---------------------------------------------------
#77 動物を実験に使うことのどこがいけないのですか?
---------------------------------------------------


  実験に動物を使うことによって大きな成果が得られているという主張
 は動物の権利の哲学に対する反論としては最も重要なものと言えます。
  食肉産業を単なる舌の道楽のために存在しているものとして否定する
 事は簡単ですが動物実験を否定するのはそう簡単な事ではありません。

  まず初めに定義をしておきます。私達がここで「動物実験」と言って
 いるのは動物を人間のために利用したり動物に危害を加える研究や調査
 の事です。この定義ではっきりさせたいのは動物を使う調査であっても
 動物の権利の哲学において道徳的に認め得るものも存在するということ
 です(質問#80参照)



 動物実験を否定する議論は以下の三つの論拠により成り立っています;


  論拠A:動物実験は道徳に反するものであり、廃止すべきである

  論拠B:動物実験を廃止する事が科学や研究自体を否定することには
      つながらない

  論拠C:動物実験を廃止することによるデメリットは許容できる
      範囲内である



  動物実験の問題に関する動物の権利哲学は誤解されやすいです。科学
 者たちは大抵、動物実験がいかに科学的に意味があるかという点を際限
 なく主張し続けます。時には動物の権利を支持する立場の人達もそうし
 た議論にまきこまれています。こうした議論は動物実験の多くが無意味
 であるか方向性が間違っているかやり方がおかしいとする論拠Cの立場
 に立つものです。

  しかしながら、動物の権利哲学の要となるのは道徳的見地から動物実
 験に反対する、論拠Aの立場です。論拠BとCの目的は動物実験を廃止
 すると医学の進歩をはばむ事になりはしないかと心配する人達を安心さ
 せることです。

  このあと出てくる文章では、それぞれの頭に、[論拠A]といった
 表示をします。こうした書き方をする理由はこの三つの論拠が全般的に
 当てはまることを示すためです。ただし論拠BとCには重なる部分があ
 るのでどちらに属するか必ずしも明白ではない場合も少しあります。

              DG
     

                             

 [論拠A]

  毎年、世界中で1億を越える数の動物が実験のために使われています。
 以下のいくつかのひどい実験の例は何も知らない人達の考えを変える事
 になるかもしれません(この出典はR.ライダーの『科学の犠牲者達』
 です):


 *心理学の実験のために1042匹のネズミが脚に電気ショックを受け
  させられた。ネズミたちはさらにお椀型の電極や耳につけられたクリ
  ップを通して痙攣を起こすまでより強い電気ショックを目や耳に与え
  られた。

 *日本の実験では空腹にさせられたネズミが首や眼球に電極をとりつけ
  られ、踏み車の中を4時間ぶっ続けで走らされた。

 *64匹の猿の集団が静脈にとりつけられた麻薬を自動的に注入する装
  置によって麻薬中毒にさせられた。麻薬の注入が突然、停止されると
  一部の猿は痙攣しながら死んで行った。何匹かの猿は死ぬ前に自分の
  毛をすべてぬいてしまったり自分の指やつまさきを噛みちぎったりし
  た。


  こうしたたぐいの「科学」に対する道徳的見地からの反論はここに加
 えて質問#79と#85の中で行っています。手法的な見地からの反論は#78
 と#80にあります。#92の中には動物実験のことについて書かれた本のリ
 ストがあります。非道な動物実験のさらなる例や技術的側面についての
 より、つっこんだ議論についてはそれらの本を参考にして下さい。



 動物実験は動物を道具として扱っている

  動物実験は感覚を持つ動物の存在を他の者の利益のために消費され捨
 てられてしまう道具にまでおとしめています。動物実験においてはそれ
 ぞれの動物が他の者の利益によって左右されることのない固有の存在価
 値を持っていることが忘れ去られています。
   こうした考え方に疑問を持つ方々はご自分たちの考えを人間にあては
 めてじっくり考えられたらいいでしょう:人間を実験に使う目的で奴隷
 として育てることに賛成できますか?


 動物実験は種差別である

  動物実験をする人であっても人間に対しては本人の同意なしに本人に
 危害がおよぶおそれのある実験をする事はまずありません。この譲歩は
 彼らが自分たちが人間という種の一員であることに重きをなし、道徳が
 およぶ範囲を(実際にはそんなはずもないのに)人間という種に限定し
 ていることを示しています。


 動物実験は科学をおとしめている

  動物実験で行われている残酷な行為は、科学というものが自然の残酷
 な掟から逃れる可能性を人間に提供するためにあると思っている人達に
 対する侮辱に他なりません。



  トム・レーガンの次の言葉は多くの動物の権利運動の支持者たちの気
 持ちを要約しています:

 「科学的業績があがった事を理由にそのためになされた不正な行為を正
  当化する事はできない。たとえその業績が人間と動物の双方にとって
  真の利益となる様なものであったとしてもである。だがこの観点にお
    いても、あるいはその他の観点においてもこうした意見が科学的研究
    の中止を要求しているわけではない。科学的研究は続けられるべきで
    ある--ただし、実験動物の犠牲ぬきで」

              ACEW




   実験室で行われようが医学的研究と呼ばれようが残虐な行為が残虐
   な行為であることにかわりはない
    
    ジョージ・バーナード・ショー(劇作家、1925年ノーベル文学賞)



