20万年ほど前、西表島が最終的にアジア大陸から離れたとき、大陸のベンガルヤマネコから分岐しました。
1965年に発見され、1977年に国の特別天然記念物に指定。
ツシマヤマネコとともに1993年4月に施行された『
絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存法』に基づく保護対象種(希少種)。現在、その生息数は
100頭と推定されています。
イリオモテヤマネコ

サイズはイエネコと大差ありません。
四肢は短く胴長。粗い体毛と太い尾をもちます。
背中は黒褐色、胴の側面は灰褐色で
暗色の小さな斑模様がみられます。



トップ〕→イリオモテヤマネコについて。