--------------------------------------------------------------
#84 解剖についてはどうでしょうか?;完全な教育のためには必要な
       ものではないですか?
--------------------------------------------------------------



[論拠A]

  解剖とは教育の場で行われる、動物(殺した後の場合も生きたままの
  場合も含みます)に対する調査目的の手術のことを言います。普通の人
 がこの行為を経験するのは高等学校の生物の授業でのカエルを解剖にお
 いてですが、解剖にはシマリスの胎児や、マウス、ウサギ、イヌ、ネコ、
 ブタ、およびその他の動物も使われます。

  解剖によって1年間に約700万匹の動物が殺されています。これら
 の動物の多くは工場飼育で繁殖されたものです。その他の動物は野生か
 ら捕まえられたものです。野良となったペットが解剖者の手によって、
 その命を終えることも、よくあります。これらの動物は、残酷な環境で
 閉じこめられたり、輸送されたりする苦しみを味わったあげく、最後に
 はガス殺、頸部切断、およびその他の「費用のかからない」方法によっ
 て殺されます。

  解剖の実施に対しては多くの学生が嫌悪感を抱いています。高校生達
 は、はっきりと反対するようになり始めました。このような不必要で残
 酷な行為に参画しない権利を主張するために、訴訟まで起こした(そし
 て勝訴した!)学生もいます。カリフォルニアには学生(高校が終わる
 までの)に解剖を拒否する権利を与えた法律があります。この法律は解
 剖に対する代替を提供すること、および学生がこの権利を行使すること
 によって制裁を受けないことを定めています。

  ここまでは「解剖とは何か?」という付帯的な質問に対する答えでし
 たが、ここからは、これが完全な教育に必要かどうかを考えてみましょ
 う。


[論拠B]

  解剖にはいくつかの効果的な代替法があります。場合によっては、こ
 れらの代替法は解剖それ自体よりも効果的です。誇張したモデル、映画
 とビデオ、およびコンピューター・シミュレーションなどはすべて、生
 物学の原理を教えるのに有効な手段です。

  最後にあげたコンピューター・シミュレーションについては、他の教
 育分野でもその効果が証明されている、インタラクティブ(対話型処理)
 機能が使えるという利点もあります。多くの場合、これらの代替法は従
 来の解剖実習よりも安あがりです。コンピュータープログラムは1回の
 購入コストで何度でも使用することができます;解剖実習にはいつまで
 も費用がかかります。

  これらの効果的な代替法や、それに伴う経済的メリットを考慮するな
 らば、解剖実習はますます、動物虐待の世界への通過儀礼であり、未来
 の動物実験者の会への入会式のように見えはじめてくるのです。こうし
 た実習は学生を動物の苦痛に対して鈍感にさせます。動物はその生命に
 尊敬を払うことなく、使用し捨てることができるのものだと教えます。
 それは自分の子供達に教えたいと思う様な授業でしょうか?

              JLS/DG




[論拠C]

  動物を解剖することは、外科医としての教育を完了するために必要だ
 と言われることが多いのですが、それはナンセンスです。多くの外科医
 が、動物での練習は人間の手術に必要な技術を習得する役には立たない
 と述べています。

  たとえば、犬は外科学生が好んで使う実験動物ですが、人間と犬とで
 は、その体形も、臓器の内部配置も、メスにあたる組織の弾力も、術後
 の影響も(たとえば犬は感染症にかかりにくい)異なっています。また、
 多くの外科医が、動物で練習することは、学生が苦痛に対し無神経にな
 ることを、助長するおそれがあると指摘しています。

  以下は数人の名声ある外科医の、この問題に対する意見です。

              AECW



   ・・動物の傷は人間の傷とは大きく異なっているので、生体解剖を
   することには全く、価値がありません。外科の世界では生体解剖は
   役に立つよりも害になることの方が多いのです。

             ローソン・テイト



   もし誰かが、実験室の中でゆっくりと死んでいく実験をされる動物
   と同じ目にあわされたとするなら、火あぶりで殺されることでさえ、
   幸せな救いだと思えるでしょう。かつては私も、私の職業について
   いる他の人たちと同じように、医学や外科学に関して我々の持つ知
   識のほとんどすべては、動物実験のお陰であるという意見を持って
   いました。今では私は事実はその全く逆であることを知っています。
   特に外科の分野では、動物実験は外科医にとっては何の助けにもな
   りません。実際、しばしば誤った方向に導かれてしまいます。

             ビジロー教授



   ・・外科医に対する訓練は、難しさの度合に応じ、徐々にレベルを
   あげていく形で人間の患者に対し行うべきです。動物で練習して技
   術を身に付けようとする事は、絶対に避けなければいけません。
   ・・胸部外科医の訓練においてそれは役に立たないし、危険でもあ
   ります。

