals is well justified. It is not for
    plants, by any stretch of the imagination.
                                    TA

      The absurdity (and often disingenuity) of the plant-pain promoters can be
    easily exposed by asking them the following two questions:

        1) Do you agree that animals like dogs and cats should receive
           pain-killing drugs prior to surgery?
        2) Do you believe that plants should receive pain-killing drugs
           prior to pruning?
                                    DG

    SEE ALSO: #42, #44


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