----------------------------------------------------------------
#90 法律を破る様な過激な運動(例えば、器物の損壊など)は間違った
       ことではないのでしょうか?
----------------------------------------------------------------



  法律も道徳に反している場合があり、法を破ることを正当化できる場
  合が、あり得る事は、歴史全体を通して、数々の偉大な人物が、証明し
 てきました。いかなる場合であろうとも、法を破ることに反対するとい
 うのであれば、以下の様な人たちも非難しなければならないはずです:

  天安門広場におけるデモへの参加者
  ボストン茶会事件への関与者
  マハトマ・ガンジーとその信奉者
  第二次世界大戦におけるレジスタンスの戦士
  ポーランドにおける「連帯」の活動
  ベトナム戦争の時に徴兵カードを燃やした若者たち

 こうしたリストはほとんど無限に続けることができるでしょう。


  別の言い方をすれば、法律が私たちの道徳上の信念を反映していない
 場合もあるということです。第二次世界大戦の終結後に、連合国側はニ
 ュールンベルグ裁判において、ナチスの戦犯に十分な求刑をするために、
 急いで、新しい法律を作らなければなりませんでした。デイブ・フォア
 マンは道徳と国家権力の法律とは区別しなければならないと指摘してい
 ます。

  私たちが、ここでとりあげている問題に関して、この話は当てはまら
 ないという反論もあると思います。つまり、器物を損壊する事を禁じる
 法律は道徳に反するものではないので、私たちはその法律を守らなけれ
 ばならないとする意見です。しかし、この事の判断には、別の原則が関
 与してくる場合もあり得るのです。もしある法律が道徳に反する行動を
 擁護したり、道徳に反する状況に対する私たちの闘争を制限したり、邪
 魔だてしたりする場合には、法を破ることを正当化できるかもしれませ
 ん。

  最終的にはその判断は各人により、その良心に基づいてなされるもの
 です。

               DG




  法をまじめに守る事は、言うまでもなく、国民として最も大切な
  つとめの一つである。しかし、それは何事にも優先する義務とい
  うわけではない。

      トーマス・ジェファソン(アメリカ第3代大統領)
     



  法律を破ったらどうだ?

      ヘンリー・デビッド・ソロー(随筆家、詩人)


 参照: #89#91
    


...............



    -----------------------
    #90  Isn't extreme activism involving breaking the law (e.g., destruction
        of property) wrong?
    -----------------------

      Great men and women have demonstrated throughout history that laws
    can be immoral, and that we can be justified in breaking them. Those
    who object to law-breaking under all circumstances would have to
    condemn:

        The Tiananmen Square demonstrators.
        The Boston Tea Party participants.
        Mahatma Gandhi and his followers.
        World War II resistance fighters.
        The Polish Solidarity Movement.
        Vietnam War draft card burners.

    The list could be continued almost indefinitely.
      Conversely, laws sometimes don't reflect our moral beliefs. After
    World War II, the allies had to hastily write new laws to fully prosecute
    the Nazi war criminals at Nuremburg. Dave Foreman points out that there
    is a distinction to be made between morality and the statutes of a
    government in power.
      It could be argued that the principle we are talking about does not apply.
    Specifically, the law against destruction of property is not immoral,
    and we therefore should not break it. However, a related principle can
    be asserted. If a law is invoked to defend immoral practices, or to
    attempt to limit or interfere with our ability to fight an immoral
    situation, then justification might be claimed for breaking that law.
      In the final analysis, this is a personal decision for each person
    to make in consultation with their own conscience.
                                    DG

      Certainly one of the highest duties of the citizen is a scrupulous
    obedience to the laws of the nation. But it is not the highest duty.
                                    Thomas Jefferson (3rd U.S. President)

      I say, break the law.
                                    Henry David Thoreau (essayist and poet)

    SEE ALSO: #89, #91





このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