キャプ翼必殺技大全(暫定版)

キャプ翼ワールドを彩る多彩な必殺技。いずれ欠けているものも継ぎ足していきます。ご意見等は掲示板のほうに

 

   パワー系シュート

隼シュート

新田の必殺シュートだがどこが隼かさっぱりわからない。役立たないことこの上なく実戦で決まった事は一度も無い。ただ思いきり蹴ったシュートに名前をつけた草分け的存在。

 

タイガーショット

日向が沖縄での荒波に向かってボールを蹴ると言うムチャな特訓で身につけた必殺シュート。通常のシュートの倍のスピードを誇り一直線で飛んでいくが実際はただ思いっきり蹴っているだけである。当然、小学生はみんな真似した。命名は日向ではなく東都スポーツの田島記者。日向がネーミングすると猛虎シュートとかにされていそうである。

『でいやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ』

 

イーグルショット

松山の必殺シュートでありタイガーショットとならんでキャプテン翼を代表するシュート。軟弱な北国の大地で育てた強い足腰ならではのシュートらしいが何故地面すれすれを低空飛行するのかは理由付けされていない。元は北国シュートだの荒鷲ショットだのとダサい名前だったがのちイーグルショットと確定される。ゲームではエフェクトが最もカッコいいらしい。

『ここだ! ここで決めるんだ!!』

 

ファイヤーショット

『ファイヤー!!』

ノンファイヤー

 

ネオタイガーショット

通常の3倍の重さというシャアザクみたいな属性を持ったブラックボールを蹴る事によりタイガーショットをさらにパワーアップさせた日向の新必殺シュート。スピードはさほど向上してないが格段に破壊力が増しており、至近距離からくらうとまず骨折する。JY編ではシュナイダーを吹き飛ばした上に片手で10tぐらいある岩石を粉砕するミューラーの左腕をはじいてゴールを奪った。

『くらえ、これがネオタイガーショットだァ!!』

 

キャノンシュート

フランスのエースストライカー? のナポレオンの必殺シュート。鋭い回転がかかっておりキャッチに行くとはじかれるらしいが若島津はあっさりキャッチしていた。結局このシュートでは若島津からゴールを奪えず最期はPKすら正拳ディフェンスに阻まれた。

『その右手、俺が砕き尽くしてやるゥ!!』

 

ゴールデンイーグルショット

サンターナの必殺シュート。どこがどうゴールデンイーグルなのかさっぱりわからない。TVで中継を見ていた松山がイーグルショットをパクられたとおもったのかメチャびっくりしていた。

『ゴールデンイーグルショットだとォ!』

 

雷獣シュート

日向がお約束の沖縄特訓で開発した新必殺シュート。地面をわざと蹴る事により反動をつけてシュートの威力をますらしい。キーパーの手前で何故かホップする。大木をも真っ二つにする破壊力があるがボレーで撃てないなどの致命的な欠陥がある。通常のセンスならこのシュートの名はライザーシュートかライガーシュートはたまたライジングタイガーあたりにしそうだがあえて雷獣シュートにするところに陽一先生の卓越したネーミングセンスが伺える。全国のサッカー少年が真似して足首をいためてないかが一番の気がかりである。

『こんな大木が雷一発で折れるとは……雷獣のしわざじゃな』

 

スカイウイングシュート

ロベルトが翼とサンターナに伝授した必殺シュート。原理は雷獣と一緒。このシュートの名前が翼とかぶっていた所為でロベルトは翼に運命的なものを感じたらしい。

『なにィ、翼が雷獣シュートだとぉ!』

 

ドラゴンシュート

思いっきり蹴っただけの要は火野版タイガーショット。フォームに欠陥がある為パワーが100%伝わってないらしい。

「火野リョーマならさしずめドラゴンシュートだな」

 

トルネードショット

フォームの欠陥を直したドラゴンシュートのはずだが何故かわざわざ一回転してから放たれる。一回転目の空振りはフェイントの効果もあるらしい。ヘルナンデスとジェンティーレを粉砕したがサリナスにあっさり止められる。雷獣シュートと違いボレーでも撃てる為汎用性が高い。どうでもいいが火野の新必殺シュートはサラマンダーだと思った人も多く、バンダイのゲームでもサラマンダーになっていた。