            R.J.ベルチャー教授



   犬で練習すれば、おそらく良い獣医師にはなるでしょう。もし、あ
   なたが自分の家族を獣医にみてもらいたいと思うのでしたら、それ
   も良いでしょう。

            ウイリアム・ヘルド


[以上が外科医の言葉の引用]



   動物の命は厳粛なる神秘です。すべての自然は自らの同胞に対して、
   誤解し、屈辱を与え、拷問をする人間の残虐性に対し、抗議をしま
   す。
  
          ジュール・ミシュレット(歴史家)



   動物を切り刻み、それを「科学」と称する様な行為は人類を道徳的、
   知的地獄へと追いやります・・動物を拷問することを何とも思わな
   い、この忌まわしい暗黒時代には終止符を打たなければなりません。

         グレース・スリック(ミュージシャン)


 参照: #77#78#79#80#81#92



...............



    -----------------------
    #84  What about dissection; isn't it necessary for a complete education?
    -----------------------

    [PLANK A]
      Dissection refers to the practice of performing exploratory surgery on
    animals (both killed and live) in an educational context. The average
    person's experience of this practice consists of dissecting a frog in
    a high-school biology class, but fetal chipmunks, mice, rabbits, dogs,
    cats, pigs, and other animals are also used.
      Dissection accounts for the death of about 7 million animals per year.
    Many of these animals are bred in factory-farm conditions. Others are
    taken from their natural habitats. Often, strayed companion animals end
    up in the hands of dissectors. These animals suffer from inhumane
    confinement and transport, and are finally killed by means of gassing,
    neck-snapping, and other "inexpensive" methods.
      The practice of dissection is repulsive to many students and
    high-schoolers have begun to speak out against it. Some have even engaged
    in litigation (and won!) to assert a right to not participate in such
    unnecessary cruelty. California has a law giving students (through high
    school) the right to refuse dissection. The law requires an alternative to
    be offered and that the student suffer no sanctions for exercising this
    right.
      Having dealt with the sub-question "What is dissection?", let's
    consider whether it is necessary for a complete education.

    [PLANK B]
      There are several very effective alternatives to dissection. In some
    cases, these alternatives are more effective than dissection itself.
    Larger-than-life models, films and videos, and computer simulations are
    all viable methods of teaching biological principles. The latter option,
    computer simulation, has the advantage of offering an additional
    interactive facility that has shown great value in other educational
    contexts. These alternative methods are often cheaper than the traditional
    practice of dissection. A computer program can be used indefinitely for
    a one-time purchase cost; the practice of dissection presents an ongoing
    expense.
      In view of these effective alternatives, and the economic gains associated
    therewith, the practice of dissection begins to look more and more like
    a rite of passage into the world of animal abuse, almost a fraternity
    initiation for future vivisectors. This practice desensitizes
    students to animal suffering and teaches them that animals can be
    used and discarded without respect for their lives. Is this the kind of
    lesson we want to teach our children?
                                    JLS/DG

    [PLANK C]
      Dissecting animals is often described as necessary for the complete
    education of surgeons. This is nonsense. Numerous surgeons have stated
    that practicing on animals does not provide adequate skills for human
    surgery. For example, dogs are the favorite test animal of surgery
    students, yet their body shape is different, the internal arrangement of
    their organs is different, the elasticity of their tissues under the scalpel
    is different, and postoperative effects are different (they are less prone
    to infection, for one thing). Also, many surgeons have suggested that
    practicing on animals may induce in the mind of the student a casual
    attitude to suffering.
      Following are the thoughts of several prestigious surgeons on this issue.
                                    AECW

      ...wounds of animals are so different from those of [humans] that the
    conclusions of vivisection are absolutely worthless. They have done far
    more harm than good in surgery.
                                    Lawson Tait

      Any person who had to endure certain experiments carried out on animals
    which perish slowly in the laboratories would regard death by burning at the
    stake as a happy deliverance. Like every one else in my profession, I used
    to be of the opinion that we owe nearly all our knowledge of medical and
    surgical science to animal experiments. Today I know that precisely the
    opposite is the case. In surgery especially, they are of no help to the
    practitioner, indeed he is often led astray by them.
                                    Professor Bigelow

      ...the aim should be to train the surgeon using human patients by moving
    gradually from stage to stage of difficulty and explicitly rejecting the
    acquisition of skills by practicing on animals...which is useless and
    dangerous in the training of a thoracic surgeon.
                                    Professor R. J. Belcher

      Practice on dogs probably makes a good veterinarian, if that is the kind
    of practitioner you want for your family.
                                    William Held

    [End surgeon quotes]

      Animal life, somber mystery. All nature protests against the
    barbarity of man, who misapprehends, who humiliates, who tortures
    his inferior brethren.
                                    Jules Michelet (historian)

      Mutilating animals and calling it 'science' condemns the human species
    to moral and intellectual hell...this hideous Dark Age of the mindless
    torture of animals must be overcome.
                                    Grace Slick (musician)

    SEE ALSO: #77-#81, #92




このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