魁! 山田塾

 

 
 
 

 

「ピーズラボ東海」としてスタートした山田塾。
毎週金曜日18:00〜20:00、愛知県体育館・地下武道場にて行われています。
おやぴんは引退したけど、今後のパンクラスを担う素晴らしい選手を育てて欲しい。
ファンの期待と激励の言葉を伝えるため、鈍くささも何のその、山田塾を体験して来ました!
 

        武道場

          2001年3月30日(金)。山田塾の会場である武道場は、愛知県体育館の地下にあります。
          体育館の通常の入り口の裏手に、武道場の入り口がありました。
          開始少し前に着いたのですが、なんと受け付けのおじさんが「まだ誰も来てないですよ」。
          ええっ! ど、どうしよう!?
          怪我などした場合の責任者がいないと、武道場は使えないのだそうです。
          この日は月末で金曜日。おやびん、岡崎からだと1号線 or 名古屋高速、混んでるのかなぁ・・・。
          困っていると、勝手に練習はできないけど、着替えて待っているだけならいいですよ、ということで、
          とりあえず中には入れてくれることに。
          立っていても仕方ないので、おじさんに お礼を言って中に入りました。
          愛知県体育館、何度か行ったことあるけど、こんなとこがあるなんて全然知らなかった!
          階段を降りてすぐのところにある武道場を そっと覗くと、奥にリングが作ってあり、手前には約10畳くらいのスペースが。
          入り口のところには、パンチングボールがあります。そこを通り過ぎて更衣室へ。

          更衣室は結構 広く、学校のプールの更衣室のような感じです。
          サクッと着替え、ロッカー(100円入れて使用して、後でコインが戻って来るやつ)に荷物をしまい
          おやびんに渡す掲示板のプリントを持って武道場に。
          武道場に入ると、私たちが着替えている間に おやびんも生徒さんも集まったらしく、ストレッチが始まっていました。
          今日の生徒さんは全部で12人(うち女性4人)。「New Ageの鼓動」にあった中学生の子も来ています。
          「こんにちは!」と挨拶し、私たちも慌ててリングに上がり、ストレッチを始めました。
          ストレッチが一通り終わると改めて挨拶。
          おやびんは私を見て「今日、初めてですよね。」
          私「はい、よろしくお願いします!」
          おやびん「格闘技は やったことありますか?」
          私「いえ、ないです。」
          おやびん「わかりました。(ニコッ)」
          そして まずは打撃からです。
 

        打撃練習

          最初はシャドーから(左だけ)。2分5Rです。
          おやびんが持参のラジカセで音楽をかけ(ちなみに”ロッキー”ではなく、ラップっぽいリズミカルな曲でした)、
          ストップウォッチを手に「はい、始め!」
          今回で山田塾も4回目ということで、皆さん慣れてる・・・。
          私は、ワケわかんないけど とりあえずやんなきゃ!と、周りの人たちを見よう見まねで、絶対ど〜見ても
          不格好なシャドーを始めました。
          おやびんは、エプロンサイドを周りながら、時にはリングの中に入って1人1人にアドバイスして行きます。
          特に私は初めてで経験もないため、おやびんは注意して見てくれていたみたいで、横でいろいろと教えてくれました。
          ・構えは、両手を高く上げてストンと落とした位置に構える。
          ・打つ腕は、肩の高さで。
          ・体重は、両足に交互にリズミカルに移す。左足を出した時に左手を打つ。
          ・空いている手は、必ずアゴを保護すること。
          横でアドバイスを頂きながら、言われた通りに打とう、とにかくついて行かなきゃと、もう必死です。
          カッコ悪いだろうな〜今の私のパンチ・・・そんなことを考えたりして、ワケがわからないうちに1Rが終了。
          1〜2分のインターバルに入ります。さっきまでは、みんな真剣にシャドーしていたけど、この時は和やかな雰囲気に。
          そして、みんなの呼吸が整ったところを見計らって2R目に入ります。
          こんな感じで5Rが終わったんですが、ラウンドが進むうち、不格好は不格好なりに、だんだん楽しくなって来たんです。
          なんか、どんどん打撃に集中していくというか・・・自分でも不思議。カッコを構うとかじゃなくて、いいパンチを出したい!
          っていう気持ちになって来たんですよね〜。
  
