------------------------------------------------------------------
#80 動物実験に代わる方法が何もない場合もあるのではないでしょうか?
------------------------------------------------------------------




[論拠A]

  この質問に対する答えは簡単です:
 「そうだとして、それがどうしたと言うのだ?」

  人間を強制的に犠牲にしなければ得られない様な知識がなくても、私
 たちは(現在)十分、幸せであるという事を思い起こしてみましょう。
 私たちは子供に対しても、精神薄弱者に対しても、あるいは(エイズの
 様に)動物に対する実験からは満足すべき結果が得られない病気の患者
 に対しても、強制的に実験をしたりはしません。つまり、人間は実験に
 は使わないし、そうしなければ得られない様な知識は放棄するという倫
 理的決断がすでになされているのです。

  動物の権利の論拠もそれと同じです:人間と実験動物(彼らも人生の
 主体者です)を区別できる様な道徳的根拠は存在しないがゆえに、動物
 実験は道徳に反するものであり、廃止すべきものなのです。ナチスが強
 制収容所の囚人に行った実験から得られた知識が道徳的に反するのと同
 様に、動物実験により得られる、いかなる利益も道徳に反するものなの
 です。

  トム・リーガンは次の様にのべています。

  「得られるものがなんであれ、それは不正利得であるのだから、(こ
   うした)研究には終止符を打たなければならない。私たちがどれだ
   けのものを失おうとも」



[論拠B]

  上記の議論から代替法の研究は道徳的必然となります。もし、それに
 対して「不可能である」と反対されたなら、科学者の独創性をみくびっ
 てはならないと言うべきでしょう。過去にも動物実験の代替法を探さな
 ければならなかったケースはありました。そして、もちろん、それは発
 見されてきました。

  たとえば、シャープは "The Human Cost of Animal Experimentation"
 (動物実験が人間にもたらす損害)の中で以下の様に書いています:

 「歴史的に見れば、典型的な例として黄熱病の克服がある。1900年には、
  黄熱病の動物への感染例は知られていなかったので、人間のボランテ
  ィアに対して研究がすすめられた結果、蚊がこの病気を媒介している
  ことが証明された。この成果によって、ハバナの衛生施設や検疫対策
  が改善され、蔓延していた黄熱病が根絶された」



[論拠C]

  ここでは、人間の疾病の研究のための動物実験に対する代替法をいく
 つかあげてみましょう。

  従来から存在する代替法としては2つのタイプがあります:

a)臨床研究
  これはどんな種類の病気に対しても完全に理解するためには必要不可
 欠なものです。麻酔薬、人口呼吸、聴診器、心電計、血圧測定法などは、
 入念な臨床研究からうまれたものです。

b)疾学研究
  これは全人口を対象とする病気の研究です。人間にガンを起こす原因
 物質のほとんどは動物実験ではなく、この疫学研究から発見されました。
  典型的な観点の例としては:大腸ガンはヨーロッパや北米では頻繁に
 みられ、日本では珍しいが、北米に移住した日本人にはよく発生するの
 はなぜか?--といったものがあります。


  近年の技術の進歩によって、さらに数多くの研究手段が使えるように
 なりました。そうした例として、以下のようなものがあります:


組織培養
  人間の細胞や組織は培養して生かしておき、生物医学の研究に使うこ
 とができます。人間を材料として使えるので、他の種への実験結果から
 類推することで起こる問題は回避できます。

  こうした組織培養はFDA(合衆国食品薬品局)の科学者たちも、ガ
 ンの研究に利用してきました。彼らは以下のようにのべています:

 「組織培養は、ガン細胞が人間の正常な組織を侵食し広がる過程の生物
  学的研究に使えるだけではなく、有用である可能性を持った様々な抗
  ガン剤を評価する手段も提供してくれる」


物理化学的手段
   これは、液体クロマトグラフィーと質量分光光度計によって生体組
  織内の物質を特定するなどといった方法です。たとえば、従来、ビタ
  ミンDの生物検定にはラットをくる病にした後にビタミンDに富む食
  品を食べさせるといった手段がとられてきました。現在、こうした生
  物検定は、液体クロマトグラフィーによって、より早く、安いコスト
  で行うことが可能となりました。


