----------------------------------------------------------------
#44 植物は叫んだりもすると言っている研究があるんじゃないですか?
----------------------------------------------------------------


  発声器官を持たない生き物がどうやって叫ぶというのでしょうか? 
 おそらく、この質問者は、植物もなんらかの方法で気持ちや感情を表現
 しているのではないかと言いたいのでしょうが。

       こうした説はトンプキンスとバードの1972年の著作、 
  "The Secret Life of Plants"で有名になりました。この本で紹介して
   いる「実験」によると植物は傷に対して、さらには近くにいる人間の思
 考や感情に対してまで反応したとされています。そうした反応は植物の
 葉の導電率の変化にあらわれるそうです。

  ところが、実際にはこうした実験を再現しようとする試みはすべて、
 みじめな失敗に終わっています。最も信頼のおける情報としては、
  Science, 1975, 189:478 や The Skeptical Inquirer, 1978, 2(2):57  
   を参照して下さい。


  しかし、植物が昆虫の攻撃に対して反応する場合があるのは、どうい
 うことなのでしょうか? これは植物が痛みを「感じる」ことを示して
 いるのでしょうか?

  これまで出版された科学的な本や雑誌の記事において「植物が痛みを
 感じる」と実際にのべているものはありません。植物が局所的な損傷に
 反応したり、あるいは近くの植物に対し、合図となる分子を放射して、
 化学的な防御をうながすといったことまでするといったことを示唆する、
 興味深いデータはありますが。

  そうだとしても、これが植物も痛みを感じたり、苦しんだりするとい
 う主張とどう関わりがあるのでしょうか? それを示す実験を再現した
 例や、その主張が十分に検討された上で引用された例があるというので
 しょうか? そんなものはありません。



  議論をはっきりさせるために、植物が痛みを感じると言う人達の主張
 が、どういう論理に基づいているのかを、考えてみましょう:


  前提1: 植物は「感覚的」刺激に対して反応する

  前提2: 辞書の定義にある様に、感覚的刺激に対して反応するもの
       は感覚を持っている

  結論1: 植物には感覚がある

  前提3: 感覚のある存在は感覚的刺激を感じる

  結論2: 植物は感覚的刺激を感じる

  前提4: 有害な刺激を感じることは不快なことである

  結論3: 植物にとって有害な刺激は不快なものである、すなわち、
       植物は痛みを感じる


  ここには、論理上の大きなごまかしがあります。「感覚がある」とい
 う言葉の意味が、前提2(「感覚的刺激に反応する」)と前提3(「感
 覚的刺激を感じる」)の間で変わっています。このように「感覚がある」
 という言葉の使い方をごまかすことによって、偽りの結論3をねつ造し
 ているのです。「苦痛」という言葉に対してもその意味のごまかしがあ
 ります(「不快」という言葉の意味の一般的な理解のされ方に対して)

               TA
 



  もし「植物も苦痛を感じる」という(誤った)考えを仮に受け入れる
 としても、私たちは簡単に反論できます:畜産をやめることによって、
 植物に与えられる苦痛の総量は減らすことができると。結果としては皮
   肉な事に、植物が苦痛を感じると主張する人たちは動物の権利の立場を
 支持する事となるわけです。この議論の詳細については、質問#46に
 あります。

               DG
 
 参照: #42#43#46



...............


    -----------------------
    #44  Aren't there studies that show that plants can scream, etc.?
    -----------------------

      How can something without vocal apparatus scream? Perhaps the questioner
    intends to suggest that plants somehow express feelings or emotions. This
    notion is popularized in the book "The Secret Life of Plants", by Tompkins
    and Bird, 1972. The book describes "experiments" in which plants are
    claimed to respond to injury and even to the thoughts and emotions of
    nearby humans. The responses consist of changes in the electrical
    conductivity of their leaves. The truth is, however, that nothing but a
    dismal failure has resulted from attempts to replicate these experiments.
    For some definitive reviews, see Science, 1975, 189:478 and The Skeptical
    Inquirer, 1978, 2(2):57.
      But what about plant responses to insect invasion? Does this suggest
    that plants "feel" pain? No published book or paper in a scientific
    journal has been cited as indeed making this claim that "plants feel
    pain". There is interesting data suggesting that plants react to local
    tissue damage and even emit signaling molecules serving to stimulate
    chemical defenses of nearby plants. But how is this relevant to the claim
    that plants feel and suffer from pain? Where are the replicated
    experiments and peer-reviewed citations for this putative fact? There are
    none.
      Let us, for the sake of argument, consider the form of logic employed by
    the plant-pain promoters:

        premise 1:    Plants are responsive to "sense" impressions.
        premise 2:    As defined in the dictionary, anything
                      responsive to sense impressions is sentient.
        conclusion 1: Plants are sentient.
        premise 3:    Sentient beings are conscious of sense impressions.
        conclusion 2: Plants are conscious of sense impressions.
        premise 4:    To be conscious of a noxious stimuli is unpleasant.
        conclusion 3: Noxious stimuli to plants are unpleasant, i.e., painful.

      There is a major logical sleight-of-hand here. The meaning of the term
    "sentient" changes between premise 2 ("responsive to sense impressions")
    and premise 3 ("conscious of sense impressions"). Thus, equivocation on
    the usage of "sentient" is used to bootleg the false conclusion 3. There
    is also an equivocation on the meaning of "painful" ("unpleasant" versus
    the commonly understood meaning).
                                    TA

      If we can bring ourselves to momentarily assume (falsely) that plants
    feel pain, then we can easily argue that by eliminating animal farming,
    we reduce the total pain inflicted on plants, leading to the ironic
    conclusion that plant pain supports the AR position. This is discussed
    in more detail in question #46.
                                    DG

    SEE ALSO: #42-#43, #46


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