-----------------------------------------------------------------
#65 狩猟は放っておいたら増えすぎてしまう野生動物の数をコントロール
    するのに役に立っているのではないでしょうか?
-----------------------------------------------------------------



  ハンターたちはよく狩猟は獲物となる動物の利益にもなっていると主
  張します。動物たちが餓死しないように、狩猟によって動物の数を統制
  しているのだというのも同じ主旨の言い分です。(「頭に銃弾を一発ぶ
  ち込んで即死させるほうが、ゆっくり餓死するよりマシだ」)

  狩猟の現場で実際に何が起きているのかを明らかにするために、狩猟
 と「野生動物の管理」に関する事実と疑問点を検証してみます。

  鹿などの猟獣(獲物となる動物)は、周期的なエサ不足に適応する術
 を生理的に備えています。最も飢餓の犠牲となりやすいのは小鹿です。
 成獣の中では年老いた鹿や病気の鹿も餓死の危機に近いところにいます。
 しかし、ハンターたちは餓死する危険度が高いこれらの個体だけをを選
 んで殺すわけではありません。それどころか(肉をたくさん取るため、
 または毛皮や角や頭などを戦利品として飾るために)最も強靱で美しい
 個体を殺そうとします。ですから、ハンターたちは動物たちを守るため
 と主張しながら自然淘汰の法則に逆らうことをしているわけです。

  ハンターたちが狩猟の対象にしているのは肉や毛皮、角などに価値が
 ある動物たちだけです。彼らがもし動物が餓死することを本気で心配し
 ているなら、なぜスカンクや野ネズミに対しては彼らの「サービス」を
 提供しないのでしょうか? また、狩猟の目的が餓死から動物を守るこ
 とだというのなら、なぜ狩猟をする時期を飢餓が起きる時期のみに限定
 しないでしょうか?(鹿が餓死する季節である晩冬や初春にハンターた
 ちが鹿狩りをしないのは、その時期の鹿の肉には脂肪が少ないため鹿肉
 の消費者たちにとってほとんど魅力がないからです。また、ハンターた
 ちも雪や泥や虫が多いそうした時期には狩猟をしたくないと思っている
 からです)

  「猟獣の管理」と呼ばれている方策の実態は、猟獣を狙う捕食動物を
 除去したり、猟獣となる動物たちの新しい生息地や食料源を人為的に作
 ろうとすることです。捕食動物が獲物をとることによって、獲物となる
 動物たちの数が自然に、そして生態系をくずさないやり方でコントロー
 ルされているというのに、なぜ捕食動物を除去する必要があるのでしょ
 うか?狩猟の目的が動物が餓死しないようにするために動物の数を減ら
 すことであるのなら、なぜ野山を焼いたり、皆伐したり、枯れ葉剤を使
 ったり、土地を水に沈めたり、ブルドーザーを使ったりまでして獲物と
 なる動物たちの数を増やそうとするのでしょうか?
  猟獣の管理をする当局に関心があるのは獲物となる動物の数を可能な
 限り多くすることと、その数を(ハンターたちが動物を殺しても)維持
 し続けることだけだからだというのがその真相です。

  野生動物管理局の人間もハンターも、雄の方を殺したがります。猟獣
 の数を減らしたくないからです。猟獣の数が増えすぎることを本気で心
 配しているのなら雌の方を殺すべきでしょう。
                                      
  野生動物の管理は動物の数を減らして餓死を防ぐのを目的としている
 という主張と矛盾する更なる点は管理局自らが獲物となる動物を仕込ん
 でいるという事実です。たとえば、ニューヨーク州の環境保護局は養殖
 されたキジを入手し、それをハンターたちがよく来る場所に放っていま
 す。

  狩猟によりその場で殺される動物の数と、重傷を負わされたものの即
 死はせずゆっくり死んでいく動物の数の比は、1対2です。こうした統
 計からも、狩猟が動物の苦痛を減らすのに役立っているという大義名分
 が偽りに満ちたものであることは明らかです。

  ハンターたちが獲物としている動物たちは、猟獣にしてもその捕食者
 にしても、何百万年もの間、生態系のバランスを保って生存してきまし
 た。それがなぜか今になって野生動物管理局もハンターたちもそうした
 動物たちを「管理」する必要があるなどと言い出しているわけです。野
 生生物管理の正当な責務とは、本来そこに生息している野生生物の保護
 とその生物を含む生態系を保護することであるはずです。