 

 

ネオファイヤーショット

 

レヴィンシュート

フィールドの破壊神ステファン・レヴィンの使用する、点を取ることより相手キーパーの腕を破壊する事に重点をおいたいかにもキャプテン翼らしい必殺シュート。若林とミューラーの腕を破壊し、赤井を半殺しにしたが、復活した若林のアッパーディフェンスとストレートディフェンスの前に敗れる。原理はまずトラップの瞬間にボールにスクリュー回転をあたえそのあとさらにスピンがかかるように打ち出すことによって貫通力と破壊力を高めるらしい。回転をかけてからボールをワンバウンドさせるとフェイントにも使える。回転力重視の為かスピード自体はたいした事はないらしい。一番凄いのはネーミングセンス。

 

ネオレヴィンシュート

小細工をやめて思いっきり蹴っただけのシュート。スピードが格段に増したようだ。

 

トルネードアロースカイウイングシュート

ブラジル戦でサンターナの放った自称この世で最強のシュート。一回転して打つトルネードショットと手で足をひっぱって反動をつけるアローシュートと地面を蹴って反動をつけるスカイウイングシュートを合体させて放つ。一人で打つシュートの中なら確かに最強だろうが若林の捨て身のパンチングで惜しくも防がれる。名前からもわかるように恐ろしくガッツを消耗するらしくこのシュートを放った後サンターナの動きが目立たなくなった。

『これがこの世で最強のシュートだァ!』

 

マッハーシュート

ローズバスター

 

ヤマザルバスター

 

ライトニングタイガー

ゲーム版3においてミューラーにあっさりシュートを取られた日向が対ミューラー用に編み出した新必殺シュート。点を取ることよりも敵キーパーのどてっぱらをえぐる事に主眼をおいた恐るべき殺人シュートである。だが悲しい事に一番どてっぱらをえぐってやりたかったミューラーには通常レベルでは通用しない。何故かバックに稲妻が走るがツッコンではいけない。

『走れイナズマうぉぉぉぉぉ!!』

 

ドラゴンタイガー

 

ファイナルタイガー

 

 

 

 

 

   テクニカル系シュート

バナナシュート

カミソリシュート

『よっしゃっ!』

二枚刃カミソリ

『俺のカミソリは二枚刃よ!』

ドライブシュート

『落ちるなんてもんじゃない! 急降下だ!』

ミラクルドライブシュート

スライダーシュート

ロビングシュート

フライングドライブシュート

 

ブーメランショット

世界を放浪しながら岬が身につけた必殺シュート。ブーメランなのに何故かアフリカで身につけた事に突っ込む人が多数いるようだ。ようはめっちゃ曲がるカミソリシュートというへぼい技であり、こんな技なら付けて欲しくなかったという岬ファンは多い。ついでに早田の存在価値まで無くしてしまった。ちなみにこの技に限らず必殺シュートはパス等に応用されやすい。

『オレのカミソリシュートより鋭かったぜ』

 

テクニカルループシュート

SSS

ダブルイール

『イ―ルとはうなぎの事だ。かば焼きにするとウマイぞ』

サイドワインダー

『うなれ、サイドワインダー!』

サイクロン

ネオサイクロン

サイクロン改

ブーストサイクロン

アクセルスピンシュート

 

  浮きダマ、コンビ系シュート

ツインシュート

キャプテン翼三大必殺技の一つ。同じくらいのキック力を持った二人が同時にボールを蹴る事により不規則な回転がかかりボールが分身するというすざまじいシュート。小学生編の決勝で翼と岬が放ちキャプテン翼がトンデモサッカー漫画である事を決定づけた。その後立花兄弟がスカイラブハリケーンのついでに習得すると安売りされるようになり翼、岬はもとより翼,日向や日向、タケシ等が練習しなくても打てるようになった。ゲームではさらにピエール&ナポレオンやカルロス&コインブラが打てる等バリエーションが豊富である。当時のサッカー少年はみんな真似したらしい。ちなみに元ネタはさるテニス漫画のツインビームという必殺技らしい。

