105円均一DarkSide Review

いらっしゃい
このサイトについて
独断偏見レビュー(とか)
ここの文字列を変えないと気付いてもらえないから困るよねなテキスト scratch2014 14.02.27

各カテゴリ最終更新日(現在ほったらかし中)
comic:08.10.12
etc:06.09.07
watch: 10.02.20
tips:05.09.13
dev: 10.05.12
about: 10.02.21
joke:08.09.13
robo: 09.10.20
offstage:05.07.15
history:07.12.30



掲示板
リンク(grobal)
過去のヘッドライン
top-2014
top-2013
top-2012
top-2011
top-2010
top-2009
memo2010
memo2009
index2008

17.07.26

これはもう単なる短所だと思うのだが
自分はパズルと言うか課題とか謎があった時に「自分にできるだろうか?」が優先される
賞金とか報酬とかの多少はどうでもいい
どちらの報酬が高いかよりはどちらの問題が面白そうかで判断するとでも言えるだろうか

そして世間一般で言うところの優秀な人はリターンとしての報酬を常に考えてチョイスする
人間関係の失敗も敢えて言えばこれ以上は無駄と判断すればそこでさっさと切り上げて引く
確かにそこで時間をロスするよりは他のところでスコアを伸ばせばいいのだ

(ここで無駄に好感度を下げないようにどう転がすかで悩む)
デコボコの荒れ地を平らにしようとすれば
前庭として全部平らにできるのであれば先に難しいところを手がける
しかしそもそも全部が無理と分かっていればそれなりに簡単なところから手をつけてややこしいところは残す
ややこしい事を簡単な事に置き換える楽しさと
デコボコが減っていいく喜びのどちらもあるのだが
まぁ個人的には出来ない事を経験する快感もあると思うのだが
何というか洗濯とか掃除が好きな人を尊敬する←ダメな結論

17.07.20

数日前クリエイターを目指す子供を諦めさせるみたいなの話題があったが
いまだに大人側の認識として
大企業の社員・芸能人・スポーツ選手・大学教授・医師・政治家
よりもクリエイター(特にサブカル)の地位が低いからそうなるのではないかなぁと
と言うか効率え的に収入を得る事とやりたい事はイコールじゃなくていいと思うのだが
本人に一本道で将棋のプロを目指すよりも別の仕事を確保しつつ趣味で将棋を続ける事が何故ダメなのかを考えさせるべきで
むしろ学校の知識の教え方がつまらないからそういう事になるのではないかと
美術や音楽が面白いと同等に数学や英語の面白さもある訳で
いや極端な話、子供と接する立場の人が権威的・抑圧的な気持ちを持つのはいいんだが
それを「君のためを思って」などと正当化しないでくれればいいのである
もうちょいゲスい言い回しをすれば
「さして才能も無く雇われ教育者として細々と生きている私にはそういう楽観的な若者が妬ましいのでコメントできない」
ぐらい本音を出してくれればまだ共感を呼ぶのではないか

17.07.15

プレーンヨーグルトに余っていたオロナミンcを混ぜたら炭酸と甘みがフレーバーになって面白い
→わざわざ買ってまで試すほど推奨するほどではない
→これに限らず炭酸飲料は甘いのでジャムや砂糖を足すより手軽に調整できる
念のためgoogleで検索すると似たような事を試している人はまま居るようで
権威とか学術性とか商売とか信頼性とかそういう事が求められない分野でネットは便利だなぁと思う

転じて遠方の友人とコンタクトするとか既にあるお金を使うとかには便利である
しかし新たに人脈を広げたり財産を増やすにはもう適していないのではないかと思わないでもない
↓また無駄に長くなるので強引にまとめると
拡張路線は分岐があった時にどっちが「正しい」かを決定するのに迷うが
予算消化は文字通り消去法で選べるので決定が速やかである

もっとダメダメな例を出せば既にコンタクトしている人と麻薬を売買する事には使えるが
新しく入手ルートを作ろうとすると難しい
(別に麻薬じゃなくても中古品の譲渡でもいいが相手の素性を見抜くのが難しいと言う説明のために敢えて)

