BLEACH小説 


白ルキ、恋ルキ(片思い)、浦ルキ、一ルキ、中心。
小ネタは、また別場所。

2005年以降の作品
 『 虹 』 緋真の墓参り。ルキア、白哉それぞれ思うことは・・・
 【'05,9/16】
 眠れぬ夜 尸魂界から帰還後、ルキアが現世に戻って来る前。
一護が思うことは。 一ルキ。 【05,10/16】
Heart bleacker 『0 side-B』の直後くらい。
傷心なことに無自覚な白哉兄様。 白→ルキ。
 【06,2/17】
 
お試しあれ 甘々な白ルキにしたかったのですが、ズレました。
白哉シスコン気味。
【06,3/1】
 
湯たんぽ 風邪引き恋次を見舞うルキア。
ほのぼの恋ルキ。 【06,12/28】 
看病の作法 ↑の後日談。風邪のルキアを見舞う白哉。
シスコンな白哉です。 【06,12/28】 





↓ 2004年までの作品 ↓
(下に行くほど新しいものになってます)

一護と出会って以降の話

  望むは・・・  牢獄の中。ルキアの思うことは・・・
一ルキ・・・といいながら、白ルキ風味。  【03,1up】
  『 鍵 』 手の中にある鍵。それは何の為の鍵となるのか。
 白哉の一人称。白→ルキ?  【03,1up】
  風邪の処方箋 風邪を引いた一護に対し、ルキアは・・・
一ルキのはずなのに、微妙に浦→ルキ? 【'03,2/3up】
  夢に沈める 51話より前の話。夢にうなされるルキアを放っておけない一護。
一ルキ。  【03,2/22up】
  欠けた世界 ルキアのいない黒崎家。ルキアのことを思う一護。
一→ルキ   【03,3/16up】
   しにがみ ガンジュの独白。死神に対する思い。
シリアス。 【03,5/5up】


一護と出会う以前の話
白ルキが基本
  『 Celebrate 』   ルキアの誕生日。
白哉・恋次・浦原。  【03,1up】
  『Vessel 』 動かぬ義骸を見つめる浦原。
浦ルキ 【'03,1/22up】
  『ゆきうさぎ』 雪降る日の出来事。白ルキ、ほのぼの?
白哉視点。 【03,1/22up】
  『愚かな・・・』 白哉のいない夜。ルキアは・・・
ルキ→白  【03,1/22up】
  『甘い味』 バレンタインねた。
恋ルキ話と白ルキ話 【03,2/10up】
  Close to you 声をかけるが、いつものルキアとはどこか違う。
恋ルキ。  【03,2/27up】
   anymore 今日だけは何もなく終わりたいと思うルキア。
ルキ→白。  【03,2/27up】
  『 興味と追求 』   小ネタ気味。ルキアを見かけたと思った恋次。
恋次と雛森と藍染の会話。【03,4/8up】
   鳥・・・・ 仕事を休むルキアの感情は開放感と、暗い重い気持ちと。
ルキ→白 【03,6/1up】
『木漏れ日』 恋→ルキ
温かい日差しの中、どこか昔のようにのんびりとした気持ち。
【03,7/14up】
『影追いの・・・・』 白→夜一。でも白ルキがベース。
いつもよりはエロ度はあるかも。期待する程はないです。
【04,2,29】




チャド&夏梨話
ChaRin Story.1
  夏夜
68話の花火大会。酔っ払いの夏梨はチャドに絡む。
【’03】
ChaRin Story.2 
  ひとことに 
↑続き。翌日、自分のしたことを聞いた夏梨。
【’03】
ChaRin Story.3
 『小さきもの・・・』
尸魂界行く時くらいのチャドの心境。
チャド→夏梨。【03,5/5up】




戻る