E-listBBSSearchRankingAnimeComic-CellGo to Top
Since2000.10.10

名前を募集中!(狩)




このページは作者「とむはち」の気のおもむくままに制作されたページです。
まあとりあえず見てってください。
尚このページは「お気に入り」や「履歴」なんかを表示しておくと丁度よく見れます。









9月3日 FateSS「東方へ向かえば紅い館が」第2話 シーン2掲載






バナーです。
友人Mが作ってくれました。
なお、オフラインでボクのことを知っている方は速攻退場することをお勧めします(苦笑)




KeySS Ring
for とむはち 前のサイト ランダム サイト一覧 登録 次のサイト 前の5サイト KeySS Ring 次の5サイト
Kanon Ring Kanon Ring
List Prev Next Random












我がページはここをひっそりと全力で応援していきます。(苦笑
春菜さんLOVE





そして復活、リンク強化。
いいから何も言わずにここへいってください。
いずれも実力者ぞろい、どうしてもっと有名にならないか心配なサイトですが。






delicate blue light
特設ページへ



紫煙の魔女
連載終了、一部完結




二つの二人
連載中



東方へ向かえば紅い館が。




9月16日
  いっそのこと……<挨拶

  いや、深い意味は無いんですが。
  とりあえずここのところ疲れがたまってしまってロクに何もしてないです。
  部屋の片づけすらしていないこの現状、友人が来訪したらすごい事いわれそうです。
  気にしませんが。

  んで今日は特筆することも無いんですが日記は気が向いたときに書くのが好きなので
  とりあえず書いてみました。
  
  あ、FFの新しいパッケージ発売されてましたね。
  特に興味は無かったんですが店頭デモをみてちょっとやってみたくなったり。
  だけど今はラグナで手一杯。他のはやりません。
  
  そうだ、思い付きですけど最近面白い漫画を見つけたので紹介。
  「僕のマリー」という本で多少知られている竹内桜氏がヤングアニマルで連載中の
  「ちょこっとSister」というもの。
  設定は多少アレだけど普通に面白いです。
  まぁクリスマスにサンタのプレゼントで妹をもらうってところですごいですが…(主人公は大学生)
  んで投げっぱなしになりますがこのくらいの紹介で(苦笑
 
  明日も早いのでコレでー。


9月11日
  実はバイト始めました<挨拶

  や、GOODWILLですけどね(人材派遣ではない)

