----------------------------------------------------------------
#94 動物の権利運動に関係する人々を簡単に紹介してもらえませんか?
----------------------------------------------------------------



トム・レーガン(TOM REGAN)  ノース・カロライナ州立大学の哲学教授。

  彼の書いた "The Case For Animal Rights" (「動物の権利の擁護論」)
 は、近年の動物の権利に関する著作としてはおそらく最も優れたもので
 しょう。内容は簡単ではありませんが、苦労してでも読み、勉強する価
 値があります。この問題に真剣に関心を持つ人であれば、この厳密に論
 じられた動物の権利の擁護論を読むべきです。

  この本は論拠の核心となる固有の価値の理論から始まっています。こ
 の固有の価値という概念は、17世紀以来、人間の自由権を拡大してい
 く上で重要な役割を果たしてきました。19世紀には、この概念が人間
 以外の動物にも適用され始めました。人間の権利が発展する上において
 も、動物の権利の発展のためにも、固有の価値という概念は今なお重要
 かつ必要不可欠な地位を保ち続けています。

  この本よりは読みやすく、かつ十分ためになるレーガンの本としては、
 "The Struggle for Animal Rights"(「動物の権利のための戦い」)が
 あります。もっと難しい彼の著作にとりかかる前にこの本を読んでおく
 のも良いかもしれません。



ピーター・シンガー(PETER SINGER) メルボルン、モナシュ大学の哲学教授

   『動物の解放』( "Animal Liberation" )の著者として有名です。
 この本はおそらく、動物の権利哲学に関する本としては最も広く読まれ
 ているでしょう。多くの人が間違った思い込みをしていますが、シンガ
 ーはレーガンとは違って、全廃論者ではありません。功利主義的な立場
 をとるシンガーは、特定の状況下においては、動物を殺すことを肯定す
 る可能性や必要性がある事を認めています。この事がしばしば、見落と
 されがちなのは、動物の虐待の多くが露骨かつ明白なものであるために、
 レーガンの見解とシンガーの見解は、食い違う場合よりも一致する場合
 の方がはるかに多いためです。

 その他のシンガーの重要な著作としては、
 『動物の権利』( "In Defense of Animals" )や
 『アニマル・ファクトリー』( "AnimalFactories" )があります。



メアリー・ミッドグレイ(MARY MIDGLEY)  ニュー・キャッスル大学の
                      哲学の先任講師。

  ミッドグレイの書いた、"Beast and Man" (「動物と人間」)はその
 内容に見合うだけの注目を集めてはいません。ミッドグレイは動物に関
 する科学的な発見や考察を重視し、最新の生物学や動物行動学に正面か
 らとりくむことから、動物を尊重して扱うべきだとする、道徳的根拠を
 提示しています。

  人間はまず第一に「動物」であり、私たちが道徳や自分自身を理解す
 る上においては、人間と他の動物との共通点の方が、しばしば誇張され
 がちな相違点よりも重要であるとして、この本の中では事実と価値を分
 ける「ヒュームの分岐(※)」(或いはいわゆる論理的な分岐)を慎重
 にしりぞけています。


  
 ※訳注:原文では 'Humean fork' となってますが一般的には
 'Hume's Fork' と呼ばれているみたいです。上の文にある様に
 事実と価値は区別すべきという考え方。この箇所に関しある方
 からコメントを頂きましたので引用させてもらいます。

 「近年では、事実からある程度価値を肯定したり、事実が価値判断の
  重要な前提になっているという議論があるのだと思います。
  動物と植物との違いや、人間と動物との共通性は、事実の問題とし
  てあり、そこからある程度価値判断が出てくるということではないかと」



キャロル・アダムス(CAROL ADAMS) 作家。

  アダムスの著書、"The Sexual Politics of Meat" (「肉の性的な政
 略」)は私たちが無意識に使っているメタファー(隠喩、比喩)が持つ
 政治的な含みを指摘することによって、文化的な分析と道徳的な分析を
 結びつけることに大きく貢献してします。
 この本の中で彼女がまず最初に分析しているメタファーが肉に関するも
 のです。肉のメタファーはよく女性に対して使われてきました。しかし、
 こうしたメタファーの持つ、最も陰険な側面は肉のために殺される生き
 物の存在を隠そうとしていることです。私たちの皿の上にあるのは「牛
 (cow)」ではなく、「ビーフ」です。動物を殺していくシステムは女性
 を抑圧しているシステムと同じものである;それゆえにベジタリアニズ
 ム(菜食主義)とフェミニズムの間には重要かつ、明白なつながりがあ
 る、とアダムスは論じています。



