スラダン名言集


===■あ行■===

【あ】

「あきらめたらそこで試合終了だよ」
個人的に第2位に位置してる名台詞!
安西先生の言ったこの言葉の意味は本当に深い!

「赤木の方がフケてるぞ」
牧が言った台詞。果たしてどっちが老けているのか?
くわしくは多数決投票の結果をみるべし!

「歩けなくたっていい。やっとつかんだチャンスなんだ」
赤木が言った台詞。彼のバスケットに対する情熱が溢れている。
怪我をおしてまで試合にでたいと思う勝利への執念!

【い】

「いっ」
アイコンタクトならぬフェイスコンタクト!
ともかく宮城と花道の奇襲の合図!

【お】

「お前なんか仙道さんの足元にも及ばへんわ ドアホ!! 」
相田彦一が豊玉高校へ行ったときにイラついて
思わず口に出してしまった言葉!要チェック魂に火がつく!

「オレ達は強い」
流川も気に入っている湘北の気合い言葉!
チームが一気に団結するのである!

「オレは…オレは今なんだよ!!」
桜木花道が山王戦終盤に行った言葉。
背中の痛みをこらえて安西監督に叫んだ!

「俺は三井、諦めの悪い男。」
俺は誰だ?三井が自分自身に問いかけた
そして言ったこの台詞!

===■か行■===

【か】

「片思いなの・・・」
晴子が花道に流川のことが好きと告げた言葉。
花道、記念すべき高校失恋第1号である!

【く】

「クサくて使用不能になった」
赤木が言った台詞。赤木のユニフォームは練習時の汗が染み付いている!

【こ】

「こういう展開でこそ オレは燃える奴だったはずだ」
三井の台詞。中学時代を思い返すかのように言った言葉!
スタミナが切れても三井はまた3ポイントをきめるのである!

「ゴール下は俺が制す」
リバウンド王・桜木花道!
彼のオフェンスリバウンドは大きくチームに貢献している!



===■さ行■===

【さ】

「最後にオレが勝つからだ。勝つから楽しーんだ。」
仙道の性格がよく出ている台詞。
流川と同じで負けず嫌いなのがよくわかる。

「さあ、行こーか」
たくさんのSDファンの人達が好きに違いない台詞。
本当のバスケの試合でも使って仙道になろう!

【し】

「静かにしろいこの音が…オレを甦らせる何度でもよ」
三井寿がはなった超名台詞!体力の限界は超えたはず
しかしボールがネットに吸い込まれた時のあの音で彼は何度でも復活する!

「シロートだからよ!」 桜木花道が言った言葉。湘北メンバーもあきらめかけていた
試合展開に逆に元気を与えた一言であったのかもしれない。

【す】

「・・・・・・すまん 誰だっけ 君?」
牧の珍台詞!豊玉の岸本に向かって言った一言。
本当にしらなかったんだからしょうがないじゃん(笑)

===■た行■===

【た】

「大好きです!スポーツマンですから」
桜木花道が晴子からバスケットは好きか?と聞かれ答えた台詞。
花道が春が来たと思った瞬間でもあったのだ!

「たたきつける!」
桜木花道が赤木との勝負の時
最後のチャンスでダンクをかましたときに言った力強い台詞。

「ダンコたる決意ってのができたよ」
桜木花道の名台詞!怪我をしてても出たい!
その気持ちを理解して欲しいと安西監督に言った言葉!

【て】

「天才」
花道が頻繁に口にする一言。

「天才ですから」
スラムダンク最後の台詞!桜木花道!お前は天才だよ!
振り向く様がなんともカッコイイ花道の最後の言葉!

【と】

「どあほう」
流川が頻繁に口にする一言。

「とりあえず 日本一の高校生になりなさい」
安西監督がアメリカに行きたいと告げた流川に言った台詞。
これを機に流川はさらなる飛躍をとげプレイに一層磨きがかかる!

===■な行■===

【な】

「何人たりとも俺の眠りを妨げる者は許さん」
趣味は寝ることである湘北のエース!
流川のもっともな意見であろう!

「No.1ガード宮城リョータ」
電光石火とは彼の四文字熟語!
ドリブルこそがちびの生きる道!

【ね】

「ねることかな・・」
流川が湘北バスケ部初日の自己紹介時に
趣味はあるか?と聞かれ答えたのがこれ。

===■は行■===

【は】

「バスケットがしたいです」
三井が言った超名台詞!個人的にNO.1です!
スラムダンクの中でのターニングポイントといえます!

「バスケットは好きですか?」
桜木花道が赤木晴子に話しかけられた最初の言葉!
この台詞なくしてスラムダンクは始まらなかったのだ!

「はっはっは うんうん」
何気ない一言だけど人気がある仙道の台詞。
彼の性格が全面的にでていて親近感がわく。

「 はらたいらさんに3000点・・・!! 」
魚住のナイスボケ!
クイズダービーじゃないんだから!

「左手はそえるだけ」
桜木花道、2万本シュートの間につかんできたシュートのコツ。
山王戦、最後のシュートを放つ際にもこの言葉を口にした!

【ふ】

「ぶちかませっっっ!!!! 」
流川がいった台詞である。
感情を内に秘めることが多い流川にしては珍しい。

「フンフンフンフンフンフンフンフンフンフン」
花道の人間ばなれした体力と瞬発力によって成り立つディフェンス時の 効果音(?)

【ほ】

「僕は体力をつけるために・・」
木暮がバスケットをはじめたきっかけ。
そんな彼も湘北バスケット部副キャプテンだ!

「ほらバナナやるから」
桜木花道が桜木軍団達に言った台詞。
赤木に認められようと掃除をしてご機嫌をとろうとした。

===■ま行■===

【ま】

「まけるよりはましだ」
流川が花道に言った台詞。流川の性格がよくわかる。
流川も仙道同様にものすごく負けず嫌いなのである。

「まちくたびれましたよ」
個人的にお気に入り!神の言った台詞。
彼の3ポイント、えぇ!あんな遠くから!?

「まるでこの4ヶ月が夢だったかのように・・・」
山王戦で桜木花道を襲ったアクシデント!
背中の痛みが桜木花道を苦しめるのだ!

【も】

「もうオレにはリングしか見えねえ」 3ポイント以外になにも俺には残っていない!
三井が湘北メンバー全員を信頼しこの台詞を言った。

「もう二度と…」 安西先生にケンカはもうしないかと聞かれて三井が。
三井の一言には様々な思いが込められている。

「もっとほめてくれ」 陵南の福田が心の底から願っていること。
フルフル震える福田は陵南のスコアラー!

===■や行■===

【や】

「ヤマオーはオレが倒す!」
桜木花道が観客に向かって山王戦後半に言った名台詞!
湘北はこの後、猛追撃をすることとなるのだ!

「要チェックや!」
名台詞というよりは決まり文句みたいなもの、
いわずとしれた相田彦一お決まりの言葉。

===■ら行■===

トップへ