----------------------------------------------
#56 はちみつには何か問題があるのでしょうか?
----------------------------------------------




  はちみつを集める過程において、ミツバチが殺されることは珍しくあ
  りません。最悪の場合、養蜂家が冬の間の世話を嫌がる結果、巣箱ごと
 すべてのミツバチが殺されることもあります。

  すべての養蜂家が、そんな事をするわけではありませんが、一般的に、
 こうした生き物は、それぞれの固有の価値を持つ存在ではなく、単に営
 利をしぼりとるための道具にすぎないという考え方にのっとり、飼育さ
 れています。

  新しい女王バチを生み出すための、オスのハチの死が前提となる人工
 授精の方法も、現在ではごく一般的に行われています。そのやり方とは、
 ハチの首をちょんぎって、精子を集めるというものです(ハチの首を切
 断すると性的興奮を起こす電気的刺激が神経系に送られるのです)その
 後、首を失ったハチの下半身はしぼられ、精液を射出させられます。こ
 うして出された精液が注射器に集められるのです。

               MT

 参照: #22#39#40#41




...............



    -----------------------
    #56  Anything wrong with honey?
    -----------------------

      Bees are often killed in the production of honey, in the worst case the
    whole hive may be destroyed if the keeper doesn't wish to protect them over
    the winter. Not all beekeepers do this, but the general practice is one that
    embodies the attitude that living things are mere material and have no
    intrinsic value of their own other than what commercial value we can wrench
    from them. Artificial insemination involving death of the male is now also
    the norm for generation of new queen bees. The favored method of obtaining
    bee sperm is by pulling off the insect's head (decapitation sends an
    electrical impulse to the nervous system which causes sexual arousal). The
    lower half of the headless bee is then squeezed to make it ejaculate. The
    resulting liquid is collected in a hypodermic syringe.
                                    MT

    SEE ALSO: #22, #39-#41



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