-------------------------------------------------
#53 動物自身にはもっとましな生き方がある事なんて
       分からないんじゃないですか?
-------------------------------------------------


   もし誰かがある人種全体を奴隷として使っていたとしたら、そして
   それを「どうせあいつらはああして生きるよりましな生き方なんか知
   らないんだから」と言って正当化していたとしたら、あなたはそれを
   認めますか? 問題なのはもっとましな生き方は確かに存在するのに
   動物達はそれを奪われていると言う点です。
        
                DG



   もっとましな暮らしを知らないという事が動物の受けている苦しみ
    を軽減するわけではありません。動物達が持っている基本的な欲求は
    普遍的なもので、そうした欲求が満たされないという事は動物の受け
   る苦しみの中の大きな部分を占めています。

    こうした例は枚挙にいとまがありません:

   ◆一生、自分の子供を育てることが許されない乳牛

   ◆一生、歩きまわったり思う存分羽を広げたりする事ができないケージ飼いの鶏

   ◆一生、自分の巣を作る事も森の地面を鼻でかぎまわる事もできない豚
 
         等々です。

    そして最後に私達はすべての動物にとって最も基本的な欲求を奪い
    ます:生きる事です。

            デビッド・カウレス・ハマー






...............


    -----------------------
    #53  But isn't it true that the animals have never known anything better?
    -----------------------

      If someone bred a race of humans for slavery, would you accept their
    excuse that the slaves have never known anything better? The point is that
    there IS something better, and they are being deprived of it.
                                    DG

      Not having known anything better does not alleviate the suffering of the
    animal. Its fundamental desires remain and it is the frustration of those
    desires that is a great part of its suffering. There are so many examples:
    the dairy cow who is never allowed to raise her young, the battery hen who
    can never walk or stretch her wings, the sow who can never build a nest or
    root for food in the forest litter, etc. Eventually we frustrate the animal's
    most fundamental desire of all--to live.
                                    David Cowles-Hamar



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