--------------------------------------------------------------
#78 動物の権利を支持する人達は、動物実験が重要な医学上の進歩を
       もたらしたという点を認めているのでしょうか?
--------------------------------------------------------------



[論拠A]

  動物の権利を支持するたいていの人は、動物実験がいくつかの意味の
 ある医学上の進歩に関し、必ずしも必要不可欠ではなかったにせよ、一
 定の役割を果たした点は認めています。
  しかし、動物の権利哲学の主張は「目的が手段を正当化するわけでは
 ない」というものです。したがってこの問いに対する答えが動物実験に
 反対する立場をゆるがせることはないのです。




[論拠C]

  かつて動物実験を行っていた人達や医学史の研究家などを含む多くの
 人々が、ほとんどの動物実験は無益である上に、しばしば有害なもので
 あった事を示す科学的、歴史的証拠が数多くあるという事実をはっきり
 と認めています。

  統計面から見ても動物実験は満足すべき成果をあげていません。
 1億4400万もの動物の犠牲にもかかわらず、イギリスにおける中年
 期の人の平均余命は1950年以来変わっていません。1890年から
 1990年の間に殺された実験動物のうちの85%は1950年以降に
 死んだものです。しかしこの100年間における死亡率の減少のうちの
 92%は1950年にすでに達成されていました。



 具体例として以下にがんに関する統計をあげておきます。

英国の成人男性100万人あたりのがんでの死亡者数
がんの種類1971-1975 1976-1980変化率(%)
膀胱118123+ 4.2
すい臓118125 + 5.9
前立腺117199 + 12.4
298278- 6.7
直腸311320+ 2.9
肺、気管、気管支10911125+ 3.1
 [女性に関するデータはスペース上の都合で省略]

  ぼうだいな数の動物が研究の犠牲となったのにもかかわらず、がんと
 の戦いにおける成果はまるであがっていません。

  私たちの健康全般について言えば、動物実験が私たちの健康に対して
 もたらした恩恵というものは、どうみてもほんのわずかなものに過ぎな
 いことは明らかです。

  結核、肺炎、腸チフス、百日ぜき、コレラなどの、かつては多くの人
 の命を奪った病気による死亡率の劇的な低下は、住環境や労働環境の改
 善、食べ物や水の質と量の改善、衛生学の発達などによってもたらされ
 たものです。化学療法や免疫療法は年代順に見れば、すでに死亡率の大
 幅な低下が達成された後に出てきたものなので道理から言ってその役割
 が大きなものだとは言えません。

  具体例としてペニシリンのケースを考えてみましょう。ペニシリンは
 1928年にフレミングによって偶然に発見されました。彼はウサギに
 対しペニシリンの効果を実験してみましたが結果が得られなかったので
 (今ではそれはウサギがペニシリンをすぐに排泄してしまうせいだとい
 う事が分かっています)この物質に対する興味を失ってしまいました。
 それでも二人の科学者が研究を続け、マウスによる実験に成功して以下
 の様に述べました。

  「・・マウスはその体の小ささゆえに、最初の毒性テストに使われた
   のだが我々にとってそれは全くの幸運だった。この毒性の点におい
   て人間はマウスと同じでありモルモットとは違ったからだ。もし我
   々がモルモットのみを実験に使っていたならばペニシリンは有毒物
   質であるとみなし、わざわざこの物質を作り出す困難を克服してま
   で人間に試してみる段階に進もうとはしなかっただろう」


  動物実験は失敗に終わるのが普通です。それは以下の様な理由により
  ます。

  *動物に対する薬に基づいて人間の薬を作ることはできない。これは
   動物が人間とは、組織学的にも、解剖学的にも、遺伝学的にも、免
   疫学的にも、生理学的にも異なるせいである。

  *ある物質に対する反応が動物と人間とでは異なる。たとえば、ある
   種の薬は人間に対しては発がん性があるが動物に対してはない。そ
   してその逆の場合もある。

