------------------------------------------------------------
#61 罠猟は確かに非人道的ですが、毛皮にする動物を養殖するのは
    どうなんですか?
------------------------------------------------------------


    人間の虚栄心のために動物の命を犠牲にしているという事実は言うま
 でもありませんが、これ以外にも毛皮のために動物を養殖することには
  様々な問題があります。

  毛皮のために養殖されている動物たちは苦しんではいない、というの
  は全くの誤解です。これらの動物たちは、最も基本的な要求さえ満たさ
  れることのないままフラストレーションに満ちた悲惨な一生を送らされ
  るのです。動物たちは、不潔な小さな金網の檻にぎゅうぎゅう詰めにさ
  れて閉じ込められた上、栄養不足や、伝染病や、ひどいストレスに苦し
  められています。

  養殖場において動物たちは自然な本能も剥奪されています。

  ビーバーは、野生では水の中で暮らしますが、養殖場ではコンクリー
  トの床の上で暮らすことを余儀なくさせられています。

  ミンクもビーバーと同様、自然界ではほとんど水中で過ごし、唾液や
  呼吸をコントロールし、体温を安定させています。
    ミンクは本来は群を作らない動物です。にも関わらず養殖場では密集
  して暮らすことを強いられています。そのストレスから彼らはしばしば
  自分の毛皮や尾を噛むなどの自虐的な行動をとります。共食いもまれで
  はありません。

  養殖場で用いられている飼育方法は、動物たちの利益や幸福を無視し、
  毛皮業者の利潤のみを重視したものです。これらの動物たちの苦悩は死
  ぬまで続くのですが、死さえも苦痛なしには訪れません。毛皮の質を保
  つために、動物たちは恐ろしく残忍で野蛮な方法で殺されるのです。
  
  動物たちを入れた箱に排気ガスを送り込む、という方法がその一つで
  すが、排気ガスだけで死に至るとは限りません。そのため動物たちが生
  きたまま皮を剥がれ苦しみ悶えながら死んでいくこともあります。

  肛門に電気を流すのも、よく使われる方法の一つです。特に大きめの
  動物たちには、この殺し方がよく用いられています。養殖業者は動物の
  舌をクランプではさみ、金属の棒を動物の肛門に差し込んで動物を感電
  死させるのです。減圧室での窒息死、首をへし折る、毒殺などの手段が
  とられる事もあります。

  動物を養殖するのに特定の目的があるという事は、動物たちに一生続
  く痛みや苦しみを押し付けることへの言い訳にも正当化の理由にもなり
  ません。                         <M>
                              JLS




   ファッションのために残虐行為を犯す必要などありません。
           
            ルー・マクラナハン(女優)




   私達が利潤のみを追求する工業的畜産の論理に組みし、良識をかな
      ぐり捨ててしまうのならそれは同時に我々人類に対する残虐な行為
      への道を開くことにもなる。

           ジョナサン・コーゾル(作家)

 参照: #12#14#48#49



...............


    -----------------------
    #61  I can accept that trapping is inhumane, but what about fur ranches?
    -----------------------

      Leaving aside the raw fact that the animals must sacrifice their
    lives for human vanity, we are left with many objections to fur ranching.
      A common misconception about fur "ranches" is that the animals do not
    suffer. This is entirely untrue. These animals suffer a life of misery
    and frustration, deprived of their most basic needs. They are kept in
    wire-mesh cages that are tiny, overcrowded, and filthy. Here they are
    malnourished, suffer contagious diseases, and endure severe stress.
      On these farms, the animals are forced to forfeit their natural
    instincts. Beavers, who live in water in the wild, must exist on cement
    floors. Minks in the wild, too, spend much of their time in water,
    which keeps their salivation, respiration, and body temperature
    stable.  They are also, by nature, solitary animals. However, on these
    farms, they are forced to live in close contact with other animals.
    This often leads to self-destructive behavior, such as pelt and tail
    biting. They often resort to cannibalism.
      The methods used on these farms reflect not the interests and welfare
    of the animals but the furriers' primary interest--profit.  The end of
    the suffering of these animals comes only with death, which, in order
    to preserve the quality of the fur, is inflicted with extreme cruelty
    and brutality. Engine exhaust is often pumped into a box of animals.
    This exhaust is not always lethal, and the animals sometimes writhe in
    pain as they are skinned alive. Another common execution practice,
    often used on larger animals, is anal electrocution. The farmers attach
    clamps to an animal's lips and insert metal rods into its anus. The
    animal is then electrocuted.  Decompression chambers, neck snapping,
    and poison are also used.
      The raising of animals by humans to serve a specific purpose cannot
    discount or excuse the lifetime of pain and suffering that these
    animals endure.
                                    JLS

      Cruelty is one fashion statement we can all do without.
                                    Rue McClanahan (actress)

      The recklessness with which we sacrifice our sense of decency to
    maximize profit in the factory farming process sets a pattern for cruelty
    to our own kind.
                                    Jonathan Kozol (author)

    SEE ALSO: #12, #14, #48-#49



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