**** バックウオーター その1 ****



.


今回のインドで行ったのはケララ州だけである。
ケララは、インドの南西部、ほぼ最南端近くに位置する。
最南端(コモリン岬)自体は別の州(タミル・ナドゥ)に属しているが。

ケララは近年、旅行者(特に白人旅行者)の間で、人気急上昇らしい。
Lonly Planet(白人バックパッカー御用達のガイドブック)でもケララと
いうのが、一冊出たくらいである。

インドで最も美しい州はケララかもしれない。
インドは全体をみると乾燥した、暮らすには過酷な地域が大半を占めるが、
このケララは、本当に自然に恵まれたところだ。ヤシ木のはえしげる南国
というイメージにもっとも近いのがケララである。


そのケララの観光の目玉となるのが、バックウオーターめぐりだ。

バックウオーターというのを、どう訳せばいいのか良く分からないが、沿
岸部から内陸にかけて、川や湖や運河などが入り組んだ地域といったとこ
ろだろうか。そうした場所を舟で旅するのが、観光客にとっての楽しみで
ある。

(そう言えばと、『河童が覗いたインド』を出してきて見たら、「水郷」
 と書いてあった。なるほど)


.
.

こうしたバックウオーター観光の拠点となる街がアレッピーやクイロンで
ある。上記、2枚の写真は、モンローアイランドという場所にある村を、
手漕ぎの舟でまわるツアーに参加した時のもの。クイロン発のツアーだっ
た。ツアーと言っても、この時は私の他には、もう一人ドイツ人がいただ
けだが。

ほとんど、貸切状態の舟でこんな美しい風景の中を行くのはまるで天国に
いるみたいだった。

しかし、観光客にとっては天国だが、毎日毎日「観光」に来られるのは、
村の人にとっては、どんなもんなんだろう。みんな、にこにこととても愛
想よくしてくれたが。






.
.


バックウオーターは野鳥の宝庫でもある。
私は特にそうでもないが、鳥好きの人には、きっとたまらないと思う。

上の写真に写っているのは(よく分からないかもしれないが)、
Kingfisher--カワセミ。

でも、ケララでKingfisherと言えば、なんと言ってもビールの名前だ。



.
.
.

これが、Kingrfisherビール。

「ケララでのビールは三種類からえらぶことができる。Kingfisherか
 Kingfisherか、Kingfisherである」

と、どっかに書いてあったが、だいたいその通りである。
どこで頼んでもたいていこれしか出てこない。

一つだけ問題がある。

あまり、美味しくない・・のだ。

あるいは、「あまり美味しくない」という言い方はやや好意的にすぎるか
もしれない。

「あー、のどが乾いた、ビールビール」という状態の時にやっとビールを
飲める場所を見つけて(インドではこれがそう簡単に見つかるとは限らな
い)、目の前に置かれたこのKingfisherをぐびぐびと飲むと、・・まずか
ったり・・するのだ。

このシチュエーションで美味しくないならビールをやめた方がいい。
いや、やめるべきなのはビールを飲むことか・・

と言ってもこれしかないから、結局、毎日の様に飲むことになる。
まあ、良く冷えてないのが出てくることが多いせいもある。
良く冷えていれば・・美味しいとまではいかなくても・・まあ飲める。

日本のインド料理屋には良く、インドのビールが置いてあることがあるが
わざわざ、ああいうのを飲む人の気がしれない。まあ、話の種に一回くら
い飲むのもいいかもしれないが。。








.
.
.





次の写真に進む
写真旅行記 目次ヘ戻る


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