桑谷さん「はい、今夜は全国のお兄ちゃんが待ちに待った例のアレを紹介します」
望月さん「例のアレですか!」
桑谷さん「ええ!例のアネです!」
望月さん「アレねぇ〜」
桑谷さん「アネじゃないよ、間違えちゃった。アレって言うよりもむしろ・・・」
望月さん「兄・・・あに・・・かな?」
桑谷さん「あに・・・妹?みたいなね。まぁ、ここまで言ったらなんの事だか分かっちゃうんですが・・・お楽しみに」
まぁ、アレって事で。

桑谷さん「もっちー、今ね連休なんだって」
望月さん「連休なんだ〜」
桑谷さん「うん」
望月さん「なんかでも関係ないよねぇ」
桑谷さん「うん関係ない。連休と言えば休み!休みと言えばピクニック!ピクニックと言えばお弁当!いっせーのーせっ!」

二人「♪これっくらいの、お弁当箱におにぎり、おにぎりちょいと詰めて!きざーみしょうがにゴマしお振って・・・」

桑谷さん「はい、ストップ!このさぁ”刻みしょうがにゴマしお”ってどんな料理?」
望月さん「どんな料理だろう・・・?」
桑谷さん「すごいさっき歌ってて・・・」
望月さん「アレ?」
桑谷さん「これ何のお弁当〜?」
望月さん「刻みしょうがって・・・」
桑谷さん「ゴマしおって、おいしくなさそうだよね、ぶっちゃけね」
ええっ!?!Σ( ̄ロ ̄lll)

望月さん「どんなお弁当なんだろう?」
桑谷さん「薬味?」
望月さん「薬味・・・?」
桑谷さん「なんの薬味って話で・・・だってさ、おにぎりの話の後にいきなり刻みしょうがだよ」
望月さん「刻みしょうがでしょ?ゴマでしょ?ごまはなんとなーく分かるけど・・・」
桑谷さん「まぁね。でさ、”にんじんさん”、”ごぼうさん”、”レンコンさん”って言うかさ、あんまり・・・なんか食物繊維はすごいんだけど、
なんかぶっちゃけ美味しくなさそう。なんかそれだけ詰められてもねぇ〜。”にんじんさん”とか言いながら・・・お前調理しろよ!みたいな話じゃん
コレさ何のお弁当か知ってる人はぜひお便りを・・・」
望月さん「欲しいね」
桑谷さん「欲しいね。『実は元はこんななんだよ』みたいなね」
望月さん「なんかお弁当作って欲しいよね」
桑谷さん「人参とごぼうとレンコンとゴボウ入れられてもみたいな・・・。あっ、あれかなぁ〜煮っ転がしみたいな・・・」
望月さん「煮物かなぁ?」
桑谷さん「煮物はそうだよね、人参やレンコンとかねぇ・・ゴボウ入れるよね」
望月さん「ふきでしょ?しいたけでしょ・・・」
桑谷さん「まぁ、弁当としては何か彩りはいいけどねぇ〜・・・」
望月さん「消化は微妙だなぁ・・・」
桑谷さん「そう!きざみしょうがにゴマしおはどんな料理か、あったら教えてくさい」
こう言うくだらないネタ大好きなんで、明日にでも調べてみようと思います(w