『ボールが揺れたァ!!』

 

スカイラブハリケーン

キャプテン翼三大必殺技の一つ。一人が仰向けに地面をスライディングして踏み台になりもう一人が相手のスパイクの上に乗っかりタイミングを合わせてジャンプして空中からヘディングをかますと言う技。人一人を踏み台にした事と二人のジャンプ力が合わさった事で3M以上の高さにまで到達する事が可能で空中戦では無類の強さを発揮する。弱点は着地時の衝撃が強すぎるため連発ができないと言う事である。この設定がゲーム版のガッツシステムの元になったと思われる。バリエーションが豊富でスカイラブタックル、スカイラブパスカット、スクランブル顔面などがある。当時全国のサッカー少年がみんな真似していた。元ネタは名前からもわかる通りアストロ球団から。

『いくぞ! 和夫!』『おう! にいちゃん!』

 

スカイラブツインシュート

スカイラブハリケーンとツインシュートを合体させた究極のトンデモ技。まずガタイのでかい次藤が発射台として仰向けにスライディング。その次藤のスパイクの左右に立花兄弟が乗っかりボールに向けて発射、空中でツインシュートを放つというすざまじい技である。発射プロセスといい決まった時のカタルシスといいこれ以上のコンビ技は存在しないと思われる。だが2回目に放った時はピエールにあっさり防がれる。おまけに発射する度に立花兄弟が負傷するという致命的な欠陥がある。

『よし!』『いけェ!』『タイ!』

 

ドライブタイガーツインシュート

翼のドライブシュートと日向のタイガーショットを合体させた究極のシュートのはずだが、ミューラーはあやしい特訓のおかげであっさりキャッチ。ゲームでは隠し技あつかいである。

『ま……まさか、あのシュートは真に心を通い合わせていないと打てないはず、翼と日向は短期間の間にサッカーを通じてト・モ・ダ・チになっているというのか』

 

タイガーオーバーヘッド

タイガーショットのオーバーヘッド版。漫画ではオーバーヘッドタイガーショットと呼ばれる。タケシの足を踏み台にしてジャンプして敵DFを飛び越え着地した後そのままオーバーヘッドにつなげるというキャプ翼名物のアクロバット技。森崎と翼の二人を一遍に吹き飛ばした。日向に言わせるとこれが本物のサッカーらしい。

『これが翼のサッカー、いや本当のサッカーだ!』

 

ドライブオーバーヘッド

ドライブシュートとオーバーヘッドを合体させた翼の最強技。キーパーの手前でホップして大空高く舞い上がる。ゲームではメオン君と対戦した時思いつく。

『これが最後のシュートだァ!!』

 

ローリングオーバーヘッド

 

大空中ローリングスパイク

コンサワット3兄弟の必殺技。長男と次男がうしろに足を上げ,その上に三男が乗っかってジャンプし空中でローリングスパイク(オーバーヘッドのセパタクローでの名前)をかますというかなり愉快な技。二人分のパワーを使ってジャンプするため、スカイラブより高度が高く、防ぎようがないが、2回目は軌道を読まれて森崎君ごときにパンチングで防がれた。ぜひゲームで使って欲しい技である。

 

ルチャ殺法

メキシコといえばルチャ、という訳でメキシコユースが使う必殺技。一番デカイ奴の背中を踏み台にして高くジャンプして攻撃する。当然空中戦で無類の強さを発揮するが立花兄弟に防がれる。硬いスパイクで背中に飛び乗る為、連発すると踏み台の奴の背中がズタボロにされるという欠陥がある。他にも投げ捨てブレーンバスターで空中に高く放り投げてシュートするトペコンヒーロシュートもある。

 

