リンク編

リンクは自由です。
(・・・まさかこんな事をわざわざ書くハメになろうとは)
トップページじゃなかろうが、作品の目次ページだろうが、裏ページだろうが、どこにリンクするのも自由です。
何故と言われても、それがwebですから。
WWWの大前提です。 webはコミケ会場ではないのです。

「無断リンク禁止」と書いていても、「リンクはトップページにお願いします」と書いていても、どこにリンクしようが自由ですし、マナー違反ではないのです。

ただ、「無断リンク禁止」と書いている管理人さんと、今後個人的に仲良く付き合っていきたいなら、連絡した方が無難であろうと思います。

逆に「リンクフリー。報告は不要です」と書いている場合。
判断が難しい場合もあるのですが、管理人さんが心から報告を望んでいない場合が多いようです。
「報告して下さると嬉しいです」とは違い、「一々報告されるのは面倒」と思っている可能性が高いです。それを敢えて報告すると、「相互リンク狙い?」と思われたりもします。

また、時々「無断リンクは著作権の侵害」と書いているサイトがありますが、これは全くの間違いです。
サーバー上にアップされたファイルは、著作権法では「公開された著作物」です。
参照であるリンクは、著作権者に無断で、自由に行うことができます。
何よりWWWは、自由にリンクできることを目的として作られました。
「トップページ以外のページに無断でリンクする」ことは、まったく問題のない行為です。

ただし、「どんなリンクでもOK」な訳では、もちろんありません。

他人が作ったページを、自分が作ったページであるかのようにリンクしてはいけません。

そして、コメント文には留意しましょう。
間違った紹介、不十分な紹介はトラブルの元です。
適切なコメント文を書きましょう。
難しければ「何故あなたがそこにリンクしようと思ったか」を閲覧者に分かってもらう為の文章、と考えてみてはどうでしょうか。

では、どうしてもリンクされたくない場合は?
アクセス制限しましょう。
つまり、.htaccessやCGIでパスワードをかけるのです。
そして管理人が、一人一人にパスワードを発行します。
正しくアクセス制限すれば、リンクしたくてもできません。
リンクされたくない全てのページをアクセス制限しましょう。
複数ページにパスワードをかけるCGIでしたら、
KENT WEBさんのCGIをオススメします。
無制限にIDとパスワードを設定できるので、一人ずつ違うIDを発行すれば
万が一バラされても、そのIDを削除すればいいだけです。
非常に安心です。
逆に言うならば、本当にリンクされたくない、公開したくないなら、
ここまでするのが管理人の仕事です。

それでもリンクされたら?
・・・それはアクセス制限されていません。
ちなみに、URL請求制はアクセス制限ではありませんよ。
例えあなたが、誰にもURLを教えていなくても、自分一人しかそのURLを知らないと思っていても、アクセス制限されていなければ、そのページは公開されています。