ふつおた


『おにぎりは何味が好きですか?僕はおかか〜!!(笑


桑谷さん「それだけかよ!いいねぇ〜、でもOPでちょうどお弁当の話をしてたからね」
望月さん「そう、なんでおにぎりさん・・・?」
桑谷さん「でもさ、今おにぎりっていろんな種類ない?」
望月さん「ある〜!」
桑谷さん「あるよねぇ」
望月さん「すんごいある!なんか直巻きとか言うのもあるでしょ?なんかそのまんま巻いてるやつとか・・・」
桑谷さん「あのさ、前はさぁコンビニで良しとされてたのはさぁ、おにぎりの海苔がどれだけパリパリかって事を追求してたくせに、何故か今直巻きって・・・
もうね、何がなんだかみたいな。開発者もう、がっくりだよね。」
望月さん「ホントだよねぇ」
桑谷さん「『おいおい、パリパリを追求したらこんどはベトベトでもいいのかよ〜!!』って話じゃない?」
望月さん「そう、ビックリしちゃった。あの、季節に合わせてやっぱり違うし、今キノコのヤツとか出てるよね」
桑谷さん「ああっ!今キノコ・・・ああっ、美味しいんだよねぇ〜!」
望月さん「キノコ・・・」
桑谷さん「そうそう、おこわ系とかも多いよね」
望月さん「そう、美味しい〜」
桑谷さん「あれさぁ・・・そう言えば季節の物を巻くくせに、サンマおにぎりって聞かないよね」
望月さん「サンマはねぇ・・・聞かないね」
桑谷さん「まぁ、ぶっちゃけ臭そうだけどね」
望月さん「そうかもね」
桑谷さん「さんまの”わた”とかね。サンマはそれがおいしいじゃない?」
望月さん「そうそうそう!」
桑谷さん「元々焼いて食べるの。だけど、おにぎりにしたら、やっぱ臭いのかな?」
望月さん「臭いのかもしんないね」
まぁ、開発者の方はそこを何とかして売ってみるのも・・・(ぇ

桑谷さん「あー・・・おにぎり何が好き、もっちー?ちなみに」
望月さん「うんとねぇ・・・あのねぇ・・・結構どれでもイケるんだけど・・・めんたいこかなぁ?」
桑谷さん「あっ、おいしいよねぇ〜」
望月さん「めんたいこ美味しいね」
桑谷さん「うん、好き好き!えっ?めんたこマヨネーズとかも大丈夫?」
望月さん「うん、全然大丈夫!」
桑谷さん「おいしいよねぇ〜」
望月さん「すっごい好き!」
桑谷さん「アタシはねぇ・・・おにぎりじゃないけど・・・何故か納豆巻き!」
望月さん「あっ、納豆巻きもいいよねぇ〜」
桑谷さん「うん、納豆巻き・・・納豆がダメなくせに、コンビニの納豆巻きだけは・・・」
望月さん「大丈夫なんだよね」
桑谷さん「なんかねぇ・・・たぶん臭みがあんまない!」
望月さん「そうだね、そんなに臭くない」
自分も納豆ダメなんだから、今度コンビニの納豆巻きに挑戦してみようかのぉ・・・

桑谷さん「だって、家で弟とか・・・弟すごい納豆好きなんですけど、家で弟とかが納豆食べてるのはダメなの。もうニオイがダメで『アンタ側近寄らないでよ!』とか
よく言ってるんだけど、なぜかねぇ納豆巻きは平気ですねぇ」
望月さん「大丈夫なのね」
桑谷さん「好き。あと・・・うん、めんたいことか好きだし」
望月さん「シーチキンとかもいいしね」
桑谷さん「おいしいよねぇ〜♪もうなんでもいい、食わせろ!って感じなんですけど・・・」
望月さん「あははは・・・!」
桑谷さん「お腹減ってるからね、なんでもいいんだけどね」
望月さん「ホントだよねぇ」
やっぱり食べ物の事にはうるさいお二人なのでした。


『先日某雑誌を立ち読みしている時に、もっちーのパーソナリティをしているアニメロミックスの記事があり”まっぱ””はんまっぱ”と言う発言をしていましたが
調べることが出来ません。だからなっちゃんに今日の服装を・・・逆にもっちーがなっちゃんの服装を説明して下さい』



桑谷さん「また着ましたね、服装・・・」
望月さん「服装チェック!」
桑谷さん「服装チェック」
望月さん「
おすぎです
桑谷さん「・・・
ピーコですってか関係ないし!あれっ?ちなみにおすぎさんは服装だっけ?」
望月さん「違う違う!映画・・・」
桑谷さん「逆だよね」
望月さん「そうそうそう!」
桑谷さん「だよねぇ。今アタシ一瞬『えっ、おすぎ?』って・・・
ピーコよ!
望月さん「
おすぎよ!
桑谷さん「・・・まぁ似てねぇけどな、全然。ピーコさん・・・になったつもりで・・・なんでだよ!」
なんか・・・二人とも暴走?