  メディア専門店で働いているんですがおもしろいです。
  まぁ詳しい話が聞きたかったら直接で<ペコリ

  んで途中の話すっ飛ばしてとりあえず下の画像でも。

  自分の名前は『霧雨_魔理沙』ですよ

  悪女隊というのが存在するそうで。ちょっと驚き。
  入るためには職業をローグにしなきゃいけないらしく自分は剣士で残念無念。(そこ違う

  まぁとりあえずそんな感じでもうすぐ転職です。(リアルじゃないですよ
  そのときはまた画像でもはっつけますよ。


  不定期連載 『東方シリーズ きっと日常』 「いいからお茶のひとつも出してほしいもんだぜ」 「いいかげんいきなりやって来て言いたい放題言わないでちょうだい」 いつも通りの幻想郷、魔理沙は博麗神社にやってきてそこの巫女曰く好き勝手やろうとしていた。 しかしいつもとは違う、それもまた幻想郷。 「って、なんか面白そうなもの持ってるわね。なにそれ?」 「これか、いいところに気が付いたぜ。だからまずはお茶」 霊夢は魔理沙が持っている見たことも無いものに興味を引かれる。 だけどお茶は出さない、特に深い意味は無いのだが。 「台所なら奥」 「ちぇ、自分でやるか」 結局魔理沙は自分でお茶を用意するしかなくなった。 「それじゃその間これ見といてくれ、どこぞの妖怪が持ち去っていくかもしれないからな」 「仕方ないわね、少しだけよ」 言葉は興味なさそうでもその顔にはいじくりまわしたいという表情が手に取るようにわかる。 魔理沙はそれでもその一言だけで後は何も言わずさっさと台所へと入っていく。 「…おそらく外の世界のものよね。どうやって手に入れたのかしら」 魔理沙の言葉なんてスペルカード1枚分くらいの抑制力も無い。 霊夢はその大量の荷物の中からひとつ手に取るとまじまじと見つめる。 それは片手で握れるくらいの大きさの棒みたいなものだった。 「…不思議な硬さね、金属でもないようだけど」 こちらの世界で言うところのプラスチック、幻想郷にはプラスチックは存在しない。 (厳密に言えばあるのだろうがプラスチックという名前で浸透しているわけではない) 「でも何に使うのかしらこれ……」 「やっぱり触ってたか、呪われても知らないぜ」 そこへお茶を持ってきた魔理沙が戻ってくる。 もちろん湯飲みは自分専用のものである。 「神社の巫女を呪えるような代物なら逆に面白いでしょ」 「それも一理あるな」 ずずっと一口飲んでから魔理沙は別の品物を手に取る。 「んで、どうやらそれはコイツを入れて使うらしい」 「なにそれ…」 訝しげに魔理沙の行動を見守る霊夢。 対象にそんな霊夢が面白いのか笑っている魔理沙。 「やっぱりこんな誰も来ないところにいると何も知らないんだな。と言っても私もコレ読んだだけなんだけどな」 そう言って魔理沙が見せたのは『説明書』と書かれた文書だった。 しかし所々擦り切れてほとんどの文字が擦れていた。 かろうじて見えるのは一つの図だけであった。 「ふぅん、つまりこれの通りにすれば動くってわけね。ところでどうやって手に入れたのこれ」 「ん、拾ったんだぜ」 「拾ったって…」 魔理沙が拾ったというその荷物はかなりの量がある、それだけの物が落ちていたということは何かしらの異変が起きている可能性が高い。 何せこの荷物はどう見ても「人間の世界の物」だからだ。 「それじゃあ一緒に人間も落っこちてなかったの。これだけの荷物なんだし…」 「あぁ、それは心配ないぜ」 それは深刻な事態なはずなのにいつも通りの魔理沙。それが不思議な霊夢はさらにわけがわからなくなってしまう。 「だって魔法の産物だからな、これ」 「はい?」 「だから魔法」 「ちょっとまちなさい、それはつまり…」 そしてニカっと笑いながら。 「そうだぜ、魔法の練習。今回はうまくいったぜ」 「あきれた…」 「まぁそういうなって……ほい」 「はぁ…確かにいつものことではあるけどね。んで」 霊夢の手には先程の品が。 「そこの出っ張りを下に、それで動くぜ」 「はいはい……」 カチリ 「お」 「あ」 フィーーーン そうして僅かばかりの風が流れる幻想郷。 魔理沙が魔法の練習をするのは気まぐれのこと。 人知れずの努力家の彼女、その事を知るのは霊夢だけ。 そんな二人の関係。 それもまた、楽しいひと時の話。
9月7日
  今更第2次αやってます<挨拶

  や、なんだか時間が多少あるので久しぶりにやってみました。
  以前はクスハを主人公にしていたので今回はアラドを。
  なんというかアラドの声もなかなかいいのですが相方の声がかかずさんだということでかなりお気に入りだったり。
  ヤ、ベツニヒスイチャンダカラトカジャナイデスヨ。

  んで現在すでに34話に突入。
  なかなか敵が強くなってますが資金が残り300万ほどあるのである意味余裕かと。
  まぁボチボチやっていきますわ。

  そしてこのままぷち徹夜に突入しそうな勢いの夜でした。
  まぁたまにはこんな日記も悪くは無いだろう、と。


9月3日
  そして復活へ<挨拶

  えー、色んな事ありましたが正式に復活です。
  これからは更新速度を以前並みに戻していきますのでよろしゅうに<ペコリ

  というか日付は2〜3日戻りますが実は先日友人の家に泊まりに行ってきました。
  場所は名古屋の○○と言う場所で、というかそんなことはどうでもいい話で。

  まずは午前中に約束を取り付けそのまま何故か以前から行ってみたかったドンキホーテに行ってみました。
  我が家から自転車で15分程度の距離にあるのである意味では散歩感覚で行けますな。

