Puff The Music Dragon

わたしは今までこの歌のことを、「ジャッキーがパフというドラゴンと知り合い、友達になったが、ジャッキーが成長して大人になり、他に面白いことが出来て興味が移り、パフのことを忘れていく」ものだと思っていました。
ところがどうも1説によると、この歌は「反戦」の意味が込められているらしい。(麻薬撲滅説もあり)
ジャッキーはパフのことを忘れたわけではなく、戦争に行ったためにパフと会えなくなった、ということなのでしょうか。
いろいろな解釈があるのでどれが正解とはいえないでしょう。

反戦の思いが込められているのならば、この歌詞の悲しさも少しは理解できます。
初めて聞いたのは、たまたまつけっぱなしにしていたNHKの「おかあさんといっしょ」だった。かわいらしいメロにふと耳がダンボになり、歌詞のテロップを見るとあまりにもせつない結末に、涙ウルウルになってしまったではないか!
紫音をやっつけるには刃物はいりません、「パフ」を流せばイチコロです。それくらい私の悲しみのつぼにはまっている曲です。

でも、歌詞は別として曲はとてもよい。こんな曲をジャズにアレンジして歌うのも良いだろうな。
演歌も良いけれど、こういうのもやってみようよ、PMS。


歌とアニメムービー

日本語訳
パフは魔法のドラゴン、海のそばに住んでいた。
秋の霧が立ち込めるホナリー島で、楽しそうに遊んでいた。
小さなジャッキー・ペーパーはいたずらのパフが大好きで
紐やロウや、面白いおもちゃ
いつも持って遊びに来た。

パフは魔法のドラゴン、海のそばに住んでいた。
秋の霧が立ち込めるホナリー島で、楽しそうに遊んでいた。
パフは魔法のドラゴン、海のそばに住んでいた。
秋の霧が立ち込めるホナリー島で、楽しそうに遊んでいた。

パフとジャッキーは旅をした。
帆をいっぱいに膨らませた船に乗って
パフの大きな尻尾に座った。
ジャッキーは見張り番
高貴な王様と王子様は彼らに出会うとおじぎした。
パフが大きな声で名前を告げると、海賊船は旗を降ろした。

ドラゴンの命は永遠だけれど、少年は子供のままではいられない。
手作りの旗や大きな輪っかは
やがて他のおもちゃに置き換えられる。
ある暗い夜、そのときはやってきた、ジャッキーはとうとう来なかった。
その日から無敵のドラゴン、パフは
大声で吠えることはしなくなった。

悲しみでうなだれるパフ、
緑色のうろこは雨のように剥がれ落ち、
昔遊んでいた桜の道にも、もう行くことはしなくなった。
大事な友達がいなくては、もう勇気も奮い起こせない。
無敵のドラゴン、パフは
悲しそうに自分の穴に帰っていった。

Puff,the magic dragon
作詞・作曲:P.Yarrow&L.lipton

Puff, the magic dragon, lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called Honalee.
Little Jackie Paper loved that rascal Puff
And brought him strings and sealing wax and other fancy stuff, oh

Puff, the magic dragon, lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called Honalee.
Puff, the magic dragon, lived by the sea
And frolicked in the autumn mist in a land called Honalee.

Together they would travel on boat with billowed sail
Jackie kept a lookout perched on Puff's gigantic tail
Noble kings and princes would bow whene'er they came
Pirate ships would lower their flags when Puff roared out his name, oh

A dragon lives forever, but not so little boys
Painted wings and giants's rings make way for other toys.
One grey night it happened, Jackie Paper came no more
And Puff that mighty dragon, he ceased his fearless roar.

His head was bent in sorrow, green scales fell like rain
Puff no longer went to play along the cherry lane.
Without his lifelong friend, Puff could not be brave
So, Puff that mighty dragon sadly slipped into his cave, oh


戻る