ビッグバンシュート

二人がかりでボールを押しつぶして3人目がシュートを放つというメキシコユースの必殺技。ボールがひしゃげている為不規則な回転がかかってツインシュートに似た効果を生み出す。侍ジャイアンツで似た技があったが恐らくパクリだろう。しかし百人組み手をしてパワーアップした若島津に本体を見切られ正拳ディフェンスで防がれる。ビックバンのくせに謳い文句は惑星を吹き飛ばす程度の威力しかない。

『惑星をも吹き飛ばすビッグバンシュートだァ!』

 

スカイダイブシュート

 

降臨雷獣シュート

次藤の背中を踏み台にしてジャンプしてマークを振りきり着地と同時に雷獣シュートを放つ技。次藤を踏み台にした意味があったのかどうかは不明。

『日向! ワシの背中を地面代わりにするタイ!』

 

空中雷獣シュート

翼のスパイクを地面に見たてて雷獣シュートをボレーで放つ技。何故か通常の雷獣シュートより威力が高い。

『火野よ、確かに俺の雷獣シュートは欠陥がある、だが、こんな頼もしい仲間がいる限り、俺の雷獣シュートは無敵なんだ!』

 

ダブルオーバーヘッド

ゲーム版のオーバーヘッドツインの事のようだが先生が同じ名前をつけるのを嫌ったのかこんな名になった。ブラジル戦で使われるもサリナスの飛び出しでこぼれダマにされる。ゲーム版ではアニメーションがまるでシンクロナイズドスイミングでありファンの失笑を買った。何故か岬からしか発動できない

『これが全日本黄金コンビのプレイだァ!』

 

閃光雷獣シュート

日向の雷獣パスから翼、岬がスカイウイングツインシュートを放つというキャプ翼WY編究極のシュート。実際サリナスからあっさりゴールを奪った。撃った後フィールドにV1の文字が刻み込まれる。最大の謎は岬がいつのまにスカイウイングシュートを覚えたかという事だ。

日向『雷獣……パスだァ!!』翼『岬君……足は……』岬『大丈夫、優勝の為ならボクはこの命も捧げる』

 

昇竜脚

ブースターシュート

スライダーキャノン

パンサーストリーム

リーサルツイン

ファイヤードライブ

スカイラブストーム

 

対西ドイツJrユース戦での一点目

別に必殺シュートではないがキャプテン翼史上もっともトンデモな得点なのであえてあげておく。まず若林がシェスターのミドルシュートを直接キックではじき返し、そのボールが中盤を飛び越え前線に届き、日向とタケシが直接オーバーヘッドとジャンピングボレーのツインシュートに持っていき、さらに分身する為触れる事すら困難なはずのツインシュートに岬がダイビングヘッドをかまし、それ自体はミューラーに止められたものの、岬の足を翼が後からドロップキックで後押しして岬ごとゴールに押し込んだというめちゃくちゃなプロセスのシュート。こんなシュートは陽一先生しかかけんだろうな。あえて名前をつけると『空中東邦ツイン黄金スカイラブダイビングヘッド』だろうか?

 

 

    必殺ドリブル

ヒールリフト

キャプテン翼では珍しく現実に可能な技であり翼の得意技。原作では2回しか使われていないが、初めて使用されたときのヒールリフトで日向を抜いて落ちてくるボールをボレーシュートの流れがとてもカッコ良かった為、全国の小学生がこぞって真似した。実際,高校でも体育の時間にサッカーをやる時クラスで一人は真似する奴がいた。

 

ごういんなドリブル

パワーにまかせて一直線に進んで敵のDFをふっとばすラフなドリブル。カードをもらわないかが心配である。日向の代名詞だったが後に使い手が増えた。

『どけェ!!』

 

ハリネズミドリブル

本気になったカルツのドリブル。タケシをふっ飛ばしたが強引なドリブルとどう違うのかは謎

『カルツが、カルツが楊枝を吐き捨てた!!』

 

サンターナターン

突然後を向いてボールを上に軽く蹴り上げて相手の頭を越させ、自分は相手の脇をすり抜ける技。翼にあっさりパクられた。

 

オーロラフェイント

レヴィンの必殺技。分身して相手を幻惑する。ナトゥレーザにパクられる。

 

