ニア メモーロ プロジェクト
〜被爆者の体験を漫画で次世代に伝える〜



 「ニアメモーロ(nia memoro)」は、エスペラント語で「私たちの記憶」という意味です。

 1945年の原爆投下から65年の、長い時間が経過したいま
さまざまな理由により、被爆の実相を次世代に伝えにくくなってきています。
 
現在、語り部として活動、または記録に残っている
被爆者のかたがたの体験談を、漫画作品化することで
ビジュアル世代の若者たちにも、興味を持ってもらい、理解してもらおう
というのが、この企画のねらいです。



次の世代に、核のおそろしさや戦争のおろかさを
正しく伝えていくためには
まず子どもたちに
それらのことに対して、関心を持ってもらわなくてはなりません。

漫画なら、だれでも気軽に読めるので
その入り口としては、最適なのではないかと思います。

………………………………

ニアメモーロプロジェクトでは、協力者を募集しています。
被爆体験をお話ししてくださるかた。
漫画を描いてくださるかた。
そのほか、さまざまなカタチで、力になってくださるかた。

問い合わせは、こちらのメールフォームまで。
「路地裏の散歩者」へのメール


「たまこや」玄関へ    「路地裏の散歩者」トップページへ