と言うか数週間前の話題がどうなったかを確認するのが凄い面倒に感じる
回転寿司のように運ばれてくるニュースに手を出し損ねるともう次のネタが来ている
食べたいものをパクパク選んでいるうちはいいが
知らないネタに手を出すべきか同じネタをもう一度取るのかどこで終わるのかに迷う
とはいえワンパターンになるのも可能性を狭めているようでモヤモヤする
多分こういう混乱を生じている人は多々居るのでTwitterやlineの次にそういうサービスが来るのやもしれぬ
さしあたっては「次のページへ」とか「続きはこちら」があるとそこで挫けてしまう

17.07.08

以下、スタイルが違うが戸惑いつつ

:久々更新
理想的と言ってよいリアクションいただき幸いの事
:ミラーサイト
特に告知していないがこのサイトにはURLが2つあり
前回更新では片方だけしか更新できなかった模様
→単にブラウザキャッシュを見てしまった気もするが未確認
:アートの定義と表現の自由
あくまで自己流定義では他人の権利を侵害しない限りにおいて個人の自由が保たれると解釈している
だから国家を批判する表現活動でもそこそこ許容される
芸術も古い価値観を壊す事はまぁ中立的だからと解釈すればいいだろうか
ただ、それを隠れ蓑にして他人の体や権利を害していいとはならない
それを拡張して他人の時間を奪うのもよろしくない
近頃のキーワードで言えばフェイクニュースがそれで
→伝統的にはコンピューターウィルスの拡散
ありていに言えば未必の故意でありその人が自覚的であるかどうかが関係するが
↑ここまで破棄↓再構築
他人をナイフで刺すのは刑事罰
他人に嫌われる自由は残されている
だが、相手が許してくれるかどうかとは別問題
ジャンプで反社会的な性表現をしてもいいのだろう
だが、その副作用として特定の集団から嫌われるのは是認しないといけない
第三者が匿名の場所で他人を罵るのも自由ではあるのだろう
「見なければいい」とかはその人が決める事であり
少なくとも当事者以外が求められていないのにわざわざ言う必要は無いのではないか
↓飛躍
人々は自分が生き易い環境を作る活動を行う
その中には他人の考え方を変える事もあるかもしれない
知人でも友人でも無い初対面の相手に影響を与える事には慎重になるべきで
放送局は放送法で色々制限される
ネットの活動はテレビの街頭インタビューで喋るよりは深くて面倒な面がある

神様は人間の活動を眺めているのだろうか
可能かどうかと神様がそれをやらんといけない理由があるかは別問題

以前もどこかで書いたかもしれないが嫌われるにはまず接近してもらわねばならない
罠を仕掛けた段階でその人は「確信犯」となる
その意味で落とし穴とプレゼントは似ている
不特定多数にバラまくプレゼントは他人の心を揺さぶらない
言葉をつむぐ練習にはなるだろうが
執着心があってこそターゲットを絞れる
他人を驚かそうと考える時点でそれなりに他人への執着心がある
私たちは無機物のドアやゴミ箱にサプライズを仕込む事は無い
対象物を変える事はそれを求めているのであってクラスではなくインスタンスである
いつかインスタンスはメモリリークを起こす
つまり全ての個人サイトはいつかは放置され廃れる←今日の結論

17.07.06

修都さんバースデー更新

もう見ている人も居ないと思いつつ

皆さまTwitterで色々つぶやいているようだしなによりなにより

変わらないところは変わらないがかがみさんが結婚していたり色んな事があるものよなぁ


このサイトはある意味ネタバレです。正誤とか時間軸とかそういのはともかくサイトの存在自体がネタです。関係各社とか著作権者とかとは一切関係ありません。関係あったら書けません。そもそもURLで気が付いて欲しい。
配色は青地に白で、リンクと訪問済リンクで微妙に変わります。が、CSS未対応だとどう見えるかはわかりません。

ご意見とかは next105tron(アットマーク)yahoo.co.jp にどうぞ

counter

Since:2003.09.05