リチャード・ライダー(RICHARD RYDER) オックスフォード、ワーンフォード病院の
                      臨床心理学主任。

  ライダーは「スピーシシズム(種差別)」という重要な用語を最初に
 使った人間です。その著書、"Animal Revolution" (「アニマル・
 リヴォルーション」)の中で彼は、歴史的概観および批評的分析の両面か
 ら、動物の福祉や動物に対する人間の姿勢を考察しています。



ヘンリー・ソルト(HENRY SALT) 1851-1939

  ソルトは、学校や刑務所や社会の改革、そして人間の動物に対する扱
 いの改革に取り組んだ偉大な社会改革家です。彼はガンジーに対しても
 重大かつ重要な影響を与えました。

  彼の著書、"Animals' Rights" (「動物の権利」)は、この言葉をは
 じめて表題に使ったものであり、本の中で彼は動物の権利に関する議論
 の本質のほとんどすべてを明らかにしています。今日、私たちが目にし
 ているのは、その議論をより進化させ洗練した形であるわけです。
   この本には同時に18世紀と19世紀、彼以前に動物の問題にとりく
 んだ作家たちの経歴に関する優れた記述も含まれています。



ビクトリア・モラン(VICTORIA MORAN) 作家

  モランの著書、"Compassion the Ultimate Ethic"(「同情;根本的倫
 理」)は論証的な側面よりも、おそらくより根源的かつ直観的な根拠か
 ら動物の権利をとらえることに大きく貢献しています。



マージョーリー・スピーゲル(MARJORIE SPIEGEL) 作家

  スピーゲルの著書、"The Dreaded Comparison" (「恐るべき類似」)
 はアメリカに連れて来られた黒人奴隷の受けた扱いと動物が受けている
 扱いとの比較に挑んだ、薄いながらも意欲的な本です。文章や写真や絵
 を通じて、スピーゲルはこの二つのシステムの間の驚くべき類似性を明
 らかにしています。奴隷船の中にぎゅうぎゅうに詰め込まれた奴隷達の
 絵は、ケージに詰め込まれた鶏たちの写真に呼応します。口輪をはめら
 れた女性の絵は、口輪をはめられた犬の絵に対応します。その類似性は
 顕著であり示唆的です。ここまで、はっきりと、あからさまに動物に対
 する残酷な行為を、人間の人身売買になぞらえて書いた人は、他にはほ
 とんど、いませんでした。

              TA





 人物リストを、ほどよい長さに留めておくのは、なかなか難しいことで
 す。もう若干、有名な人たちを紹介しておきます:



スティーブン・R・L・クラーク(STEPHEN R. L. CLARK)
   リバプール大学の哲学教授。


マイケル・W・フォックス(MICHAEL W. FOX)
   米国動物愛護協会の副会長。アメリカにおいては有名な獣医であり、
   動物の権利運動家である。


ロニー・リー(RONNIE LEE)
   Animal Liberation Front(ALF: 動物解放戦線)の創設者。


ジム・メイスン(JIM MASON)
   弁護士、ジャーナリスト。


イングリッド・ニューカーク(INGRID NEWKIRK)
   People for the Ethical Treatment Animals(PETA: 動物の倫理的
   扱いを求める人びとの会)の共同創設者であり、著名な活動家。


アレックス・パチェコ(ALEX PACHECO)
   PETAの共同創設者。シルバースプリングにおけるサルへの虐待を暴
   露した。


   ※訳注 1981年、パチェコはアメリカ、メリーランド州シルバース
       プリングの行動科学研究所にボランティアとして潜入し、
       研究所での実験に使われていたサルに対する虐待の証拠を
       集め、研究所所長のエドワード・タウブ博士を告発した。


ヴァレリー("VALERIE")
   米国における、ALF(動物解放戦線)の創設者。


                DG








...............



