ヲレとガンダム

※ガンダム以外のものも一応……。ここにあるものは、一部を除き、現在でも入手可能なもの中心です(もう書店で見かけないものは書いていません)。


ガンダム系

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 フィルムコミック 上・下 旭屋出版
構成/ライター フィルムコミックの作り方はこれで初めて覚えました。見開きで何秒フィルム消化するとか、決まりが色々あるんでへぇーという感じ。

機動戦士ガンダム第08MS小隊/新機動戦記ガンダムW Endress Walts-特別篇- 劇場版パンフレット サンライズ
編集チーフ/ライター約1/3 まさか担当になるとわ。スケジュール押しまくったけれど、関係者さんからは誉めて貰えました。8/1初売りで、翌日に再版が掛かったのはサンライズ映画ものでは新記録だそうです。実は、08小隊の布教の為に作ったようなものなので、わざとWとリバーシブルにしました。だって、分冊したらWファンのお嬢さん達は08買わないでしょ? そうするとパンフの売り上げに差がつき過ぎて問題になるんですわ。Wは、カトキさんの描き下ろしMS入ってて大きいお兄さん納得の筈。実は、カトキMSは一度描き直しをして戴いています。ニュータイプ掲載バージョンとどこが違うか君には判るか!? 08小隊行動図は、08スタッフルームの方々に『ココまでやらなくても(笑)』と言われた力作です(でも、これ作ったのは私じゃないです。ページの企画は私だけど)。で、この仕事での一番の役得は、ハマーン様こと声優の榊原良子さんと直接お話する機会があった事。地声もハマーン様なので、無茶苦茶感動&緊張。

ガンダム・ビッグバン宣言 イベントパンフレット サンライズ
ライター/ちょっぴり 平成ガンダムの解説部分トカ。ちょっと問題起きてしまったのですが、それは編集担当くんが確認怠ったのが一番の原因……でも、やっぱ私が悪いのねトカ。>ご迷惑おかけした関係者の皆さん、ゴメンナサイ。

新機動戦記ガンダムW Endress Walts-特別篇- フィルムコミック 旭屋出版
編集チーフ/構成/ライター キャラファンのサービスもののつもりで作ったので、フィルムコミックのセオリーからはわざと外しました。面白大事典は全文渡辺がやってます。科学的な間違い部分は突っ込まないで下さい……。ちなみに、このシリーズはサンライズへ校閲出していません。要するにオフィシャルものではないんです。そのつもりで見て下さいね。

機動戦士Zガンダム フィルムブック 1、2 旭屋出版
構成/ライター 写真がなくて、すんげー苦労したことしか覚えてない。Zが、前半と後半で全然違う話になってることを再確認したのは収穫だったかな? これも、校閲は出していない筈です。だから、オフィシャル扱いにはなりません。でも本当に頑張ったんで、そこは認めて欲しいなあ。で、『2』はまだ編プロから送られてきません……忘れられてるんだろうな。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア/バトルドキュメント 旭屋出版
企画/構成/編集チーフ/ライター・キャラクター解説と逆シャア部分他担当 PS版逆襲のシャア新規フィルム+現存の劇場版ファーストGのフィルムを組み合わせたもの。企画負けしてしまいましたね。でも、ライターの水準は他のへなちょこガンダム本よりはいい筈です。この本の制作中に、他社から『シャアが来る!』というコンセプトが似た本が出てしまい、泡喰ったのもイイ思い出です……。しかも向こうのが面白……いやその。

モデルグラフィックス特別編集 ガンダムウォーズ5 シークレットW
ライター/ちょっぴり SDガンダム外伝の紹介のトコのみ。原稿料は同誌に載っていたデュオ君の胸像でした(笑)。どーせならMSの方が良かったにゃー。尚、この本にはダ・ガーンヘッドを参考にしたという『勇者エピオンカイザー』なる、大笑いフルスクラッチビルドものが載っています。これ、オリジナル色指定付きの設定迄起こしてあるんで必見。名前だけ出ているウイングカイザーも作って欲しいぞ。ちなみに、エピオンカイザーは『WINNERS FOREVER2』にさりげなく描きました。←どこがさりげなくやねん!

ゲーム系

PS版スーパーロボット大戦F&F完結編DEEP FILE 双葉社
ライター/シナリオ1〜106担当 ……3日で書いたっす。……原稿料口約束の半分だったし。……もうスタジオ●ー●の仕事はヤダ……。

SDガンダムGジェネレーション0 MSパーフェクト図鑑 講談社
構成/ライター半分位 0083、センチネル、ZZ、ダブルフェイク、逆シャア、F90、シルエットフォーミュラ、F91、G、その他担当。サンプルROM来たのが超遅くて、命削りながら原稿書いたっす。これのアオリでベターマンの原稿断らなきゃならなかったし……。しかも、完成した本見たら、Aカラーに入れた直しが入ってないし! もおお。あと、一応基本レイアウトも渡辺が担当してます。こ〜ゆ〜仕事は初めてですが、面白かったです。そのサンプルROM、ムービーセレクト出来るので、収録ムービーはビデオに落とさせて戴きました。動くゾディ・アックに超感動! この位の役得はないとね!

アニメ・OVA系

サクラ大戦 OVAファンブック 上・下 ソフトバンク
ライター/キャラクターはカラー、1色両方。ゲーム関連頁も渡辺担当。お陰で、サクラのビデオ全巻貰えました。わーい。

カードキャプターさくら フィルムコミック 1、2のみ 講談社
構成 嫌々ながらの仕事。CLAMP大嫌いだし。でも仕事だからちゃんとやりましたが。ビデオも貰えたんですが、いらなかったから返しちゃいました。が、ゲストで古澤徹さんが出演していたと知り、後で超悔しがり(笑)。

勇者シリーズデータコレクション 勇者特急マイトガイン メディアワークス
ライター/カラー頁全部担当 モノクロも実は何頁かやってます。実はジェイデッカーもやる筈だったんですが、編集プロの人に忘れられていて出来ませんでした。半分書いても名前も載らないし〜。まあ、こんなものです、ライターの世界って。せめて設定資料コピーしてと頼んだんだけど、音沙汰ない……。

 こんなトコっすか。他には、アニメ雑誌(ニュータイプ)やゲーム誌やホビー誌(電撃ホビー)で単発ものの記事やって食いつないでます。大きい仕事は全然ないので、行き当たりばったりの遊び人のよーな生活っす……。要するにプー太郎と同じというかなんというか。漫画のお仕事もこっそりやってましたが、今はその出版社が潰れそうで何もないしのう。フリーになる前は、週刊ファミ通に4年いまして、RPG攻略系チーフライターとか、FF新聞担当とかやってました。クロレビも、週刊になった頃に森下万里子の名で半年だけやった事があります(万里子は私で4代目だったと思います)。当時の担当記事は全てスクラップしてあります。



 
BACK HOME