-----------------------------------------------------------
#87 動物の権利運動には、どのような形態があるのでしょうか?
-----------------------------------------------------------



     ここでは運動という言葉を広義に解釈し、運動とは個人的に現在の状
  態を嘆き悲しむのではなく、実際に行動を起こすことであると定義しま
  しょう。この定義に従うと動物の権利運動の内容は広範囲にわたる事に
  なります。その一方の極には比較的、簡単で無害な行動があり、もう一
  方の極には困難で法律にふれる様な行動があります。

  各個人はその選択肢の中から、自分の立場を決めなければなりません。
 実力行使や違法行為でも道徳にかなっている場合があると考える人もい
 ます;そうした行為を非難する人もいます。あるいはそうした行為が有
 効ではない場合もあります(たとえば、弁護士であれば不法侵入をして
 弁護士の資格をはく脱される様なことになるよりも、法律的手段で動物
 のためになることをした方が有効です)


  以下に、動物の権利運動の例を簡単に紹介します。簡単にできるもの
 から順に紹介していきます。便宜上、運動のカテゴリーを4つに分けま
 す:個人的行動、他人の説得、組織運動、市民的不服従(※1)--です。
 まず、最初は動物の権利を支持するためにできる個人的行動です:
 
  ◆学ぶこと                                           
    --この問題について学習する

  ◆ベジタリアン、ビーガン(※2)               
    --その一員となる

  ◆動物に害を与えない買い物                  
       --動物実験がされている製品を避ける

  ◆動物に害を与えないファッション         
       --皮や毛皮を避ける

      ◆良心的企業への投資              
       --動物を搾取する会社は避ける

  ◆動物に優しい生活習慣          
       --殺虫剤、合成洗剤などは避ける
 
  ◆黄金律(おのれの欲するところを人に施せ※3)
       --これをすべての生き物にあてはめ行動原則とする



    他人の説得とは「言葉を広めていく」過程です。以下はその方法の一
    部です:

     ◆家族や友人に自分の考えを話す
   ◆立法者や新聞、雑誌などに手紙を書く
   ◆本や記事を書く
     ◆ドキュメンタリー・フィルム、ビデオを作る
     ◆ビラ配りをする
     ◆学校、その他の組織に行って講義をする
     ◆株主総会において発言する
     ◆動物実験を監督する"Animal Review Committees"に加わる
     ◆ピケ、ボイコット、デモ、抗議行動
  


     組織運動は、他人の説得の別形態です--他の人が思想を広めていく手
     助けをします。以下はその方法の例です:

     ◆動物の権利に関係する組織に加わる
     ◆動物の権利に関係する組織を時間面、金銭面で援助する
     ◆動物の権利のための組織を設立する
     ◆政界や法曹界に入り、直接、動物の権利のために行動する



  この先の、そして最後のカテゴリーである市民的不服従は、このトピ
   ックの中で最も議論を呼ぶ、結論の出ていない問題です。ここまでで線
 を引く人もいます;引かない人もいます。それは各個人が決めることで
 す。以下は動物の権利の主張のためにされる、実力行使を伴う方法論の
 例です。

     ◆座り込みや占拠

     ◆動物から搾取する行為を行っているさいちゅうの人への妨害や嫌
   がらせ(キツネ狩りの妨害など)       
      これはそうした行為を続けることを困難に、かつ/または、き
          まり悪く思わせようという発想です

     ◆動物から搾取する行為を行っている企業や組織へのスパイ活動や
       潜入
      集められた情報や証拠は動物の権利運動の強力な武器となります

     ◆動物の搾取や虐待にかかわる資産の損壊(実験設備や、店の肉、
       衣類など)
      動物関連産業をコストがかかり儲けの少ないものにしようという
      発想です

     ◆動物から搾取する産業に対する破壊活動(乗り物や建物の破壊など)
   そうした行為を不可能にさせようという発想です

     ◆動物から搾取する行為にかかわっている施設の襲撃(証拠を集めた
       り、破壊したり、動物を解放したりするため)



     こうしてみてくると、動物の権利運動の内容は多岐にわたり、法を順
  守する脅迫などを伴わない行動と、違法行為であり、動物を搾取する産
  業を脅迫する行動に分かれると言えるかもしれません。動物の権利運動
  のほとんどは前者のカテゴリーに入ります。実際、後者のカテゴリーに
  当たる行動(違法行為や脅迫)を非難しつつ、前者の行動を支持するこ
  ともできます。

  動物の権利団体の会合に初めて(多少おびえて)参加しようと考えて
 いる人が過激論者の仲間にされたり、過激な行動を強要されることを心
 配する必要はありません。その人がそこで会うのは、完全に法律を守る
 コンピュータ・プログラマーや、教師や芸術家などといった人たちでし
 ょう(過激な行動をする人たちは、基本的には組織化されていない上に、
 警察の注意を引きつけることになるので、公に会合を開くことはできま
 せん)

              DG




  一人の人間が世界を変えることもできます....人類の歴史上はじめて
  私たちは、地球全体の運命を、私たち自身の手の中に握っているので
  す。
        クリッシー・ハインド(ミュージシャン)



  あなた自身が本当に意味があると思う目的のために尽くせること、そ
  して、ふわふわした利己的でつまらない人間ではなく、本質的なもの
  を支える力となる人間になること;それこそが人生の本当の喜びだ。

    ジョージ・バーナード・ショー(劇作家、1925年ノーベル文学賞)



