でもこのページは動物アレルギーに着目してるの
 

この地球上に生きている限り、アレルギー体質である限り、
私も、そしてもしかしたらあなたも、
アレルゲンから逃れられるなんてコトはない筈です。
でも、そんなたくさんのアレルゲンの中で、
ここで取り上げるのはヒトと共に暮らしてくれる「動物」です。

それは大切な家族、その存在に、
多かれ少なかれココロ支えられて生きているヒトは、
ヒト社会の中でどんなにたくさん居ることでしょう。
でも、そんな大切な存在も、
あなたの身体にとっては大敵だったりするのです。

あなたはどんな動物に、ココロを支えてもらっていますか?
その子はもしかしたら、
あなたのいのちを縮める存在なのかも知れません。

「でも別に、こいつと住んでても何にも起こらないし、
こいつが居ない時も喘息っぽいことあったし。」
「この子が居なくなったら、余計病気になりそうだわ。」
そう、たとえあなたがアレルギー体質であっても、
そのうえ動物と暮らしていたとしても、
何もないこともあるし、
何かあっても動物だけが原因じゃないかも知れないし、
ホントになんとも言えません。
言えることはただ一つ、
「つねに危険と隣り合わせの暮らしをしている」
ということです。
 

go to next page

back to contents

ゲストブックに感想を残してみる

ゲストブックをのぞいてみる

情報提供者のご紹介