望月さん「今日はねぇ・・・ピンクの・・・何?上着?」
桑谷さん「上着?『なんなの上着なの?』とか言いそうだよね」
望月さん「ティファーニーの・・・・ネックレスをなっちゃんがしてて、あと、イヤークリップ。流行の・・・イヤークリップをしてますね、なっちゃんは」
桑谷さん「もっちーはですねぇ、ビビアンウエストウッドのセーターを・・・ニットカーディガン・・・を着ております。これはミニ丈でヘソが出てまーす。
まぁ、まっぱや半まっぱではないですが、どこかセクシーポイントは、必ずもっちーなんでありますね。今日はヘソ」
望月さん「ヘソ」
桑谷さん「そこで黒いキャミを下着て、下はジーンズを・・・合わせてますね。ちょっと今時の若者みたいな感じですね」
望月さん「でも、カワイイ〜なっちゃん、ピンクの・・」
桑谷さん「あっ、ホントに?もっちーありがとう〜!でもなんか、しょせん身内評って言ったらおかしいけど、なんていうんだっけ?こう・・・身内・・・」
望月さん「身内評を何て言うの?」
桑谷さん「身内評?よく分かんないけど、しょせん身内の評価!」
望月さん「うん」
桑谷さん「だよね、秋なんでおしゃれをかかせないと」



電撃ジーラジ編集部


伊藤さん「編集長、大変です!」
桑谷さん「アナタは・・・ええっと、やっちゃん!
伊藤さん「はい、見習い編集部員の伊藤靖子です」
望月さん「あっ、どうしたの、そんなにあわてて・・・」
伊藤さん「すーごい特ダネをゲットしたんです」
望月さん「特ダネ・・・?早起きすれば三文の・・・?
桑谷さん「特だね!ってもっちー!それじゃなくて、すごい情報をつかんだって事よ」
望月さん「へぇ〜」
桑谷さん「で、一体どんな特ダネなの?」
伊藤さん「私がゲットした特ダネ・・・それは・・・コレですっ!ジャーン!」
桑谷さん「こっ・・・コレは・・・」
二人「シスタープリンセス2 PREMIUM FAN DISC!!」
桑谷さん「これって、ファンディスクなのに、春休みの2週間が舞台の完全新作アドベンチャー・・・スプリングストーリーがまるごと入ってる話題作じゃないの!」
望月さん「しかも!初回購入特典として、シスプリ秘蔵映像を集めたDVDとファンディスク限定の豪華トレカセット4枚組が付いてくる!」
伊藤さん「編集長も・・・副編集長もやけに詳しいですねぇ」
桑谷さん「だって・・・」
二人「出てるもーん!」


桑谷さん「・・・と、言うわけで今夜はやっちゃんが来てくれました!」
伊藤さん「Puppy'sの伊藤靖子です」
桑谷さん「はーい!・・・あ〜ようこそ。なんだかな〜・・・ってか、こんなところにこんなCM入れちゃっていいの?MWさん、方向性大丈夫ですか?」
望月さん「大丈夫」
桑谷さん「いいんだって。今の小芝居に出てきた””シスタープリンセス2 PREMIUM FAN DISC”なんですが、
実は私たち・・・と言うか、まぁ主にもっちーがPLAY・・・させていただきました。つうか、もうやり終わったよね?」
望月さん「終わったね、ED見たね」

さすが、ゲーマー探求心旺盛な望月さん

桑谷さん「鞠絵ちゃんでやってたよね」
望月さん「もう・・・いいよ!!キャーーーって感じ。言えない、言えないっ!」
桑谷さん「はらはらドキドキしたけど・・・鞠絵ちゃんだから」
望月さん「そう」
桑谷さん「だけど、いい話だった」
望月さん「いい話しだった。うわ〜言えない、言えない、言えな〜いっ!」
桑谷さん「言えないつうか、超速読してたしね!言うよりも・・・でもED見れたよね?」
望月さん「もうね、素敵だったわ」
桑谷さん「って言うかもっちーの執念にも参ったよ。まさかねぇ、この打ち合わせの間ずっとさぁ・・・
だっていろんな人がさぁ、スタッフさんとか入れ替わり立ち替わり来てるのに、気づきもしないでやってたもんね」
望月さん「やってた♪」
桑谷さん「ずーっと集中してやってんだけど」
望月さん「よかったよ〜」
桑谷さん「絵も綺麗だし、OPも・・・そう、やっちゃんもずっと見てたんだよね」
伊藤さん「カワイかった〜」
桑谷さん「カワイかったよねぇ〜」
望月さん「そうなの、そうなの、そうなの♪」
桑谷さん「このファンディスクはですねぇ〜・・・11月13日(木)の発売」
望月さん「・・・!もうすぐじゃない?」
桑谷さん「超スグ!」
望月さん「やった!!」
桑谷さん「やった!もうやったけどな」
望月さん「もうやったけどね」
桑谷さん「ホントにやったよね、別の意味でね」
あくまでもゲームをPLAYです(当たり前ですが