  さて、初めて入ったドンキは言うなれば普通のディスカウントショップ。
  色んな商品が確かに安いんですが雑然としている上に商品の内容が薄い。
  (例:家電はあるが種類が少ない)

  目的があって来たわけではなかったのでブラブラと物色中にピンとひらめきました。

  『土産を持っていこう』(ネタで)と。

  んでもってまずは缶しるこをひとつ、これは軽いジャブ程度で。
  次に外国製のカンヅメのソーセージ。
  そして懐かしのココアシガレット(サイズがおかしい、箱の大きさが通常の10倍)
  最後に……タイトルで想像できますが「アフターデスソース」

  まぁ細かい突っ込みあると思いますが却下で。

  買い物終わったら次は移動。久しぶりに乗った電車はとても心地よかった気がします。
  んで目的地の駅の4つほど前で途中下車。
  目的はどうしても行きたかったガンショップ。
  エアコキ(エアコッキング)の銃が先日お亡くなりになられたので新しいのを買いに来たわけです。
  というかね、この間もそうだったんだけど……道に迷いました。
  駅から10分が駅から50分になってしまったのは最早ネタとしか言いようが無いですね。
  きちんと地図を調べて、駅からでてきて携帯の位置情報サービスで自分の居場所を確認して……そして迷う。
  やっぱりもう少し慎重に生きるべきなのかなぁと考えさせられました。

  あ、買った銃はグロック17で。(わかる人にしかわかりません

  んでなんだかんだで友人の家に。
  まぁ何をしたとか書いても面白くないので途中はすっ飛ばして。
  ここで買ってきたアフターデスソースの話でも。

  その名前を直訳すると「死の後のソース」(エキサイト調べ)

  なにやらいい加減なタイトルですがよく見ると「ハンドメイド」とか書いてあるわけなんですね。
  原材料については書きたくも無いんですが兎に角辛そうだと言うのはわかってもらえるかと思います。
  
  んでそれを少しだけソーセージパンにつけて一口。

  自分「ん……いてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」

  と悶える、次に飲み物と食べ物を大量に摂取。
  約10分ほどそれを繰り返す。
  そしてようやく痛みが引いてくる。

  というソースです。
  危険です、危ないです、怖いです、染みます、要救助です。
  というか辛いものが多少平気な自分(ハバネロを食べる程度)でも死にかけました。
  とりあえず見かけたら無視してください、興味本位で食べると後悔します。激しいまでに。

  ためしにその後家に帰ってカレーに僅かばかり入れたですよ、ちょっとだけ。
  でもダメです、全ての料理の味を吹き飛ばして辛さだけが生まれてきます。
  辛いものが好きな人と痛いのが好きな人は絶対に違うはずです。
  なんだかこのソースの話ばかりになってしまいましたが久しぶりの日記はこんなもので。

  あ、最後に。

  「このソースを傷口に塗ったら人が殺せる」
  という格言を友人がくれました。以上。





過去日記へ


自己紹介


とりあえず僕の自己紹介です。まあ読んだってください(笑)


BBS


掲示板。アイコンは「神無月羽兎」氏より頂きました。


ミケねこ掲示板


ミケ専用掲示板です(なんのこっちゃ)とりあえず一部の方限定の掲示板って感じ?


お絵描きBBS

こちらはお絵描き掲示板です。ドシドシ書きこんでくださいね。
このたび復活いたしました<ペコリ



書き物


ここには僕の書いた小説とSSがあります。
貰い物もここにあります。

画廊


このHPではとても貴重なCGの置き場です。
全部貰い物ですが・・・・・



リンク


リンクっす。様々なものがありますよ(笑)
ただいま64件でございます。


旧雑記
現在3件登録
雑記
上記は古いので、新しくなったのはこちらへどうぞ。



このページは基本的にリンクフリーです。相互リンクを希望される方はBBSにカキコかメールにてご一報ください。
なおこのページにある小説などは僕の物なのでコピー等はやめてください。


メールお待ちしております。





f
NOVELING
< | RANDOM | >
a b c