日本海名称問題

 現在、「日本列島と中国大陸にはさまれた海の名は?」という問いに対して、
多数の日本人が日本海と答えるでしょう。まったくその通りで、世界中で発行されている
ほとんどの地図に「日本海(Sea of Japan)」と表記されています。
しかし、韓国内では日本海ではなく、同じ海のことを「東海」と呼んでいます。
これ自体はなんの問題もなく、例えば日本国内ではイギリスと言えばどこの国
を指しているかすぐに分かりますが、他の国の人々にイギリスと言っても
通じませんから、英語ならば「Britain」と言わなければいけません。

 これと同じように、その国の中でだけ通用する名称というものが存在します。
東海もまた、韓国内で通用する名称でありそれについて日本側が問題視することは
ありません。

 しかし、韓国内では「日本海という呼び方は誤りで、東海が国際的にも
正しい」という風潮が強まっています。国際的に広く認知された名称「日本海」
を誤りである、と言うのもすでに問題ですが、韓国側が地図を製作する各組織や
団体などに、韓国内でのみ通用する名称の東海を「日本海」と併記するよう
圧力をかけているのです。その理由が「日本海という名称は日本の帝国主義者が
つけた誤ったものだ」「日本海という呼び方は日本の植民地主義のときに普及した」
という主張からくるもので、東海を正しい名称だとして国際的に普及させるのが
韓国人達のねらいです。

 しかし、現在の日本海を「日本海」と名づけたのは、日本人
ではないことは常識です。日本海と名づけたのはロシアの提督クルゼンシュテルン
(I.F.Krusenstern:1770〜1846)で彼の作成した地図の中に「日本海」と表記されていたのが
国際的に広まった、というのが正しいのです。つまり日本海の名付け親はロシア人であり、
韓国側の言う「日本海という名は日本人が勝手につけた」
という主張がまったくの誤りであるということがわかります。

 ではなぜ、韓国は日本海という名称を国際社会から排除しようとするのでしょうか。
それは韓国側の名称問題=領土問題という捉え方からうかがう事ができます。
韓国人は国際的に朝鮮半島の東の海が日本海と呼ばれていることを知ると、
「どうして韓国の隣の海が日本のものなの?」という考え方をするそうです。
これも誤った考えで、いくら日本海という名がついていても、その中にはちゃんと韓国領海、
北朝鮮領海、ロシア領海が設定されています。

 問題は、それ以前に国際的地名に日本という名称が使われていることに韓国人が快く思って
いないことがあげられます。
しかし、誤った情報を流してまで地図上の名称変更を企む韓国の行動はまったく理解しがたい
ものであるとしか言いようがありません。日本政府はこのような問題に毅然とした態度で
臨むことが求められます。もし、地図上での併記を許してしまえば、その後は韓国側の思い通りに
ことを運ばれてしまう危険性があります。そうなれば、日本海という名を口にしただけで
批難をあびてしまう日が、そう遠くないかもしれません。

日本人が正当な理由もなく、「日本海」という名を捨てるわけにはいかないのです。

昔も今も、そしてこれからも、日本海が「日本海」と呼ばれ続けるために。

2002年2月22日 更新

海



Copyright (c) 2001-2002 otakunotaku All rights reserved.