「せんとH・G」サイン色紙用原画
1984年
「少年KING」で「せんとH・G」を描いていた頃、同誌では何回か
複数作家のサイン会を含むイベントを行っていました。
サイン会用に絵入りの巨大(A3版位)な色紙が作られる事になり、
その為に描いた原画です。

(出来上がりは黒い厚紙に金(または銀)のインクと言う、なかなかスゴい物でした。
執筆陣一通りの色紙が作られていたはずです)

原画の保存が悪かったせいですが、茶色いです。歳月人を待たず。
立花隆氏のルポ「宇宙からの帰還」が話題になっていた頃で、
セリフはその影響で書いたのでしょう。きっと。

最近、中野の「まんだらけ」でその色紙が
800円で売られていたと言う情報を漫研の後輩からゲットしました(^^;

前項目 次項目 スクラップ収納庫メニュー トップページ