  個人の良心から生まれた行動ほど力を持つものは他にない。それが
  その良心を結集し、世の中に広める力となっていく。

         ノーマン・カズンズ(作家)


 参照: #5#88#89#90#91#92#93#95


 訳注)
  ※1.市民的不服従(civil disobedience)
     政府の要求や命令に従うことの拒否、特に政府側の譲歩を引
     き出すために行う非暴力的・集団的な反抗;納税拒否など。
     もともとはソローが同名の論文(1849)で、個人の良心に従う
     ことを国家に対する義務に優先させ、そのために違法となる
     場合はそれに対する罰をも甘受することなどを述べたもの。
     (なお、#1にもこれと同じ注釈をつけています)


  ※2.ビーガン(vegan)
      いわば、より厳格なベジタリアン。牛乳、卵等を含めて動物性の
      食品を一切、食べないほか、革製品なども使わない。


  ※3.黄金律(the golden rule)
      マタイによる福音書7:12、ルカ福音書6:31の教訓でしばしば
           キリストの教えのかなめと目されてきた行動規範;
      俗に'Do as you would be done by'(おのれの欲するところ
           を人に施せ)と簡約される。






...............



    -----------------------
    #87  What are the forms of animal rights activism?
    -----------------------

      Let us first adopt a broad definition of activism as the process
    of acting in support of a cause, as opposed to privately lamenting
    and bemoaning the current state of affairs. Given that, AR activism
    spans a broad spectrum, with relatively simple and innocuous actions
    at one end, and difficult and politico-legally charged actions at the
    other. Each individual must make a personal decision about where
    to reside on the spectrum. For some, forceful or unlawful action is
    a moral imperative; others may condemn it, or it may be impractical
    (for example, a lawyer may serve animals better through the legislative
    process than by going on raids and possibly getting disbarred).
    Following is a brief sampling of AR activism, beginning at
    the low end of the spectrum.
      The spectrum of action can be divided conveniently into four zones:
    personal actions, proselytizing, organizing, and civil disobedience.
    Consider first personal actions. Here are some of the personal actions
    you can take in support of AR:

       Learning -- Educate yourself about the issues involved.
       Vegetarianism and Veganism -- Become one.
       Cruelty-Free Shopping -- Avoid products involve testing on animals.
       Cruelty-Free Fashion -- Avoid leather and fur.
       Investing with Conscience -- Avoid companies that exploit animals.
       Animal-Friendly Habits -- Avoid pesticides, detergents, etc.
       The Golden Rule -- Apply it to all creatures and live by it.

      Proselytizing is the process of "spreading the word". Here are some of
    the ways that it can be done:

       Tell your family and friends about your beliefs.
       Write letters to lawmakers, newspapers, magazines, etc.
       Write books and articles.
       Create documentary films and videos.
       Perform leafletting and "tabling".
       Give lectures at schools and other organizations.
       Speak at stockholders' meetings.
       Join Animal Review Committees that oversee research on animals.
       Picket, boycott, demonstrate, and protest.

      Organizing is a form of meta-proselytizing--helping others to spread
    the word. Here are some of the ways to do it:

       Join an AR-related organization.
       Contribute time and money to an AR-related organization.
       Found an AR organization.
       Get involved in politics or law and act directly for AR.

      The last category of action, civil disobedience, is the most
    contentious and the remaining questions in this section deal further
    with it. Some draw the line here; others do not. It is a personal
    decision. Here are some of the methods used to more forcefully assert
    the rights of animals:

       Sit-ins and occupations.
       Obstruction and harassment of people in their animal-exploitation
         activities (e.g., foxhunt sabotage). The idea is to make it more
         difficult and/or embarrassing for people to continue these
         activities.
       Spying and infiltration of animal-exploitation industries and
         organizations. The information and evidence gathered can be
         a powerful weapon for AR activists.
       Destruction of property related to exploitation and abuse of
         animals (laboratory equipment, meat and clothes in stores, etc.).
         The idea is to make it more costly and less profitable for these
         animal industries.
       Sabotage of the animal-exploitation industries (e.g., destruction
         of vehicles and buildings). The idea is to make the activities
         impossible.
       Raids on premises associated with animal exploitation (to gather
         evidence, to sabotage, to liberate animals).

      It can be seen from the foregoing material that AR activism spans a
    wide range of activities that includes both actions that would be
    conventionally regarded as law-abiding and non-threatening, and actions
    that are unlawful and threatening to the animal-exploitation industries.
    Most AR activism falls into the former category and, indeed, one can
    support these actions while condemning the latter category of actions.
    People who are thinking, with some trepidation, of going for the first
    time to a meeting of an AR group need have no fear of finding themselves
    involved with extremists, or of being coerced into extreme activism.
    They would find a group of exceedingly law-abiding computer programmers,
    teachers, artists, etc. (The extreme activists are essentially unorganized
    and cannot afford to meet in public groups due to the unwelcome attention
    of law-enforcement agencies.)
                                    DG

      One person can make all the difference in the world...For the first time in
    recorded human history, we have the fate of the whole planet in our hands.
                                    Chrissie Hynde (musician)

      This is the true joy in life; being used for a purpose recognized by
    yourself as a mighty one, and being a force of nature instead of a
    feverish, selfish little clod.
                                    George Bernard Shaw (playwright, Nobel 1925)

      Nothing is more powerful than an individual acting out of his
    conscience, thus helping to bring the collective conscience to life.
                                    Norman Cousins (author)

    SEE ALSO: #5, #88-#93, #95


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