その邂逅は仕組まれていたのか。
それともあるとしたら本当に運命か。
定かでないことに答えを求めるのはやめよう。



そう、僅かでも答えがあるとするなば。
それこそが『運命』だから。












一、夜に訪れる行方不明者
二、騎死来る
三、鑑の街
四、『欠けよ月』
五、初めてだらけの日のこと
六、屍闘   ――――死闘――――
七、来死の死――――それと友情。



参考資料




                                   ※本編と上記の文章は関係ありません