  動物の犠牲に加え、毎年何百人もの人間が狩猟による事故の犠牲とな
 っています。

  最後に、倫理的な観点から一言つけ加えておきます。
  毎日おびただしい数の人間が餓死していますが、もし誰かが餓死の危
 機にさらされていたら、その人をさっさと始末した方が良いなどと考え
 るでしょうか?
  もちろん、そんなことは考えません。動物の権利を支持する倫理観は、
 鹿に対してもそれと同様の配慮がなされるべきだとするものです。

                DG
                                  



  管理のもとで行われる間引きの一手段として行われる場合以外には狩
 猟が動物の数をコントロールする方法として役立つことはまずありませ
 ん。狩猟の犠牲になる動物たちは、その種として望ましい数や分布を実
 現する方向性とは全く関係なく、ハンターたちの好みによって決められ
 ます。

  実際、狩猟には「娯楽」のためにせよにせよ金儲けのためにせよ、動
 物の数が過剰になるのを防ぐどころか、数々の動物を絶滅の危機に陥れ
 たり、実際に絶滅させてきた歴史があります。バッファロー(*1)やリョ
 コウバト(*2)がその良い例です。

  近年になって「野生動物の管理」という考え方が生まれ、ハンターた
 ちの獲物を確保するために特定種の動物たちの数を人為的に増やすとい
 う方法がとられるようになりました。

  動物の数を規制する必要が生じるのは、人間がある土地にもともとは
 そこにいなかった動物を持ち込みその動物が有害動物となってしまった
 場合、またはその土地原産の動物が食料や土地などの資源ををめぐって
 家畜などと競合する場合(たとえばカンガルーは羊や牛と競合します)
 のいずれかです。

  こうした問題の原因はたいてい人間が作り出したものです。その問題
 を狩猟という道徳的に納得のいかない方法で「解決」しようとするより
 は、資源の利用法と需要を検討し自然環境との関わり方にもっと責任を
 もつ方が、より適切な対処法と言えるでしょう。<M>
              
                            JK


                         


  ....アメリカ国民は、鳥獣保護地区の動物を組織的に虐殺する
  捕食動物規制計画の経費を払っているのです。  アライグマや
  アカギツネ、リス、スカンク、その他数多くの様々な動物たち
  が卵を食べる捕食動物という理由で「野生動物の管理」という
  名目のもと、罠に掛けられ殺されています。海カモメは撃ち殺
  され、子ギツネは毒殺され、コヨーテは、低空飛行するヘリコ
  プターに乗ったハンターに空から狙撃されて殺されています。
  アメリカの野生生物を保護するための連邦政府の土地において
  こうした大規模な殺戮が行われているのです! 
       
          合衆国動物愛護協会




  狩猟の獲物となる動物の数を常に保つことを至上命題としてい
  ることは、動物に対する「人道的な措置」という言葉が詭弁で
  あることを露呈しています。もし本当に殺す動物の数を減らす
  どころか増やすことを「人道的な措置」と信じて実行できるの
  だとすれば、それはかなりひねくれて歪んだ考え方です。この
  ような考え方をする「人道的な友だち」が存在してくれるわけ
  ですから、野生動物の敵など出る幕がないということですね。

     トム・リーガン(哲学者、動物の権利運動家)




  環境問題の真の解決策は、母なる自然を守らなければならない
  ということを悟ることだ....この件に関し、我々は恐ろしい敵
  敵に直面している。その敵とはハンターたちだ....彼らに銃を
  壁にかけたままにしておくようにと納得させることは非常に難
  しいだろう。
 
      ジャック・クストー(海洋学者)

 参照: #66
  

   訳注)*1. バッファロー(buffalo)
         アメリカ・バイソンとも言う。長毛におおわれた
         大型の野生牛。アメリカの平原に無数に生息して
         いたが乱獲のために20世紀初頭には絶滅の危機に
         追いやられた。現在は保護区にのみ生存。

      *2. リョコウバト(passenger pigeon)
         ドバトよりやや小さく尾は長い。北米で空が暗く
         なるほどの大群で移動していたが1914年までに乱
         獲で絶滅。


...............



    -----------------------
    #65  Doesn't hunting control wildlife populations that would otherwise get
        out of hand?
    -----------------------