          そして次は、左右のシャドー2分5Rです。
          鈍くさい私は、またまた周りをキョロキョロしながらネコパンチを。
          なんか普段から、右と左が変になっちゃうことがあって、プールでアクアエクササイズする時も、1人だけ違う手を上げてたり
          するんですよ私・・・今日も、腕と足がバラバラになって、うまくリズムに乗れません。
          それを見て、おやびんが、またまた横からさりげなくアドバイスしてくれます。
          ラウンドの間には、おやびんがリングの真ん中で お手本を見せてくれたり。やっぱり、かっこいい!
          スピードも全然違うし、あんな風に打てるようになりたいなぁ。
          おやびんの お手本を見たり、みんなのやっているのを見ながら必死でやっているうち、何となく左右が順番に出るように
          なって来ました。流れている音楽のリズムにも何となく乗れるようになって、パンチだけに すっごく集中!
          最初より少しはマシになって来たかな? と思って、調子に乗って「打つべし! 打つべし!」気分だけジョーになってたら、
          おやびんが「あっ良くなりましたよ。なかなか軽やかだ。お蝶夫人みたいだね!」って。思わず吹き出す、のものも姉妹・・・
          たてロールのヅラつけて来れば良かったかな!?(ウソ)

          次はミット打ちです。
          塾も4回目ともなると、皆さんオープンフィンガーグローブ(以下、OFG)を持参して来ていました。
          私は持っていないので、のものも妹に借りることに。
          2人1組になって、ミット係と打つ役(?)を交代でやります。
          これは、左のみ2分3R、左右を2分3R。
          ・手のひらは強く握らない。
          ・打つ瞬間に軽く握る(卵を割らないように持つ感じ)。
          ・打つ時は腕を肩の高さで真直ぐ伸ばし、腰をひねる。
          ・空いている手は、必ずアゴを守る(結構コレ忘れちゃうんですよねぇ)
          OFGを着けてミットを打つと、手応えがあるし、ヘッポコパンチでもある程度 音が出るので、
          「打ってる!」という感じがして、思わず その気(ジョー)になってました。
          慣れない動きをするのも体力を使うんですが、ミット持ち係も意外と疲れるのにビックリ。
          ミットを持つ腕も疲れるけど、パンチを受けなくてはいけないので、腰を入れて下半身を踏ん張らないと
          打つ人が打ちにくい。打つのは楽しかったけど、ミット持ちは結構 辛かったです。

          その後、今日からキックを始めましょう、ということで、最初のキックは前蹴りでした。
          生徒さんにミットを持たせて、まず おやびんがお手本を。

          「バァン!」

          小気味のいい音を立てて、おやびんの前蹴りがミットに入ります。
          支えきれず、思わずよろける生徒さん。
          当然おやびんは手加減しているのでしょうけれど、スッゴイ迫力!!
          みんなの間から、思わず「おお〜〜〜〜っ」「ひえ〜〜〜っ」と声が上がります。
          これも最初、自分の利き足がどっちなのか今いち わからなくて(パンチは左がやりやすいんですが、
          キックは右がやりやすかった)「???」。
          でも、だんだん わかってきて、ポスッポスッと情けない音ながらも、蹴れるようになって来ました。
          この蹴りは疲れるので1分2Rずつにしましょうということで、パンチより早めに終わってしまったのですが
          もうちょっと蹴りたかったな。
          ここで、少し休憩を取ることに。
          時計を見たら、なんと もう19時になっていてビックリ。
          もう1時間も経ってるなんてぜ〜〜んぜん思わなかった。ホントに集中してたんだなぁぁ。