惑星Eの紹介

原作「宇宙猿人ゴリ」について紹介する。

ここにはゴリ様の過去などがかかれている。




放映

昭和46年1月2日〜昭和47年3月25日、全65回(再放送2話含む)
フジテレビ系 毎週土曜午後7時〜7時30分


冒険王」と「少年チャンピオン」でマンガ連載、一峰大二が描いていた。



内容

天才科学者の宇宙猿人ゴリは、その卓越した頭脳が元で惑星Eにおいて
クーデターを決行するが失敗、捕らわれの身となる。
だが部下である軍人ラーのおかげで脱走し、惑星Eを離れて宇宙を
さまよっていたところで地球を発見する。 ゴリはその美しさに感動したが、
それが故に地球を公害で汚す人間たちを許すことができず、
公害を元にして怪獣を作成して人間を滅ぼそうとする。
一方、宇宙連合に属し未開発遊星の保護と警備を行なう遊星ネヴュラ71
ゴリの地球侵略を発見する。 そして地球に他の惑星からの干渉があるのは
許されないとして、ネヴュラ71は地球に宇宙サイボーグ・スペクトルマン
派遣する。 スペクトルマン蒲生譲二と名乗って
公害Gメン(公害調査局第8分室)に加入し、ゴリが作り出す
公害怪獣と戦うのだった。



登場人物

蒲生譲二(成川哲夫)
ネヴュラ71
の宇宙サイボーグ・スペクトルマンの普段の姿。
ネヴュラからの指令を受けてスペクトルマンに変身する。ネヴュラが見えないと
変身できない。 他人に正体を知られるとネビュラに破壊されるとのことだが、
結構正体は知られてしまっていた。 公害Gメンに無理矢理入り込んで
ゴリの動きを探る。 最終回で深手を負ったまま変身し、
ゴリが死んで任務が終了したためネヴュラに帰る。

倉田室長(大平透)
公害Gメン/怪獣Gメンのボス。

有藤(尾崎孝二)
公害Gメン/怪獣Gメンのメンバー。

太田(新井一夫)
公害Gメン/怪獣Gメンのメンバー。

加賀(渡辺高光)
公害Gメン/怪獣Gメンのメンバー。

遠藤理恵(小西まち子)
公害Gメンの紅一点。ラーのお気に入りだったが、いつの間にか消え去った。

ゴリ(遠矢孝信、声:小林清志/西山連)
惑星E
から追放された天才科学者。IQ300で万能椅子に座って様々な開発を行なう。
話す時にジェスチャーを交えるのが特徴。 前期のEDは彼のテーマソング。
最終回で怪獣Gメンに基地を破壊された上にスペクトルマンラーを倒されたので
全ての望みを失い、スペクトルマンが差し伸べた救いの手を振り切って自殺する。

ラー(声:上西弘次)
ゴリ
の忠実な部下。軍人で気が荒く、はっきり言ってバカ。
しばしばヘマをしてゴリに叱られている。 でもゴリのたった一人の部下なので、
その絆は強い。 最終回でスペクトルマンと最後の決戦を行ない、
共に自爆しようとするがダブルスペクトルフラッシュの前に倒される。



あい

えお




ホームへ戻る