---------------------------------------------------------------------
#85 動物を使って製品の安全性をテストすることのどこがいけないのですか?
---------------------------------------------------------------------



[論拠A]

  動物を使って製品の安全性をテストするということは動物を使い捨て
  や再生産が可能な資源の様に、あるいは個々の生活や利害や望みを持た
  ず、いくらでも取り換えのきくクローンの様に扱うことにほかなりませ
  ん。

  こうしたテストとはあわれな生き物を情け容赦もなく人間の犠牲に供
 しようとする行為です。あるいは一つの種がかかえているリスクを無理
 やり他の種におしつける様なことをあたかも当然であるかの様に考える
 行為です。

  製品の安全性のテストは信じられないほど残酷な行為でもあります。
 悪名高いテストの一つにドレーズ・テストがあります。有害である可能
 性のある製品を動物(通常はウサギ)の目にたらすのです。

  そしてこのテストによって生じた障害の面積や、角膜の混濁や、目が
 赤くなった度合いや、結膜のはれぐあいや目やにの量、もっとひどい場
 合には角膜の水ぶくれや角膜全体の破壊の程度によって、製品の有害性
 が(主観的に)評価されるのです。




[論拠C]

  薬の効果を動物実験で確かめることに対しては科学的見地からも、し
 ばしば疑問が投げかけられています。製品の安全性テストに関してもそ
 れは同様です。

  たとえば、広く行われているテストの一つにLD50(Lethal Dose 50 
 percent; 致死率50%)テストとよばれるものがあります。一定数の動物
 の50%が死ぬまでテスト対象となる製品を強制的に食べさせることでそ
 の製品の毒性の度合いを判断するテストです。

  死ぬまでに数日、あるいは数週間かかる場合があります。死ぬ前にけ
 いれんや嘔吐、呼吸困難、その他の症状をともなうこともしばしばあり
 ます。多くの場合にはこのテストから得られるものは全くなにもありま
 せん;動物たちは単に食べさせられる製品の量があまりに多いために内
 蔵が破裂して死んでいくのです。


  これほどまでに残虐な行為からどうやって有益なデータが得られると
 いうのか不可解に思っているのは動物の権利を支持する人に限りません。
 数多くの毒物学者に加え一部の政府の顧問までもがそうした疑念を抱い
 ています。動物実験は多くの場合に誤った結論や全く役にたたない結論
 をもたらします。製品テストの場合においてもそれは例外ではありませ
 ん。

 ある毒物学者は次の様に書いています。

 「LD50テストの結果を食品添加物の毒性の度合の指針として用いること
  をやめるべき時が来ている事は確かである。このテストから得られる
  結果は、種や、血統や、性別や、栄養状態や、環境の違い、あるいは
  投与時の濃度の違いによってさえ大きく変動するので不正確なもので
  あり、研究を次の段階にすすめる材料ともなり得ない」




[論拠B]

  実際問題として動物を犠牲にしなくても済む方法は色々あります。た
 とえば実験の重複は実験結果をデータベースに登録し管理することによ
 って防げます。実験そのものについても数多くのもっと人道的な代替法
 がすでに使えるようになっています。さらに実験動物の繁殖や管理のた
 めに使われている巨額の予算も新しい代替法の研究のために有効に活用
 することが可能なはずです。

             ACEW




   動物の権利を支持する立場から言えば、動物を用いる毒性テストは
   廃絶されるべきものです。動物は私たちの毒味役ではありません。
   私たちは動物の王様ではありません。

       トム・リーガン(哲学者、動物の権利活動家)



 参照: #86



...............



    -----------------------
    #85  What is wrong with product testing on animals?
    -----------------------

    [PLANK A]
      The practice of product testing on animals treats animals as discardable
    and renewable resources, as replaceable clones with no individual lives,
    no interests, and no aspirations of their own. It callously enlists
    hapless creatures into the service of humans. It assumes that the risks
    incurred by one class of individuals can be forcibly transferred onto
    another.
      Product testing is also unbelievably cruel. One notorious method of
    testing is the Draize irritancy test, in which potentially harmful
    products are dripped into the eyes of test animals (usually rabbits). The
    harmfulness of the product is then (subjectively) assessed depending on
    the size of the area injured, the opacity of the cornea, and the degree
    of redness, swelling and discharge of the conjunctivae, and in more
    severe cases, on the blistering or gross destruction of the cornea.

    [PLANK C]
      The use of animals in medicine is often challenged on scientific
    grounds, and product tests are no exception. For example, one widely used
    test is the so-called LD50 (Lethal Dose 50 percent) test. The toxicity level
    of a product is assessed by force-feeding it to a number of animals until 50
    percent of them die. Death may come after a few days or weeks, and is often
    preceded by convulsions, vomiting, breathing difficulties, and more. Often,
    this test reveals nothing at all; animals die simply because of the volume
    of product administered, through the rupture of internal organs.
      How such savage practices could provide any useful data is a mystery, and
    not just to AR activists. It is seen as dubious by many toxicologists, and
    even by some Government advisers. Animal models often produce misleading
    results, or produce no useful results at all, and product testing is no
    exception. One toxicologist writes: "It is surely time, therefore, that we
    ceased to use as an index of the toxic action of food additives the LD50
    value, which is imprecise (varying considerably with different species, with
    different strains of the same species, with sex, with nutritional status,
    environmental status, and even with the concentration at which the substance
    is administered) and which is valueless in the planning of further studies."

    [PLANK B]
      The truth is that animal lives could be spared in many ways. For example,
    duplication of experiments could be avoided by setting up databases of
    results. Also, a host of humane alternatives to such tests are already
    available, and the considerable sums spent on breeding or keeping test
    animals could be usefully redirected into researching new ones.
                                    AECW

      The animal rights view calls for the abolition of all animal toxicity
    tests. Animals are not our tasters. We are not their kings.
                                    Tom Regan (philosopher and AR activist)

    SEE ALSO: #86




このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