-----------------------
#94  Can you give a brief Who's Who of the AR movement?
-----------------------

TOM REGAN -- Professor of Philosophy at North Carolina State University.
His book "The Case For Animal Rights" is arguably the single best recent
work on animal rights. It is a demanding text but one that is well worth
the effort to read and study carefully.  Everybody that is seriously
interested in the issues should read this rigorously argued case for AR.
It starts with some core concepts of inherent value theory, the same
concepts that played an important and significant role in the progress of
human civil liberties since the 17th century and which began to be
extended to nonhumans during the 19th century. The notion of inherent
value continues to be vital and important for progress in both human and
animal rights.  A less demanding but still informative book by Regan is
"The Struggle for Animal Rights".  One might wish to first read this book
before tackling Regan's more difficult text.

PETER SINGER -- Professor of Philosophy at Monash University, Melbourne.
Singer is best known for his book "Animal Liberation", probably the most
widely read book on AR philosophy.  Singer, unlike Regan, is not an
abolitionist as many people incorrectly surmise. His utilitarian position
allows for the possibility or necessity of killing animals under certain
circumstances.  What is often lost sight of is that the obvious and patent
abuses of animals covers so much ground that both Regan and Singer share
common views on far more issues than those on which they differ.  Other
important books by Singer include "In Defense of Animals" and "Animal
Factories".

MARY MIDGLEY -- Senior Lecturer of Philosophy at the University of
                Newcastle.
Midgley's book "Beast and Man" has not been given the attention that it
deserves. She deals with the contemporary facts of biology and ethology
head-on to provide an ethical argument for the respectful treatment of
animals that takes seriously scientific discoveries and thoughts about
animals. The "Humean fork" (or so-called logical divide) between facts and
values is here carefully crossed by observing that we are foremost
"animals" ourselves and that the similarities between ourselves and other
animals is more important and relevant for our ethics and
self-understanding than are the often over-inflated differences.

CAROL ADAMS -- Author.
Adams' book "The Sexual Politics of Meat" has made a valuable contribution
in combining cultural and ethical analysis by pointing out the political
implications of the metaphors we unthinkingly employ. The primary
metaphors she analyses in her book relate to meat. Such metaphors have
been applied to women, but the most insidious aspect of the metaphors is
the way that they hide the life that is killed to produce meat. Instead of
"cow", we have "beef" on our plates. Adams argues that the system that
kills animals is the same system that oppresses women; hence, there is an
important and striking connection between vegetarianism and feminism.

RICHARD RYDER -- Senior Clinical Psychologist at Warneford Hospital,
                 Oxford.
Ryder is the originator of the key term "speciesism".  Ryder's book
"Animal Revolution" provides both an historical perspective and a
critical analysis of animal welfare and attitudes towards animals.

HENRY SALT -- 1851-1939.
Salt was a remarkable social reformer who championed the humane reform of
schools, prisons, society, and our treatment of animals. He also exerted a
critical and important influence upon Gandhi. His book "Animals' Rights"
was the first to use that title and therein he gives voice to almost all
of the essential arguments for AR that we see being advanced and refined
today. The book provides an excellent biography of earlier European
writers on animal issues during the 18th and 19th centuries.

VICTORIA MORAN -- Author.
Moran's book "Compassion the Ultimate Ethic" makes a fine contribution
regarding the less discursive but perhaps more fundamental intuitive basis
for animal rights.

MARJORIE SPIEGEL -- Author.
Spiegel's book "The Dreaded Comparison" is a slim but courageous volume
comparing the treatment of African-American slaves and the treatment of
nonhuman animals. In text and pictures, Spiegel discloses remarkable
similarities between the two systems. A picture of slaves packed into
a slave ship is matched with a photograph of battery hens. A picture
of a woman in a muzzle is paired with a picture of a dog in a muzzle.
The parallels are striking and revealing. Few other writers have been
as open or as unequivocal as Spiegel in likening cruelty to animals to
traffic in human beings.
                                TA

  It is hard to keep a Who's-Who list at a reasonable length. Here are
a few other prominent people:

STEPHEN R. L. CLARK -- Professor of Philosophy at Liverpool University.
MICHAEL W. FOX -- Vice President of Humane Society of the US, nationally
                  known veterinarian, and AR activist.
RONNIE LEE -- Founder of the Animal Liberation Front (ALF).
JIM MASON -- Attorney and journalist.
INGRID NEWKIRK -- Co-founder of People for the Ethical Treatment of
                Animals (PETA); prominent activist.
ALEX PACHECO -- Co-founder of PETA; exposer of the Silver Spring monkeys
                abuses.
"VALERIE" -- Founder of ALF in the United States.
                                DG





このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