アメンボについて

通常言われるアメンボです。体長約5cm。
2本の前足、4本の長い足の6本の足がある。
泳ぐ時は、2本の中足をロールのように動かして泳ぐのだ。
*アメンボは、カメムシ亜目・アメンボ科に入ります。

*アメンボの種類
オオアメンボ・・・・体長約10cm日本最大です。
アメンボ・・・・・・体長約5cm
ヒメアメンボ・・・体長約2cm
シマアメンボ・・体長約1cm
コセアカアメンボ
*どんな所に住むのかな?
水がきれいであり、水草が生えている所。流れが緩やかな場所。
*何故水に浮いているの?
長い足の先には、細かな毛でおおわれていて、その中に油を出し浮いている。
*アメンボは、何を食べるの?
水面に動いているもの。ハエ・コオロギ・クモ・など
*どのように食べるのかな?
アメンボの口先には、口吻(こうふん)という針のようなものがあり、これで食べ物
に刺す。
 
上記の右側の絵のように刺したら消化液を片方の穴から出す。そして消化してもう片方
の穴より溶けた養分を吸い込むという仕組みです。ふ〜〜〜ん、知ってました??
*エサは、どうして見つけるの?
水面の振動を察知してエサに突進して刺す。
*カメムシの仲間という事は、臭いの?
刺激すると、下図の臭腺より甘い臭いを出す。

甘露飴のような臭いでいい臭いです。一度かいでみましょう。
飴ん坊と言う名前になったそうです。
*繁殖は、オスがメスに近づき交尾します。産卵は、草に卵を産み付けます。
*越冬は、どうするの?
冬を越すには、陸地に上がり草の下などで隠れて冬を越します。
*アメンボは、どうして水たまりにいたりするの?
空を数十メートル以上飛んで移動します。又歩いたりもします。
飛んでる様子です。
*アメンボは、種類によって臭いが違うそうです。
オオアメンボ・・・甘露飴に似た酸味がある臭い。
アメンボ・・・・・・・甘露飴より甘い臭い。
ヒメアメンボ・・・・さわやかな感じの臭い。
コセアカアメンボ・・高貴な感じの臭い。
だそうです。普通は、判りませんネ。(ーー;)