桑谷さん「さて、そしてPuppy'sと言えばですねぇ・・・今日(2日)明治神宮外園軟式野球場で開催される『文化放送ラジオフェスティバル』に出演してきた!」
伊藤さん「はい」
桑谷さん「だよね?」
伊藤さん「来ました」
桑谷さん「どうだった?」
伊藤さん「いいですねぇ〜」

桑谷さん「いいですね、イベントはね!やっぱね!何度やってもいいよね!」
望月さん「ねぇ〜。CDも配ってきたんでしょ?」
伊藤さん「そうです、CDを売って・・・握手会をして参りました」
桑谷さん「で、まだあと一日あるんだよね」
伊藤さん「そうです、明日3日の11時と1時からCDの即売会、握手会を行いますので、ぜひぜひ遊びに来て下さい」


双研


『僕の中学時代に弟の方が写真を撮られるのが嫌で、いつも兄が代わりに写るなんて双子がいました。ある時、その弟に写真を見せてからかった所
兄の写真だとは気づかず、自分でも顔の区別が付いていないと言うことで全員で大爆笑でした。双子と言ってもこんな事あるんでしょうかねぇ?』



桑谷さん「はー」
望月さん「なるほどねぇ」
伊藤さん「ありますか?」
望月さん「あのねぇ小っちゃい頃の写真を見て『これどっちだろう?』って言うのはある」
桑谷さん「あっ、ホントに?」
望月さん「うん、ある!分かんないのちっちゃい頃って・・・どっちも同じだから」

桑谷さん「まぁ写真は物言ねぇからなぁ。そりゃ分かんねぇって感じだけどねぇ」
望月さん「ホント微妙な特徴をつかんで・・・よーくそこを探して見る、だから」
桑谷さん「あっ、でもねアタシの同級生双子が多かったんですけど・・・一卵性の男の子の双子でやっぱり、ちっちゃい頃写真じゃなかったんだけど
まだ赤ちゃんの時に、やっぱり名前で呼んでもさぁ赤ちゃんだからどっちも反応しちゃうのね。それで分からない親が後ろにほくろを足したんだって」
望月さん「そうだよねぇ」
やっぱり望月さんの両親も印を書く方法をやってたみたいですね。一卵性のいる家はやるのかしらん?

桑谷さん「なんか星形のほくろみたいな・・・マジックでね。それで・・・星が付いてる方が○○みたいな感じで、ホント赤ちゃんの頃って分かんない」
望月さん「分かんないんだって」
桑谷さん「だからもしかしたら、さぁA男として生まれてきた子は、実は成長したB男だったのにA男のまま成長したかも知れない訳じゃん」
望月さん「逆になってるかもしれないよね」
桑谷さん「かもしれないんだよ。親は『こっちは確かA男よねぇ〜』って言ってのに実は、ホントはB男って名付けられたハズなのに、いつの間にかA男になってたみたいな」
望月さん「そうそうそうそう」
伊藤さん「不思議〜」
桑谷さん「あるかどうか分かんないけどね!」
望月さん「今はもう分かるけど・・・」
桑谷さん「成長すれば分かるだろうけど・・・」
望月さん「そしたら分かるけど、昔は分かんない。見てて分かんないもん」
桑谷さん「へぇ〜そうなんだぁ〜おもしろーい双子って」
確かに興味深いです〜


『僕の知り合いの双子の女の人は、二人とも太り気味で、姉の方は主に肉を食べているのですが、妹の方は主に野菜を食べているそうです。
食生活が全く違うので、まさに親からの遺伝です』


