● 警察にはどんな階級があるのか?

警察官の階級は、「巡査」から始まり、「巡査部長」「警部補」「警部」「警視」「警視正」「警視長」
「警視監」「警視総監」までとなっている。そしてどの階級がどんな役職に就いているのかといえば、
必ずしも階級と役職は一致しないが、例えば我々の一番身近な(?)存在である各警察署の署長クラスは
警視正、または警視。警察署の課長は警視、または警部が続いている(詳しくは別表参照↓)。

● 階級と主な役職の関係図

階級\所属 警察庁 警視庁 県警本部
長官
警視総監 警視総監
警視監 次長、局長、審議官 副総監 本部長
警視長 課長 部長 本部長、部長
警視正 室長、理事官 参事官、課長 部長 署長
警視 課長補佐 管理官、課長 課長 署長、副署長
警部 係長 係長 課長補佐 課長
警部補 主任 主任 係長 係長
巡査部長 主任 主任
巡査


● いま全国に警察官はどのくらいいるのか?

平成10年度の定員は228,711人。その内訳は警察庁2,310人(皇宮護衛官を含む)、都道府県警察
226,401人(警視庁は41,712人と最大規模)。
この人員体制下で、どのような階級構成になっているかというと、全体の約30%が巡査、同じく約30%が
巡査部長、さらに約30%が警部補と言われている。つまり、約9割の警察官がこの3階級で占められている
ことになる。そして残りのうちの約7%が警部、約3%が警視以上のクラスだとか・・・。まるで釣鐘のような
階級図式である。


● 警察庁と都道府県警察との違いは?

日本の警察組織は、国と都道府県の警察機関から構成されている。そのうち、国の機関に当たるのが警察庁。
警察庁は全国47都道府県の警察本部を指揮、監督する立場にある。いわば“国家警察”という訳だ。一方、
警視庁をはじめ地方自治体が運営するのが都道府県警察。実際に犯罪捜査などを行う。“実働部隊”を持ち、
個人の生命、財産、公共の安全と秩序の意地といった、警察の責務を遂行するのが、これら“自治体警察”の
大きな役目である。


● キャリアってどんな人達なの?

国家公務員T種試験の合格者から、将来の幹部候補生として警察庁が採用したエリート達のことをいう。
キャリアとは警察庁だけでなく、各省庁同様の呼び名である。現在警察庁には約520人のキャリア組がいる。
ちなみに、今年警察庁が採用したのは12人。将来の長官、警視総監は、このキャリア組の中から生まれると
言ってもいいのである。


● では、ノンキャリアってどんな人?

各都道府県警察が実施する採用試験に合格し、警察官となった人達のことをいう。エリートのキャリア組と
区別する意味合いで使われる。つまり、現在いる警察官のほとんどが、このノンキャリア。ここから警察の
トップまで出世する者はまずいない・・・。


● キャリアの昇進システムは?

まず警察庁に入庁した時点から、いきなり警部補からスタート。キャリア組には昇進試験などはなく、
入庁後、警察大学校で幹部となる帝王学を学び、警察署で見習い期間を経るなどしたのち、警部に昇進する。
ここまでたったの1年というハイペース。その後、警察庁で2年勤務し、再び大学校で教育を受ければもう警視。
25〜26歳で所轄の警察署長に馴れるとか。ここからは警察庁や都道府県警察などを行ったり来たり。
その間に階級や役職も上がり、出世街道をひた走る。


● 一方、ノンキャリアの昇進は?

ノンキャリアは巡査から始まり、警部までは階級ごとに昇進試験を受け合格しなければ、出世の道はない。
大卒の場合、実務経験1年(高卒なら4年)で巡査部長への受験資格を得られる。合格すれば、さらに1年(高卒は3年)
で警部補の受験資格。そしてそれに合格すればさらに4年(高卒も同じ)で警部の受験資格・・・と、順調に
合格していけば30歳で警部になれる。ただし、これはあくまでも机上の計算。現実はそう甘くはない。
ましてや、ノンキャリアが定年までに警視以上になることは、至難の技に近いそうだ。
『踊る大捜査線』に描かれているような二重構造は、実際にはもっとシビアなのかもしれない。
● 年齢で見る昇進モデル(最短の場合)

階級\採用 キャリア ノンキャリア(大卒) ノンキャリア(高卒)
巡査 22歳 18歳
巡査部長 24歳〜 22歳〜
警部補 22歳 26歳〜 26歳〜
警部 23歳 30歳〜 30歳〜
警視 25〜26歳 40歳〜 40歳〜
警視正 34〜35歳 50歳〜 50歳〜
警視長 42〜43歳 55歳〜 55歳〜
警視監 50代前半
警視総監 50代後半