ネコの病気
予防注射で予防できる病気
ネコも生き物です。
病気をしたり、体調を崩す事もあります。
しかしながら、ネコは喋る事ができません。日々の手入れやスキンシップで
体の変化にいち早く気づいてあげましょう。

まず、ここでは予防注射などで予防できるネコの伝染病について書かせて頂きます。
人畜共通感染症はありませんが、感染してしまうと完治できなかったり、
死亡率の高い病気もあるので気をつけたいですね。

猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)FPL
原因:ウイルス
予防法:ワクチン接種

パルボウイルスの感染により起こります。
(ネコとイヌのパルボウイルスはお互いに感染する事はありません。)
潜伏期は3〜4日。
仔猫の場合は死亡率が高くなります。

症状:
嘔吐、黄灰色や血色の下痢便・・など。

感染経路:
排泄物(便)や嘔吐物の中に多くのウイルスが含まれる。
ウイルスは経口により感染。

治療:
輸液や抗生剤投与による対処療法、維持療法。
猫カリシウイルス感染症(FCR)
原因:ウイルス
予防法:ワクチン接種

猫カリシウイルス(FCR)が原因で起こります。
症状は人間の風邪に似ています。
猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)との混合感染も多く、症状だけでの区別は困難です。
治療が遅れれば、慢性の蓄膿症(副鼻腔炎)になる事もあります。

症状:
食欲減退、発熱、口内潰瘍・・など。

感染経路:
くしゃみや鼻水などによる飛沫感染。

治療:輸液や抗生剤投与による対処療法、維持療法。
猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)
原因:ウイルス
予防法:ワクチン接種

猫ヘルペスウイルス(FHV-1)が原因で起こります。
症状は人間の風邪に似ています。
猫カリシウイルス感染症(FCR)との混合感染も多く、症状だけでの区別は困難です。
治療が遅れれば、慢性の蓄膿症(副鼻腔炎)になる事もあります。


症状:
食欲減退、くしゃみ、鼻水、目やに、発熱・・など。
感染経路:
くしゃみや鼻水などによる飛沫感染。

治療:輸液や抗生剤投与による対処療法、維持療法。
猫白血病ウイルス感染症(FeLV)
原因:ウイルス
予防法:ワクチン接種(接種前にウイルス検査を行います。)

感染したウイルスの量やネコの状態から様々な反応がおこります。
感染したネコは、猫白血病ウイルスのキャリアとなり、ウイルスを排出し続けます。
抵抗力が低下し、発症すれば、うち80%は3年以内に死亡します。
外のネコに餌をあげる人が多いと、感染する機会がいくらでもあり、感染してしまうと完治させること
のできない怖い病気です。

拾ったネコは、高い確率でウイルスを持っている事が多いので、他にネコを飼っている場合は検疫
期間を設けて、すぐに接触をさせるような事は避けた方が賢明です。

症状:

発熱、リンパ節の腫大、下痢、腎炎、貧血・・など。

感染経路:
唾液の中にウイルスが多く含まれる。
グルーミングや食器などを介して経口感染。

治療:発症した場合、輸液や抗生剤投与による対処療法、維持療法。

■犬糸状虫症(フィラリア症)
原因:寄生虫
予防法:予防薬(ミクロフィリラリア駆虫薬)の投与

フィラリアといわれる、白いそうめん状の寄生虫が心臓に寄生する厄介な病気。
フィラリア成虫が心臓に寄生することにより、心臓に負担がかかり心肥大や肝硬変などの病気も引き起こす。
イヌではよく知られた病気ですが、ネコの場合はまだ一般的ではありません。
近年、猫用のフィラリア予防薬が発売されましたが、猫用のフィラリア成虫抗原検査キットが発売されていな
いために、積極的に奨める動物病院が少ないからでしょう。
しかしながら、感染してしまった場合は症状が深刻な為、重要性が問われています。


症状:
咳、血色尿、腹水の貯留、失神・・など。

感染経路:
感染犬の血液中のミクロフィラリアを蚊が媒介。

治療:対処療法などで延命する方法がとられる場合もあります。


ホーム ネコの街に戻る