サンシロー」について
「上巻(第1話〜第3話)」を2001年夏に刊行しました。
「下巻(第4話〜第6話)」は2001年冬のコミケット61にて頒布予定です。

(2001.12.5)

「サンシロー」は1990年、「ヒーローマガジン」誌に6回掲載された作品です。
同誌の休刊によって終了したため、ストーリー的には全く完結していません。
ジャンルとしては「アジア風無国籍武闘アクション」…でしょうか。

←第2回のトビラ

当初は時代劇、西部劇の黄金パターンを
自分でも描いてみたくて、
1回完結のスタイルとし、
最後には「〜であった」とか
ナレーションも入れて悦に入っていました。

しかしこれじゃだめだと指摘を受け、
第4回からはより「コロコロ」「ボンボン」
的なノリを目指し、ライバルの登場+
連続ストーリーに変わっています。
そこから3回で掲載誌が休刊となった訳ですが…



←第2回より。

「ヒーローマガジン」は講談社の編集第7局
(「テレビマガジン」やディズニー絵本等を担当。「マガジン」や「ボンボン」等は3局) 
が手掛けた漫画雑誌で、編集には「ぼくらマジン」等を手掛けたベテランの方が
居られました。

藤子不二雄(A)先生の
「パラソルへんべえ」をメインとしつつ、
島本和彦先生、えびはら武司先生など
一般的な「マガジン」色とは
全く異なる人選で作られた誌面は
ある意味「児童漫画の原点への回帰」を
目指したものだったと言えるでしょう。

結果としては1年余りで休刊となりましたが
この雑誌に作品を載せて頂けた事は
大きな幸運でした。


トップページに戻る