望月さん「そうだね、それはねぇ〜遺伝だよねぇ。全然食事生活が違うんだもんね」
桑谷さん「そっか・・・だから一人だったら普通、『肉ばっかり食ってるせいかも、アタシ』みたいな感じで一回自分で実験をしなきゃいけない訳じゃん」
望月さん・伊藤さん「うんうん」
桑谷さん「でもさぁ、体質的に同じハズだかから、双子で。だから、肉ばっかりたべてる人と野菜ばっかりたべてる人がいる訳じゃない?だから、同時に分かってよくない?
結局自分が野菜主体に変えても『あっ、結局変わんないんだ』って思えるじゃん」
望月さん「『じゃあ、食おう』とか思える」

桑谷さん「『じゃあ食おう』って思っちゃうじゃん。まずます太っちゃうんだろうけど・・・『なーんだ、結局野菜中心にしたってアタシは変わらないんだな、たぶん』って
なんかちょっと一石二鳥で良くない?」
望月さん「そうかもしんない」
桑谷さん「別にこの方が・・・この女の方が野菜中心って言うのがたぶん好きでやってると思うんだろうけど・・・なんかいいよね」
望月さん「いいよね」
桑谷さん「でいいけどさぁ、やせないって言うのが分かっちゃうとイヤだよね。『どうやっても結局痩せないんだ、アタシ』みたいなね」
望月さん「そうだよね、遺伝はしょうがないもんねぇ」
桑谷さん「しょうがないよねぇ・・・・どうだろう?努力を逃げてるだけのような気もしないでもないけど」


『昔双子の方とつき合っていた事があったのですが、両方共に仲良かったので、とっても楽しかった想い出があります。
普通より2倍楽しい恋愛が出来ますよ』



桑谷さん「えっ?双子と同時に・・・・?」
望月さん「やってたんじゃない?」
桑谷さん「・・・それは時差別じゃなくて?例えばお兄さんとつき合って・・・時間が経って別れて、次に弟とつき合った訳ではなくて同時に双子なの?」
望月さん「かなぁ〜?どっちなんだろうねぇ?」
桑谷さん「でもアタシの知り合いもいるよ。弟と始めつき合ってて、その後お兄さんとつき合った人いるよ」
望月さん「ホントに〜!」

桑谷さん「うん」
なんか桑谷さんにはいろんな知人がいるようです

望月さん「でも、”その時仲良かったので”って書いてあるから同時につき合ってたのかもしんないね」
桑谷さん「・・・そうなのかなぁ〜?」
望月さん「うん、両方共に仲良かったんじゃない?」
桑谷さん「あれじゃない、別れても仲良かったって意味ではないのかなぁ?」
望月さん「・・・かなぁ?」
伊藤さん「うーん・・・」
桑谷さん「普通だったらさぁ、別れちゃうとさぁ・・・」
望月さん「”普通より2倍楽しい恋愛が出来ました”って書いてあるから・・・」
桑谷さん「あっ、そっか」
望月さん「うん、同時にだと思うよ」
伊藤さん「でも1/2になっちゃいそうですよね」
桑谷さん「ねぇ」
伊藤さん「愛情とかも・・・」
望月さん「・・・どう・・・うーん・・・」
桑谷さん「3人で出かけるのかな?」
望月さん「3人で出かけたりするのかなぁ?」
桑谷さん「映画館とか・・・」
望月さん「・・・に行くのかもしんないね」
桑谷さん「だってさ、例えばやっちゃんがこの立場だったとして、映画さぁ行く時にA男とB・・・またA男とB男だけど、
A男とB男が家にいて・・・映画行きたいなぁって思ったらさぁ、やっぱりどうする誘うときに?つき合ってるの二人と」
伊藤さん「映画・・・2人共ですよねぇ」
望月さん「3人で行くよねぇ?」
桑谷さん「だよねぇ、だってさぁA男とB男が同時に家にいるのにさぁ『A男映画に行かない?』って言ったらB男さぁ・・・がっくりだよね」
望月さん「だよねぇ、3人で行くのは楽し・・・」
桑谷さん「そう言うつき合い方になっちゃうよねぇ」
望月さん「なっちゃうよねぇ。で、2倍楽しむ恋愛が出来たって事で」
桑谷さん「・・・悲しみも2倍だよね、これこれ別れた時・・・」
!Σ(・□・ )

