**** 香港 その1 ****



.
正月の飾り付けをした果物店(・・かな)
ただし、開いている店はごくわずか。



香港についたのは、1月23日の夕方。
次の日の午前中に通りに出ると、なぜかほとんどの店がしまっている。
店を空ける時間が遅いのかと思っていたが、博物館に行っても閉まってい
る。そこの張り紙を見て、ようやく旧正月の休みだという事を理解する。

香港では(というか中国文化圏と言った方がいいかもしれないが)、西暦
の正月よりも、旧正月を盛大に祝うらしい。正月の三賀日が休みになり、
店はほとんど閉まってしまう。日本の正月と雰囲気も似てるが、店の閉ま
り方は、最近の日本などよりはるかに徹底している。

今回の旅行では、1月24日から26日までの三日間、香港に滞在した。
旧正月のことなんて何もしらず、たまたまそういう日程になっただけだが、
その三日間が、まるまる正月の三賀日と重なってしまった。やれやれ。







.
.



正月と言っても、店や博物館はほとんど、閉まってしまうし、わずかに開
いてる飲食店も正月料金になったりするしで、観光客にとっていいことは、
ほとんど何もない。ある店では正月料金よりさらに高い「日本人料金」を
とられそうになった(漢字は見当がつくから、日本語メニューと中国語メ
ニューの値段の差に気づいたのだ)文句を言ってけんかし、結局、日本人
料金は払わなかったが。


ただ、正月の花火を見ることができたのはラッキーだった。この花火のこ
とも全然、知らなかったが、たまたま九龍の中心地の安宿に泊まっていた
せいで、花火が始まるとすぐ、かけつけることができた。

花火は香港島と九龍の間の海で盛大に打ち上げられた。3箇所からタイミ
ングを合わせて同時に上がる。なかなかの迫力でさすが本場(なんとなく
イメージとしてだが)という感じだった。





何もかも閉まっているので、時間を持て余し気味になり、ランタオ島
(空港のある島)のPo Lin寺に出かけてみる。野外大仏で有名なお寺。
人々がお参りしている雰囲気も日本の初詣とそっくり。
お線香は日本のよりもはるかに巨大で迫力があるが。







.



寺は、大勢の人でにぎわっていたが、ちょっと寺の裏手に回るとそこはま
るで人気のない山の中だった(ランタオ島には、空港ができたものの島の
大部分にはまだ、自然が残っている)

その山の中を、牛の群れが文字通り道草を食いながら、のそのそと歩いて
いた。牛について歩いている人の姿も見当たらない。
どうも、野良牛だという説が有力の様である。





次の写真に進む
写真旅行記 目次ヘ戻る


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