-----------------------------------------------------------------------
#66 狩猟料は野生動物の管理と生息地の回復のための経費の主要な財源となって
       いるのではないでしょうか?
-----------------------------------------------------------------------


  #65で、「野生動物の管理」という名目のもとにとられている措置が、
 実際にはハンターたちにとって魅力のある種類の動物の数を増やしてい
 るだけであるということを説明しました。この事実をふまえて見てみる
 と、狩猟料金制度と野生動物管理局との関係がお互いの利益のみを重視
 したものであって、一般大衆の利益を守ることを目的としているとは思
 えないことが明らかになります。
 興味深い事実をいくつかあげてみましょう。

  アメリカの総人口の7%しか狩猟をしないのに、アメリカ人全員が税
 金を通して狩猟関連機関を支援しています。その額に比べればハンター
 自身が狩猟許可を得るために支払う金額は全国レベルでは微々たるもの
 です。たとえば、合衆国魚類野生動物局の財源の90%は一般の税金でま
 かなわれています。

  州レベルでは狩猟料金が占める割合が一番大きく、銃と弾薬の物品税
 から得た連邦政府資金も大きな割合を占めています。この連邦政府資金
 は各州にその州のハンターの数に応じて分配されます! こうした公共
 機関の活動がいかにハンターに媚びへつらったものであるかが、お分か
 りになるでしょう。

  州の狩猟関連の役人は任命されるのであって選挙で選ばれるわけでは
 ないということや、狩猟料金を財源として彼らの給料が支払われている、
 ということも忘れてはなりません。つまり、役人たちはハンターたちを
 後援者とみなしているわけです。

  デトロイト大学法学部の野生保護法の教授デイヴィッド・ファーブル
 はこうした状況に関して以下のように述べています:


   「どうしたら我が州のハンターたちに最高の狩猟を楽しんでもらえ
   るだろう?」;各州の野生保護関連の役人たちの大部分がまず最初
   に考えるのはこうしたことです。自分たちの後援者であるハンター
   たちの要求を満たさんがために、彼らが読む書類にはハンターたち
   の要望や好みに関する調査が延々と掲載されています。....当局の
   こうした現状を支えている三つの要素があります。まず、官僚主義
   にはありがちなことですが、組織内の個々の人間は自分がやってい
   る仕事の内容に関して深く考えたがらないという点です....第二に、
   そうした一般的な官僚主義の問題点に加えてほとんどの州の狩猟管
   理局はハンターたちの利害を強く擁護する人々を相手にしなくては
   ならないという点です。こうした人々はハンター側の論理をかたく
   なに支持しており、広い視野から現状を見つめて疑問を抱くような
   ことはまずありません。最後に、いろんな面でこれが一番重要なこ
   となのですが、資金調達の方法の問題があります....当局を運営し、
   役人の給料を払うための財源の大部分はハンターや釣り人によって
   まかなわれています。そのため当局はそうした人達の便宜を図るこ
   とをまず第一に考えており、公共の利益のために仕事をしていると
   いう意識がうすいのです。財源をハンターたちに頼っている限り、
   当局の関係者が狩猟が持つ環境面や倫理面の問題にほとんど触れた
   がらないのも当然でしょう。




  多く人が、こうした資金調達法やその運用がごく一部の人々の利益の
 みのために公共の土地を濫用することにつながっているという意見を述
 べています。こうしたやり方に代わる代替案をご紹介しておきましょう。

  公園や自然という資源を利用している他の人々、例えばハイカーやバ
 ード・ウォッチャー、野生生物の愛好者、エコ・ツーリストといった人
 たちに、ハンターたちの要求に迎合したゆがんだ形のものではない本当
 の意味での野生生物の管理と生息地の回復をするための資金を提供して
 もらう事は可能です。
  土地の買収と保護に関しては、自然保護協会のような組織が重要な役
 割を果たします。そうした組織は、現在狩猟のための助成金として割り
 当てられている資金(年間5億ドル)のほんの一部の額で、今よりもっ
 と有益な自然保護活動を展開できるのです。        <M>

              DG/JK
       
 参照: #65



...............



    ------------------------------
    #66  Aren't hunting fees the major source of revenue for wildlife management
        and habitat restoration?
    ------------------------------

      We have seen in question #65 that practices described as "wildlife
    management" are actually designed to increase the populations of game species
    desirable to hunters. Viewed in this light, the connection between hunting
    fees and the wildlife agencies looks more like an incestuous relationship
    than a constructive one designed to protect the general public's interests.
    Following are some more facts of interest in this regard.
      Only 7 percent of the population hunt, yet all pay via taxation for hunting
    programs and services. Licenses account for only a fraction of the cost of
    hunting programs at the national level. For example, the US Fish and Wildlife
    Service programs get up to 90 percent of their revenues from general tax
    revenues. At the state level, hunting fees make up the largest part, and a
    significant part is obtained from Federal funds obtained from excise taxes on
    guns and ammunition. These funds are distributed to the states based on the
    number of hunters in the state! It is easy to see, then, how the programs are
    designed to appease and satisfy hunters.
      It is important to remember that state game officials are appointed, not
    elected, and their salaries are paid through the purchase of hunting fees.
    This ensures that these officials regard the hunters as their constituents.
    David Favre, Professor of Wildlife Law at the Detroit College of Law,
    describes the situation as follows:

        The primary question asked by many within these special [state] agencies
        would be something like, "How do we provide the best hunting experience
        for the hunters of our state?" The literature is replete with surveys of
        hunter desires and preferences in an attempt to serve these constituents.
        ...Three factors support the status quo within the agency. First, as with
        most bureaucracies, individuals are hesitant to question their own
        on-going programs...Second, besides the normal bureaucratics, most state
        game agencies have a substantial group of individuals who are strong
        advocates for the hunters of the state. They are not neutral but very
        supportive of the hunting ethic and would not be expected to raise broader
        questions. Finally, and in many ways most importantly, is the funding
        mechanism...Since a large proportion of the funds which run the department
        and pay the salaries are from hunters and fishermen, there is a strong
        tendency for the agency to consider itself not as representing and working
        for the general public but that they need only serve their financial
        sponsors, the hunters and fishermen of the state. If your financial
        support is dependent on the activity of hunting, obviously very few are
        going to question the ecological or ethical problems therewith.

      Many would argue that these funding arrangements constitute a prostitution
    of the public lands for the benefit of the few. We can envision possible
    alternatives to these arrangements. Other users of parks and natural
    resources, such as hikers, bird watchers, wildlife enthusiasts, eco-tourists,
    etc., can provide access to funds necessary for real habitat restoration and
    wildlife management, not the perverted brand that caters to the desires of
    hunters. As far as acquisition and protection of land is concerned,
    organizations such as the Nature Conservancy play an important role. They
    can do much more with even a fraction of the funding currently earmarked to
    subsidize hunting ($500 million per year).
                                    DG/JK

    SEE ALSO: #65





このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