直角フェイント

全速力で相手に突っ込み直前で曲がる技。葵がジェンティーレに対抗する為に開発した。バリエーションが多い。

 

高速ドリブル

分身ドリブル

パッションスタンピート

芸術的なドリブル

 

必殺ディフェンス

顔面ブロック

石崎の代名詞でありゲームではどんなシュートもこぼれダマにできる究極のディフェンス。決まると最も気持ちがいい技。Jrユース編ではファイヤーショットをモロにくらいKOされた。

『これがこの試合最期の顔面ブロックだァ!』

 

ムーンサルトパスカット

ゲームオリジナルと思われがちだが実際に岬が明和との試合で使われた。バク宙してハイボールのパスをカットする。綺麗に決まると気持ちがいい。どういう構造かは不明だが、岬のレベルが高いとドリブルまで問答無用でカットする。

『取るッ!』

 

三角飛び

空手キーパー若島津の必殺セービングでありキャプテン翼三大必殺技の一つ。ゴールポストの反動を利用して飛距離を伸ばし、通常ではまにあわないシュートを止める技だが、皆心の中で普通に飛べと思っている。相手に逆を付かれた時によく使用される。後に翼にパクられたかと思うと若林に至っては三角飛びを更に発展させた四角飛びを使いシュナイダーのファイヤーショットを防いだ。全国のサッカー少年は当然真似した。

『きぃぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!』

 

 

手刀ディフェンス

パンチングでは届かないシュートに対して使われる若島津の技。リーチが5cmほど伸びる。守刀ディフェンスと書かれる事もある。

 

正拳ディフェンス

破壊力のでかいシュートに対抗する為の技。キャノンシュートとビッグバンシュートをはじき返した。

『砕けるものなら砕いてみろ! 正拳ディフェンスだァ!!』

 

カミソリタックル

スカイラブディフェンス

パワーディフェンス

『くらえ、ワシのパワーディフェンス』

イーグルタックル

タイガータックル

『スライディングタイガーショットだァ!』

オーロラカーテン

 

 

 

アッパーデイフェンス

レヴィンシュートに対抗する為若林がボクシングの練習で編み出した技。正面から止めようとするとレヴィンシュートの衝撃をモロに食らう為サイドを叩いて防ごうという発想らしい。似た技にストレートディフェンスがある。できればゲーム化されて欲しくない技である。

『アッパーディフェンスだァ!』

ローリングセーブ

ダークイリュージョン

シャドーシールド

黄金の右腕

ビッグハンドキャッチ

ダブルアームスマッシュ

 

 

 

 

         必殺作戦

とりかご

修哲小の得意技。攻めると見せかけてパス回しをして時間を稼ぐセコい戦略。この技のおかげで若林は全国で無失点優勝をした。対南葛戦で使うも石崎に破られる。ゲームではこの技なしではとても勝てない為よく使われる。

『よーし、とりかごだァ!』

 

明和スライディングタックル部隊

吉良監督の指導の元、みんなでスライディングタックルをかましてボールを奪いにいくというアグレッシブすぎる戦略を実行する。当然日本じゅうの小学生が真似した。

例 『○×小学校スライディングタックル部隊だァ!』

 

オフサイドトラップ

ディフェンスラインを不意に上げることによって敵のパスをオフサイドにするデイフェンス。小学レベルでは確かに高等技術だが世界レベルでも何故か使うチームは3チームぐらいしか見当たらない。

 

ファーストブレイク

ただの速攻。三杉基点

 

なだれ攻撃

ふらの中学が使用。松山の合図によりフィールドプレイヤー全員が敵ゴールに向かって突進してむりやりゴールにボールを押しこむ。カウンターをくらったらどうする気なんだろうか。

『みんないくぞ! なだれ攻撃だ!』

 

ジャパニーズゾーンプレス

賀茂の考え出した攻めも守りも翼を中心にするという戦術。翼が不調だったりマークが厳しかったりすると途端に機能しなくなるという致命的欠陥のある戦術。