望月さん「そうだね」

桑谷さん「なんでこんなに嬉しそうなんだろ、アタシ」
望月さん「別れたときも二人一緒だから・・・」
桑谷さん「だってさ、今まで3人でいたのが一気に一人になるんだよ」
望月さん「だよねぇ」
桑谷さん「3人とも2倍じゃない?」
望月さん「そうだね」

桑谷さん「やーん・・・ダメだね」
望月さん「やっぱスゴいね」
桑谷さん「でもさ、2倍いい思いした分だけ2倍苦しめばいいんだよね!」
伊藤さん「怖い・・・」
桑谷さん「そうそう、よく分かんないけど・・・いいねぇこんな2倍も幸せ・・・一個分けてくんないかな?」
望月さん「ねぇ〜・・・欲しいよねぇ」
桑谷さん「ヤバい、どうしてアタシがこう進行するとくらーい方向に行くんだろう?」
それは桑谷さんだからです(理由になってない


そしてED


桑谷さん「ええっと・・・明日3日ね」
望月さん「うん」
桑谷さん「11時と1時からCDの・・・特売と握手会。」
望月さん「Puppy'sがね」
桑谷さん「そうそうPuppy'sがね!」
望月さん「ぜひぜひ遊びに来て欲しいですね」

桑谷さん「明日もまたやるよ。きっとすごい人なんだろうね。アタシ達は行かないんで分かんないんですけど」
望月さん「なんか・・・大勢いるって聞いたよ」
桑谷さん「何万人とか言う単位なんでしょ?」
望月さん「ねぇ、いいなぁ〜・・・」
桑谷さん「そうだよね、だってアレは別にG’sラジオのイベントではないから・・・」
望月さん「文化放送・・・」
桑谷さん「文化放送さんのイベントなんだよね。すごいよね、そりゃたくさん来るよね」
望月さん「うん」
桑谷さん「聞いてる人が何万人って単位だから」
望月さん「ねぇ〜・・・」
桑谷さん「みなさんぜひぜひ行って下さいね」


望月さん「そしてそして、今日シスタープリンセス2PREMIUM FAN DISC!」
桑谷さん「ええ、できたてほやほや」
望月さん「ねぇ〜!もう・・・素晴らしいよ。絶対にやんなきゃ損する」
桑谷さん「まぁ、でも今までシスプリのシリーズをやっててくれたお兄ちゃんは、まぁたぶん、まずは買うだろうかなって感じはする」
望月さん「買うかな?」
桑谷さん「だって、新しい話が入ってるもんね」
望月さん「入ってる、入ってる」
桑谷さん「もう、これは・・・ホントに最後ですからね」
確かにそうなんですけど・・・その言葉を2度も聞きたくなかったです。

望月さん「そうだね、ホントに最後・・・」
桑谷さん「最後なんですよね?」
望月さん「微妙?まだある?」
桑谷さん「分かんないけど・・いや、微妙って言うよりゲームとしては最後と言うことで私たちは収録したんだけど・・・あの、覚えてる?自分が収録したの」
望月さん「あのね、今日ちょっとやったんだけどねぇ、花穂には一切触れなかった」
桑谷さん「そうだよ!!もっちーさぁ、自分のキャラ選ばないんだもん!!『花穂選んで、選んで!』って言ってるのに、まぁ選んでって言ってるときに
たまたま出てこなかったんだよね」
望月さん「そうそうそう・・だから・・・触れることなくやっちゃったから」
桑谷さん「鞠絵ちゃんをずーっとやってましたよね」
望月さん「あとは他の雛子ちゃんとか・・・」
桑谷さん「そう、雛子ちゃ〜ん!ちょっと疑問点がいろいろあったんですけど、まぁあえて言わねぇ」
望月さん「かわいいよね、でもね」

桑谷さん「雛子ちゃんかわいい。やっぱり千葉千恵美さんはね、きっと子供のまま成長してると思うよ」
望月さん「思う思う!」
桑谷さん「あれはすごいよねぇ」
望月さん「かわいかった、ぜひやって欲しいですね」
桑谷さん「やって欲しいです。と言うわけでみなさんシスプリPREMIUM FAN DISC・・・買ってね!」
と、言うわけで久々にシスプリの話題が色濃く出たところで今回は終了です。