  *自然にかかる病気(たとえば人間の病気)と人工的に引き起こされ
   た病気(たとえば実験動物の場合)とでは大きな違いがある場合が
   往々にしてある。



  こうした事は下記の資料からもはっきりと見てとれます:
種の別に見た化学物質がもたらす出生時の障害の有無
化学物質出生時の障害
有り無し
アスピリンラット、マウス、サル
モルモット、ネコ、イヌ
人間
アミノプテリン人間サル
アザチオプリンウサギラット
カフェインラット、マウスウサギ
コーチゾンマウス、ウサギラット
サリドマイド人間ラット、マウス、ハムスター
トリアムシノロンマウス人間



  過去にも近年にも動物実験によって誤った結論が導かれた例は数限り
 なくあります。そしてまた高名な科学者が「質の低い科学」という動物
 実験の真の姿を明言した例も数限りなくあります。以下に示すのはその
 うちのほんの一部です。

            AECW




  動物を使った研究のほとんどが役に立たないものであることはあまり
 知られていません。たとえば、人間のがんを治療するための化学薬品の
 発見は動物を使った研究の大きな成果だとして広く言いふらされていま
 す。
  しかしこの場合もまた、こうした大げさな主張は動物実験のための政
 府の予算を獲得している人々によって発せられ、宣伝されているものな
 のです。こうした主張を裏付けるような事実を示す証拠はほとんど何も
 ありません。
  実際のところ動物実験の結果はがんと戦う研究を往々にして遅らせ、
 じゃまするばかりで人間のがんの予防や治療に対する実質のある成果は
 ほんの1つとしてあげたことがないのです。たとえば人間のがんの治療
 に役立つ化学薬品は事実上そのすべてが動物実験からではなく臨床の中
 から発見されてきたものです。

         アーウィン・ブロス博士
         1981年 米国議会での証言




  これらの臨床の研究がはじめられてからもなお、動物実験からのデー
 タは人間の腫瘍に対する治療法の開発に対しては使うことができないと
 警告されていた。

       ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル 1982




  動物実験は野蛮な上に役立たずで科学の発展にとってはじゃまもので
 しかない。

        ウェルナー・ハーティンガー
       (外科部長、西ドイツ 1988)




  ..動物実験を行っている人間の多くはいまだに自分たちのやっている
  ことが人の命を救っているのだと主張している。しかしそれは嘘だ。
  実際には動物実験のせいで人が死んでいる。動物実験をしている人間
  は毎年の数多くの男性や女性や子供の死に対し責任があるのだ。

        ヴァーノン・コールマン博士
        英国王立協会医学会員










...............



    -----------------------
    #78  Do AR people accept that vivisection has led to valuable medical
        advances?
    -----------------------

    [PLANK A]
      AR advocates generally believe that vivisection has played a contributing,
    if not necessarily essential, role in some valuable medical advances.
    However, AR philosophy asserts that the end does not justify the means, and
    that therefore the answer cannot decide the legitimacy of the stance against
    vivisection.

    [PLANK C]
      That said, many people, including former vivisectors and medical historians,
    will readily state that there is ample scientific and historical evidence
    showing that most vivisection is futile, and often harmful to those it
    pretends to serve.
      On statistical grounds, vivisection does not deliver: despite the use of
    144,000,000 animals in Britain since 1950, life-expectancy in Britain for the
    middle-aged has not changed since this date. Some 85 percent of the lab
    animals killed between the 1890s and the 1990s died after 1950, but the fall
    in death rate during these 100 years was 92 percent complete by 1950.
      Consider, for a specific example, these figures for cancer:

    ---------------------------------------------------------
          CANCER DEATH RATE PER MILLION MEN IN BRITAIN
                  [FOR THOSE > 100 PER MILLION]
    ---------------------------------------------------------
    Cancer type     1971-1975       1976-1980       % change
    ---------------------------------------------------------
    Bladder             118             123           +  4.2
    Pancreas            118             125           +  5.9
    Prostate            177             199           + 12.4
    Stomach             298             278           -  6.7
    Colorectal          311             320           +  2.9
    Lung, Trachea,      1091            1125          +  3.1
    Bronchus...
    [data for women excised for space reasons]

