Red Ransom(Roberto)1987

Roberto Hail to Reason Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Nothirdchance Blue Swords
Galla Colors
Bramalea Nashua Nasrullah
Segula
Rarelea Bull Lea
Bleebok
Arabia Damascus Sword Dancer Sunglow
Highland Fling
Kerala My Babu
Blade of Time
Christmas Wind Nearctic Nearco
Lady Angela
Bally Free Ballymoss
Fair Freedom

1987年アメリカ産、鹿毛。アメリカで2-3歳時、3戦2勝(2-1-0-0)。91年から供用。

主な戦績
 2歳時(2-0-0-0)、
 3歳時(0-1-0-0)。

米国、ケンタッキーのヴィナリーで供用中。
主な産駒
 (92年産)Bail Out Becky(デルマーオークス)、Sri Pekan(シャンペンS、リッチモンドS)、Upper Noosh(ミスグリロS)、PetrouchkaRuby Ransom(Strut the Stage(2着セクレタリアトS)/Sacred Song(2着ヨークシャーオークス)の母)
 (93年産)Trail City(アーリントンクラシックS)、Wandering Star(E.P.テイラーS)、Briarcliff*ユノペンタゴン(2着京成杯、2着金杯)、Maharani(Joe Bear(2着セクレタリアトS)の母)
 (94年産)Intikhab(クイーンアンS、欧州チャンピオン)、Rojo Dinero
 (95年産)Comic Strip(ルイジアナダービー)、Stay Sound(ホーソーンダービー)
 (96年産)Perfect Sting(BCF&Mターフ、クイーンエリザベスチャレンジカップ)、Pico Teneriffe(3着フラワーボウル招待H)、Crystal Symphony(マイチャーマーH)、Shabby ChicDawn Ransom(*ブラッドバローズ(3着アーリントンC)の母)
 (97年産)China Visit(UAEダービー、2着フォレ賞、3着香港マイル)、Ekraar(ジョッキークラブ大賞、2着香港ヴァーズ、2着共和国大統領賞、3着イスパーン賞、3着ジョッキークラブ大賞、3着ドバイシーマクラシック)、Slew the Red(ゴントービロン賞)、Think RedSinging Hour
 (98年産)New Economy(G2)
 (99年産)Mr. Mellon(G2)
 (00年産)Casual Look(オークス、2着フィリーズマイル、3着愛オークス、3着クイーンエリザベスIIチャレンジCS)、Ransom o'War(バイエリッシェスツフトレネン、2着独ダービー)、Face Value(2着コーフィールドギニーズ)、Halibery(3着AUSG1)、Cassis(G3)、Fairly Ransom(G2、2着ハリウッドダービー)
 (01年産)*アポインテッドデイ(2着京王杯2歳S、2着共同通信杯、3着朝日杯フューチュリティS)、Charge for Ward(2着ゴールデンスリッパーS)、Kylikwong(3着AUSG1)

父Roberto、母Arabia、母父Damascus、母母父Nearctic、母母母父Ballynoss。父は、日本では*ブライアンズタイム*リアルシャダイ、海外ではSilver Hawk(代表産駒Benny the Dip(ダービー))を輩出の名種牡馬で、現役時代は英ダービーを勝ち、ベンソン&ヘッジスゴールドCで無敵のBrigadier Gerardに唯一の黒星を付けたが、凱旋門賞はサンサンの7着、愛ダービーは14頭立ての12着と、今一つ安定感はなかった。
 5ハロンのサラトガのデビュー戦をレコード勝ち(56.4/5)して、次のアローワンスを6馬身差圧勝。3歳で1戦して故障発生、引退。大レースの勝鞍はないが故障で引退を余儀なくされ、しかし非凡なスピードを見せ付ける、レイズアネイティヴやダンチヒと同じような経緯での種牡馬入りという感じか。父も母父も成長力に定評がある種牡馬で、自身の戦績を字面で追っただけのような単なる早熟短距離馬では終わらないはず。代表産駒インティカブは特にこれといった成績は残していないが、クイーンアンSを大差をつけて優勝しており、その評価が非常に高い。ただ、その後は脚部難で大成できずに終わっている。その意味で当馬と同様の運の悪さを感じずにはいられない。


indexへ