コンピュータ・シミュレーション
   テキサス大学のウォーカー博士は以下のようにのべています:

    ・・生理学や薬理学の実験室において、コンピュータ・シミュレ
    ーションは生きた動物を使う実験よりも、より広範囲の利点を持
    っている。その利点としては以下の様なものがある:

    *実験動物を購入し管理するためにかかるコストの削減
    *学生のスケジュールにあわせ、ほぼ無制限にいつでも行えること
    *間違いや誤解があった実験箇所を修正し、やり直すことが可能
    *実験能率の向上、学生の時間の有効利用、他で学んだ知識の活用


 コンピュータ支援による薬品設計
   この方法はガンや鎌形赤血球貧血の治療薬の研究などに使われてき
  ました。3Dコンピューター・グラフィックと量子薬理学の理論を組
  み合わせ、求められた仕様にしたがって薬品を設計するものです。


 機械的モデルを使った実験
   この例としては、車の衝突実験のために、ゼネラルモーターズ社が
  開発した人口の首があります。実際、この「衝突ダミー」を使った実
  験はかつてのサルを使っていた実験よりも、はるかに正確で有効です。


  以上のリストはもちろん、すべてを網羅しているわけではありません。



[論拠B]
   実験の生む利益が直接、その実験の被験者に還元される場合もあり
  ます;たとえば、心疾患を患っている人に新しいプラスティック製の
  心臓を試すことが提案されたり、動物を助けるために新しい外科技術
  が試みられる場合があるかもしれません。質問者は、こうしたものも
  動物を利用している例として考えているのかもしれません。

   私たちの意見はシンプルなものです:動物の権利の立場は被験者と
  なる動物の利益のためになされる実験をも非難するわけではありませ
  ん。たとえば、新薬の臨床試験は往々にしてこのカテゴリーに含まれ
  ます。すでに病気にかかっている動物にたいする臨床研究などの、獣
  医学の研究もそうです。
   この他の許容可能な動物に対する研究としては、動物行動学、つま
  り自然の中で暮らしている状態の動物の研究があります。

              AECW



[論拠B]

   以下は、すべてではないとしても、多くの動物実験に対する代替法
   のリストです。

   *細胞、組織、および臓器の培養
   *臨床観察
   *人間のボランティア(病気の人および健康な人)
   *検屍解剖
   *自然死による遺体の利用
   *臨床の場での、体を傷つける必要がない、MRI(磁気共鳴映像
    法)の利用
   *新薬の市販後の調査
   *統計的推論
   *コンピューター・モデル
   *植物による代替

   これらの代替法、および、今後、生まれてくるであろう代替法によ
   って、動物実験が廃止されたとしても、科学的研究が停止すること
   はないでしょう。

                DG






...............



    -----------------------
    #80  Aren't there instances where there are no alternatives to the use
        of animals?
    -----------------------

    [PLANK A]
      The reply to the question here is succinct: "If so, so what?". Let us recall
    that we are happy enough (today) to forego knowledge that would be acquired
    at the expense of commandeering humans into service, and that we include
    children, the mentally diminished and even people suffering from types of
    disease for which animal models are unsatisfactory (such as AIDS). That is,
    a prior ethical decision was made that rules them out from experimentation,
    and that foregoes any potential knowledge so derived.
      Now the Animal Rights argument is consistent: since no morally relevant
    difference can be produced that separates humans spared experimentation from
    test animals (those that are subjects-of-a-life), vivisection is exposed as
    immoral, and the practice must be abandoned.
      Just as the insights offered by the Nazis' experiments on concentration
    camp prisoners were morally illicit, so are any and all benefits traceable to
    vivisection. As Tom Regan put it:

        "Since, whatever our gains, they are ill-gotten, we must bring an end to
        [such] research, whatever our losses."

