戻る

小説


ここは、管理人が書いた小説を公開するページです。
現在はデ・ジ・キャラットを題材とした二次創作のものがメインとなっております。


題名本文(数字は話数)
りんなが秋葉へやってきたにょ 【1】 【2】 【3】
【4】 【5】 【6】
【7】 【8】 【9】
【10】 【11】 【+α】

まとめて読む(容量:43Kb)
りんなの家を見つけ出すにょ
(順次公開中)
【1】 【2】




各小説のあらすじ、コメント紹介



「りんなが秋葉にやってきたにょ」

---あらすじ---
ゲーマーズで働くでじこは、お使いに行く途中でりんなと思いがけず2年ぶりに再会したにょ。
久しぶりの再会を喜び色々と話をしていったけれど、ふとりんなは一つの質問をでじこに投げかけたにょ。
その質問ででじこは、2年の間に忘れてしまっていた気持ちを思い出し、そのことで苦悩するにょ…。

---コメント---
もし秋葉原設定のデ・ジ・キャラットにりんなが登場するとしたら…と考えて作ったお話です。
笑いありシリアスありの内容で、主にりんなや皆の行動をでじこ視点から捉えたものとなっております。
その関係で、地の文は季刊デ・ジ・キャラットにて連載されている小説
「でじこのごきげん日記」みたいな、ほとんどの語尾に「にょ」が付いている仕様となっています。
こうした方が書きやすかったのは、何故なのでしょうか…?

微妙に長くなってしまいましたが、お時間のあるときにでも楽しんでいただけると幸いです。

公開開始日:2004.05.08
公開完了日:2004.05.23


「りんなの家を見つけ出すにょ」

---あらすじ---
ゲーマーズで働くりんなは、一体どこから通勤しているんだにょ…?
その答えを探るべく、でじことぷちこはりんなを尾行して場所を突き止めようとするにょ。
って、りんなは実はホームレスだったのかにょ!?はたして真相やいかに……。

---コメント---
前作「りんなが秋葉へやってきたにょ」の続きとなるお話です。
基本的なスタイルは以前のものを踏襲しつつ、今回はちょっぴりサスペンスシーンも取り入れてみました。

今後もこのシリーズで何編か書いて、最終的にはりんなが秋葉原にケーキ屋をオープンするという形で
連作のラストを迎えたいと考えています。個人的には、やはりお店を開かせてあげたいので…。

今回も長くなりそうですが、楽しんでいただけると幸いです。

公開開始日:2004.07.05

※小説の本文は、
・スタイルシート対応
・横幅500px以上のウインドウサイズ
・「中」または「12pt」の文字サイズ
以上の条件を満たすブラウザで最適化されます。