   現在、神とその汚れなき創造物に対して人間が犯している数々の
   邪悪な罪の中でも最も悪質なものが動物実験である。
              
         マハトマ・ガンジー(政治家、哲学者)



   人間が自分達には多数派の利益のためであれば生き物の命を危機に
   さらしたり奪ったりする権利があると考えるのであれば、人間の残
   虐な行為に歯止めはなくなってしまうだろう。動物実験について私
   はその様な事を思う。

          レオ・トルストイ(作家)



   私は動物実験が人類に利益をもたらす様な成果をあげたかどうかな
   どといった事には興味がない....動物実験というものが実験される
   ことに同意したわけでもない動物に苦痛を押し付けている事こそが
   私が動物実験を憎む理由であり、その事実は他の事を知るまでもな
   くこの憎しみが正当なものだと私に確信させるに十分である。

         マーク・トゥエイン(作家)


 参照: #78#79#80#81#82#85#86



...............


    -----------------------
    #77  What is wrong with experimentation on animals?
    -----------------------

      The claimed large gains from using animals in research makes the practice
    the most significant challenge to AR philosophy. While it is easy to dismiss
    meat production as a trivial indulgence of the taste buds, such a dismissal
    is not so easily accomplished for animal research.
      First, a definition. We refer to as "vivisection" any use of animals in
    science or research that exploits and harms them. This definition acknowledges
    that there is some research using animals that is morally acceptable under AR
    philosophy (see question #80).
      The case against vivisection is built upon three planks. They are:

            PLANK A.  Vivisection is immoral and should be abolished.
            PLANK B.  Abolition of vivisection is not antiscience or
                      antiresearch.
            PLANK C.  The consequences of abolition are acceptable.

      It is easy to misunderstand the AR philosophy regarding vivisection. Often,
    scientists will debate endlessly about the scientific validity of research,
    and sometimes AR people engage in those debates. Such issues are part of
    PLANK C, which asserts that much research is misleading, wrong, or misguided.
    However, the key to the AR position is PLANK A, which asserts an objection to
    vivisection on ethical grounds. We seek to reassure people about the effects
    abolition will have on future medical progress via PLANKS B and C.
      In the material that follows, each piece of text is identified with a
    preceding tag such as [PLANK A]. The idea is to show how the text fragments
    fit into the overall case. There is some overlap between PLANKs B and C, so
    the assignment may look arbitrary in a few cases.
                                    DG

    [PLANK A]
      Over 100 million animals are used in experiments worldwide every year.
    A few of the more egregious examples of vivisection may be enlightening for
    the uninformed (taken from R. Ryder's "Victims of Science"):

    *   Psychologists gave electric shocks to the feet of 1042 mice. They
        then caused convulsions by giving more intense shocks through
        cup-shaped electrodes applied to the animals' eyes or through spring
        clips attached to their ears.

    *   In Japan, starved rats with electrodes in their necks and electrodes
        in their eyeballs were forced to run in treadmills for four hours at
        a time.

    *   A group of 64 monkeys was addicted to drugs by automatic injection in
        their jugular veins. When the supply of drugs was abruptly withdrawn,
        some of the monkeys were observed to die in convulsions. Before dying,
        some monkeys plucked out all their hair or bit off their own fingers
        and toes.

      Basic ethical objections to this type of "science" are presented here
    and in questions #79 and #85. Some technical objections are found in
    questions #78 and #80. Question #92 contains a list of books on vivisection;
    refer to them for further examples of the excesses of vivisection, as well
    as more detailed discussion of its technical merits.
      VIVISECTION TREATS ANIMALS AS TOOLS. Vivisection effectively reduces
    sentient beings to the status of disposable tools, to be used and discarded
    for the benefit of others. This forgets that each animal has an inherent
    value, a value that does not rise and fall depending on the interests of
    others. Those doubting this should ponder the implications of their views
    for humans: would they support the breeding of human slaves for the exclusive
    use of experimenters?
      VIVISECTION IS SPECIESIST. Most animal experimenters would not use
    nonconsenting humans in invasive research. In making this concession, they
    reveal the importance they attach to species membership, a biological line
    that is as morally relevant as that of race or gender, that is, not relevant
    at all.
      VIVISECTION DEMEANS SCIENCE. Its barbaric practices are an insult to those
    who feel that science should provide humans with the opportunity to rise
    above the harsher laws of nature.
      The words of Tom Regan summarize the feelings of many AR activists: "The
    laudatory achievements of science, including the many genuine benefits
    obtained for both humans and animals, do not justify the unjust means used
    to secure them. As in other cases, so in the present one, the rights view
    does not call for the cessation of scientific research. Such research
    should go on--but not at the expense of laboratory animals."
                                    AECW

      Atrocities are not less atrocities when they occur in laboratories and
    are called medical research.
                                    George Bernard Shaw (playwright, Nobel 1925)

      Vivisection is the blackest of all the black crimes that a man is at
    present committing against God and his fair creation.
                                    Mahatma Gandhi (statesman and philosopher)

      What I think about vivisection is that if people admit that they have the
    right to take or endanger the life of living beings for the benefit of many,
    there will be no limit for their cruelty.
                                    Leo Tolstoy (author)

      I am not interested to know whether vivisection produces results that
    are profitable to the human race or doesn't...The pain which it inflicts
    upon unconsenting animals is the basis of my enmity toward it, and
    it is to me sufficient justification of the enmity without looking
    further.
                                    Mark Twain (author)

    SEE ALSO: #78-#82, #85-#86



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