    [PLANK B]
    The argument above makes the search for alternatives morally imperative, and
    if it is objected that this "just isn't possible", one should reply that
    belittling the ingenuity of scientists will not do. There have been cases
    where alternatives to vivisection had to be sought, and--of course--they were
    found. For example, Sharpe writes in The Human Cost of Animal Experimentation:
    "Historically, a classic example is the conquest of yellow fever. In 1900, no
    animal was known to be susceptible, prompting studies with human volunteers
    which proved that mosquitoes did indeed transmit the disease. These
    observations led to improved sanitation and quarantine measures in Havana
    where yellow fever, once rife, was eradicated."

    [PLANK C]
      We now cite a few alternatives to animal models of human diseases. Two
    traditional types are: a) Clinical studies: these are essential for a
    thorough understanding of any disease. Anesthetics, artificial respiration,
    the stethoscope, electrocardiographs, blood pressure measurements, etc.,
    resulted from careful clinical studies. b) Epidemiology studies: i.e., the
    study of diseases of whole populations. They, and not animal tests, have
    identified most of the substances known to cause cancer in humans. Typical
    example: Why is cancer of the colon so frequent in Europe and North America,
    infrequent in Japan, but common in Japanese immigrants to North America?
      More recent technological advances now allow a host of other investigative
    methods to be applied, including:

        * Tissue cultures: Human cells and tissues can be kept alive in cultures
          and used for biomedical research. Since human material is used,
          extrapolation problems are short-circuited. Such cultures have been
          used in cancer research by FDA scientists, for example, and according
          to them: "[they] offer the possibility of studying not only the biology
          of cancer cell growth and invasion into normal human tissue, but also
          provide a method for evaluating the effects of a variety of potentially
          important antitumor agents."

        * Physico-chemical methods: For example, liquid chromatographs and mass
          spectrophotometers allow researchers to identify substances in
          biological substances. For example, a bioassay for vitamin D used to
          involve inducing rickets in rats and feeding them vitamin-D-rich
          substances. Now, liquid chromatography allows such bioassays to be
          conducted quicker and at reduced cost.

        * Computer simulations: According to Dr. Walker at the University of
          Texas: "... computer simulations offer a wide range of advantages over
          live animal experiments in the physiology and pharmacology laboratory.
          These include: savings in animal procurement and housing costs; nearly
          unlimited availability to meet student schedules; the opportunity to
          correct errors and repeat parts of the experiment performed incorrectly
          or misinterpreted; speed of operation and efficient use of students'
          time and consistency with knowledge learned elsewhere."

        * Computer-aided drug design: Such methods have been used in cancer and
          sickle-cell anemia drug research, for example. Here, 3D computer
          graphics and the theoretical field of quantum pharmacology are combined
          to help in designing drugs according to required specifications.

        * Mechanical models: For example, an artificial neck has been developed
          by General Motors for use in car-crash simulations. Indeed, the
          well-known "crash dummies" are much more accurate and effective than
          the primates previously employed.

    This list is by no means exhaustive.

    [PLANK B]
      There are instances where the benefits of experimentation accrue directly
    to the individual concerned; for example, the trial of a new plastic heart
    may be proposed to someone suffering from heart disease, or a new surgical
    technique may be attempted to save a nonhuman animal. This may qualify, in
    the mind of the questioner, as an instance of use of animals. The position
    here is simple: The Animal Rights position does not condemn experimentation
    where it is conducted for the benefit of the individual patient. Clinical
    trials of new drugs, for example, often fall in this category, and so does
    some veterinary research, such as the clinical study of already sick animals.
    Another example of acceptable animal research is ethology, i.e. the study
    of animals in their natural habitat.
                                    AECW

    [PLANK B]
      Following is a list of alternatives to much, if not all, vivisection:

        * Cell, tissue, and organ cultures
        * Clinical observation
        * Human volunteers (sick and well)
        * Autopsies
        * Material from natural deaths
        * Noninvasive imaging in clinical settings
        * Post-market surveillance
        * Statistical inference
        * Computer models
        * Substitution with plants

      These alternatives, and others not yet conceived, will ensure that
    scientific research will not come to a halt upon abolition of vivisection.
                                    DG




このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