      Hunters often assert that their practices benefit their victims. A
    variation on the theme is their common assertion that their actions keep
    populations in check so that animals do not die of starvation ("a clean
    bullet in the brain is preferable to a slow death by starvation"). Following
    are some facts and questions about hunting and "wildlife management" that
    reveal what is really happening.
      Game animals, such as deer, are physiologically adapted to cope with
    seasonal food shortages. It is the young that bear the brunt of starvation.
    Among adults, elderly and sick animals also starve. But the hunters do not
    seek out and kill only these animals at risk of starvation; rather, they seek
    the strongest and most beautiful animals (for maximum meat or trophy
    potential). The hunters thus recruit the forces of natural selection against
    the species that they claim to be defending.
      The hunters restrict their activities to only those species that are
    attractive for their meat or trophy potential. If the hunters were truly
    concerned with protecting species from starvation, why do they not perform
    their "service" for the skunk, or the field mouse? And why is hunting not
    limited to times when starvation occurs, if hunting has as a goal the
    prevention of starvation? (The reason that deer aren't hunted in early spring
    or late winter--when starvation occurs--is that the carcasses would contain
    less fat, and hence, be far less desirable to meat consumers. Also, hunting
    then would be unpopular to hunters due to the snow, mud, and insects.)
      So-called "game management" policies are actually programs designed
    to eliminate predators of the game species and to artificially provide
    additional habitat and resources for the game species. Why are these predator
    species eliminated when they would provide a natural and ecologically sound
    mechanism for controlling the population of game species? Why are such
    activities as burning, clear-cutting, chemical defoliation, flooding, and
    bulldozing employed to increase the populations of game animals, if hunting
    has as its goal the reduction of populations to prevent starvation? The truth
    is that the management agencies actually try to attain a maximum sustainable
    yield, or harvest, of game animals.
      The wildlife managers and hunters preferentially kill male animals, a
    policy designed to keep populations high. If overpopulation were really a
    concern, they would preferentially kill females.
      Another common practice that belies the claim that wildlife management has
    as a goal the reduction of populations to prevent starvation is the practice
    of game stocking. For example, in the state of New York the Department of
    Environmental Conservation obtains pheasants raised in captivity and then
    releases them in areas frequented by hunters.
      For every animal killed by a hunter, two are seriously injured and left
    to die a slow death. Given these statistics, it is clear that hunting fails
    even in its proclaimed goal--the reduction of suffering.
      The species targeted by hunters, both the game animals and their predators,
    have survived in balance for millions of years, yet now wildlife managers
    and hunters insist they need to be "managed". The legitimate task of wildlife
    management should be to preserve viable, natural wildlife populations and
    ecosystems.
      In addition to the animal toll, hunters kill hundreds of human beings
    every year.
      Finally, there is an ethical argument to consider. Thousands of human
    beings die from starvation each and every day. Should we assume that the
    reader will one day be one of them, and dispatch him straight away?
    Definitely not. AR ethics asserts that this same consideration should be
    accorded to the deer.
                                    DG

      Unless hunting is part of a controlled culling process, it is unlikely to
    be of benefit in any population maintenance. The number and distribution of
    animals slaughtered is unrelated to any perceived maldistribution of species,
    but is more closely related to the predilections of the hunters.
      Indeed, hunting, whether for "pleasure" or profit, has a history more
    closely associated with bringing animals close to, or into, extinction, rather
    than protecting from overpopulation. Examples include the buffalo and the
    passenger pigeon. With the advent of modern "wildlife management", we see
    a transition to systems designed to artificially increase the populations
    of certain species to sustain a yield or harvest for hunters.
      The need for population control of animals generally arises either from the
    introduction of species that have become pests or from indigenous animals
    that are competing for resources (such as the kangaroo, which competes with
    sheep and cattle). These imbalances usually have a human base. It is more
    appropriate to examine our resource uses and requirements, and to act more
    responsibly in our relationship with the environment, than to seek a
    "solution" to self-created problems through the morally dubious practice of
    hunting.
                                    JK

      ...the American public is footing the bill for predator-control programs
    that cause the systematic slaughter of refuge animals. Raccoons and red fox,
    squirrel and skunks are but a few of the many egg-eating predators trapped
    and destroyed in the name of "wildlife management programs". Sea gulls are
    shot, fox pups poisoned, and coyotes killed by aerial gunners in low-flying
    aircraft. This wholesale destruction is taking place on the only Federal
    lands set aside to protect America's wildlife!
                                    Humane Society of the United States

      The creed of maximum sustainable yield unmasks the rhetoric about "humane
    service" to animals. It must be a perverse distortion of the ideal of humane
    service to accept or engage in practices the explicit goal of which is to
    insure that there will be a larger, rather than a smaller, number of animals
    to kill! With "humane friends" like that, wild animals certainly do not need
    any enemies.
                                    Tom Regan (philosopher and AR activist)

      The real cure for our environmental problems is to understand that our job
    is to salvage Mother Nature...We are facing a formidable enemy in this
    field. It is the hunters...and to convince them to leave their guns on the
    wall is going to be very difficult.
                                    Jacques Cousteau (oceanographer)

    SEE ALSO: #66




このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