----------------------------------------------------------------
#91 過激な行動は動物の権利運動の評判を落とすことにつながるのでは
       ないでしょうか?
----------------------------------------------------------------



  これは重要な問題であり、じっくりと検討する必要があります。もし、
 誰かの行動が過激派との、らく印をおされれば、穏健な人々の行動にも
 泥をぬり、穏健な人々の発言によって得られた、せっかくの成果を台な
 しにしかねない様な反発をまねくのではないか--というのが、この意見
 の論旨です。

  こうした「反発」に対する指摘は歴史上にも前例があります。マーチ
 ン・ルサー・キングが人種隔離政策に反対して、不服従運動を展開した
 時にも同様の警告がなされました。もし、キング牧師がこの警告に屈し
 ていたならば、公民権や選挙権を認める法律は成立していたでしょうか?

  デイブ・フォアマンはその著書"Confessions of an Eco-Warrior"
 (「環境戦士の告白」)の中で、ベトナム反戦運動における過激派たち
 が、戦争を長引かせ、「ちゃんとした」反対派たちの邪魔をしていると
 非難された、と指摘しています。しかし、だんだんと戦闘的になってき
 たデモにおそれをなしたニクソン大統領は、戦争を更に拡大することが
 できず、声高の抗議運動は最後には戦争推進派をくじけさせました。

  こうした、反発を引き合いに出す議論は、運動の反対派からは必ず口
 に出される、お決まりのものなのです。過激な行動が含まれていようが、
 いまいが、現状をおびやかす様な運動に対して反発があるのは当然のこ
 とです。本当に考えなければいけない問題とは「過激な行動に対する反
 発により失うものは、その行動によって得られるものよりも大きいのか?」
 という事です。

  この問題は一概に答えが出せるものではありません。私たちはその回
 答を皆様の見識にゆだねたいと思います。以下の2冊の本は、判断に役
 立つかもしれません:
 イングリッド・ニューカークの"Free the Animals"と
 ピーター・シンガーの "In Defense of Animals" (訳注>翻訳は『動物
 の権利』として技術と人間社より出版されました)です。

 下記の意見はデイブ・フォアマンの著作の中からの要約です。

  過激な運動が、洗練された政治戦術でもあるのは次の様な意味におい
  てである:
  ・マスメディアからは、無視される様な問題を明らかにし、大衆の前
   にさらけだすことを、可能にする
  ・法律を順守する組織からの「合法的」圧力にはびくともしない、企
   業や政府機関に対し、プレッシャーをかけることができる
  ・運動全体の幅を広げることによって、主流派が行う陳情が、過激な
   ものに思われなくなる

               DG




   もし、私たちが残虐な行為や間違った行いを見たにもかかわらず、
   何も手を打たなかったとすれば、私たち自身もその罪の共犯者と
   なる:それが私の見解だ。

           アナ・スーエル(作家)



   争いなきところには、進歩もない。自由を支持しておきながら運
   動を非難するのは、雨を望みながら雷と稲光を拒み、大洋を望み
   ながら海鳴りを拒む様なものだ。権力者は、要求なしには何一つ
   譲歩はしない。これまでもそうだったし、これからもそうだ。

        フレデリック・ダグラス(奴隷制度廃止論者)


 参照: #87#88#89#90


...............



    -----------------------
    #91  Doesn't extreme activism give the AR movement a bad name?
    -----------------------

      This is a significant argument that must be thoughtfully considered.
    In essence, the argument says that if your actions can be characterized
    as extremist, then you are besmirching the actions of those who are
    moderate, and you are creating a backlash that can negate the advances
    made by more moderate voices.
      The appeal to the "backlash" has historical precedent. Martin Luther
    King heard such warnings when he organized civil-disobedience protests
    against segregation. Had Dr. King yielded to this appeal, would the
    Civil Rights and Voting Rights Acts have been passed?
      Dave Foreman, writing in "Confessions of an Eco-Warrior", points out
    that radicals in the anti-Vietnam War movement were blamed for prolonging
    the war and for damaging the "respectable" opposition. Yet the fear of
    increasingly militant demonstrations kept President Nixon from escalating
    the war effort, and the stridency eventually wore down the pro-war
    establishment.
      The backlash argument is a standard one that will always be trotted out
    by the opponents of a movement. Backlash can be expected whenever the
    status quo is challenged, regardless of whether extreme actions are
    employed. The real question to ask is: Does the added backlash outweigh
    the gains achieved through extreme action? The answer here is not clear
    and we'll leave it to the informed reader to make a judgement. Two
    books that might help in assessing this are "Free the Animals" by
    Ingrid Newkirk, and "In Defense of Animals" by Peter Singer.
      The following argument is paraphrased from Dave Foreman: Extreme action
    is a sophisticated political tactic that dramatizes issues and places them
    before the public when they otherwise would be ignored in the media,
    applies pressure to corporations and government agencies that otherwise
    are able to resist "legitimate" pressure from law-abiding organizations,
    and broadens the spectrum of activism so that lobbying by mainstream
    groups is not considered "extremist".
                                    DG

      My doctrine is this, that if we see cruelty or wrong that we have
    the power to stop, and do nothing, we make ourselves sharers in
    the guilt.
                                    Anna Sewell (author)

      If there is no struggle, there is no progress. Those who profess to
    favour freedom, and yet deprecate agitation, are people who want rain
    without thunder and lightning. They want the ocean without the roar of
    its many waters. Power concedes nothing without a demand. It never did
    and it never will.
                                    Frederick Douglass (abolitionist)

    SEE ALSO: #87-#90




このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