    Gains in the war against cancer are sadly lacking, despite the vast numbers of
    animals sacrificed for cancer research.
      When such analyses are performed across the spectrum of health issues, it
    becomes clear that, at best, the contribution of vivisection to our health
    must be considered quite modest. The dramatic declines in death rates for old
    killer diseases, such as, tuberculosis, pneumonia, typhoid, whooping cough,
    and cholera, came from improvements in housing, in working conditions, in the
    quantity and quality of food and water supplies, and in hygiene. Chemotherapy
    and immunization cannot logically be given much credit here, since they only
    became available, chronologically, after most of the declines were achieved.
      Consider the particular example of penicillin: it was discovered
    accidentally by Fleming in 1928. He tested on rabbits, and when they failed
    to react (we now know that they excrete penicillin rapidly), he lost interest
    in his substance. Still, two scientists followed up on his work, successfully
    tried on mice and stated:

        "...mice were tried in the initial toxicity tests because of their small
        size, but what a lucky chance it was, for in this respect man is like the
        mouse and not the guinea pig. If we had used guinea pigs exclusively we
        should have said that the penicillin was toxic, and we probably should not
        have proceeded to try to overcome the difficulties of producing the
        substance for trial in man."

    Vivisection generally fails because:

        * Human medicine cannot be based on veterinary medicine. This is because
          animals are different histologically, anatomically, genetically,
          immunologically, and physiologically.

        * Animals and humans react differently to substances. For example, some
          drugs are carcinogenic in humans but not in animals, or vice-versa.

        * Naturally occurring diseases (e.g., in patients) and artificially
          induced diseases (e.g., in lab animals) often differ substantially.

    All this manifests itself in examples such as the one below:

    ---------------------------------------------------
        SPECIES DIFFERENCE IN TESTS FOR BIRTH DEFECTS
    ---------------------------------------------------
    Chemical        Teratogen (i.e., causes birth defects)
                    -----------------------------------
                         yes                  no
    ---------------------------------------------------

    aspirin         rats, mice, monkeys,    humans
                    guinea pigs, cats,
                    dogs

    aminopterin     humans                  monkeys

    azathioprine    rabbits                 rats

    caffeine        rats, mice              rabbits

    cortisone       mice, rabbits           rats

    thalidomide     humans                  rats, mice,
                                            hamsters
    triamcilanone   mice                    humans

    ---------------------------------------------------

      There are countless examples, old and recent, of the misleading effects
    of vivisection, and there are countless statements from reputable scientists
    who see vivisection for what it is: bad science. Following are just a few of
    them.
                                    AECW

      The uselessness of most of the animal models is less well-known. For
    example, the discovery of chemotherapeutic agents for the treatment of human
    cancer is widely heralded as a triumph due to use of animal model systems.
    However, here again, these exaggerated claims are coming from or are endorsed
    by the same people who get the federal dollars for animal research. There is
    little, if any, factual evidence that would support these claims. Indeed while
    conflicting animal results have often delayed and hampered advances in the war
    on cancer, they have never produced a single substantial advance in the
    prevention or treatment of human cancer. For instance, practically all of the
    chemotherapeutic agents which are of value in the treatment of human cancer
    were found in a clinical context rather than in animal studies.
                                    Dr. Irwin Bross
                                    1981 Congressional testimony

      Indeed even while these [clinical] studies were starting, warning voices
    were suggesting that data from research on animals could not be used to
    develop a treatment for human tumors.
                                    British Medical Journal, 1982

      Vivisection is barbaric, useless, and a hindrance to scientific progress.
                                    Dr. Werner Hartinger
                                    Chief Surgeon, West Germany, 1988

      ...many vivisectors still claim that what they do helps save human lives.
    They are lying. The truth is that animal experiments kill people, and animal
    researchers are responsible for the deaths of thousands of men, women and
    children every year.
                                    Dr. Vernon Coleman
                                    Fellow of the Royal Society of Medicine, UK






このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