剣道の起源は韓国にあり!?

「韓国武道の起源捏造、欺瞞性を告発するためのサイトです」
2004.2.12更新



剣道の起源は日本にあります。
剣道の起源が韓国にあるとする韓国剣道Kumdoの主張は
出鱈目であって、まったくの間違いです。


English
Kendo is the way of the sword.
You might think that Kendo was originated from Korea. That is definitely wrong.


Korean
Summary: 1 , 2 , 3 , 4
And every Korean kumdolover, please also visit the website "Mykumdo".
You can get the right information about Kendo and Kumdo.


Chinese
有些韓國人自稱劍道起源於韓國




< 目 次 >

・・・・・・・・・・・・・・・ 主   文 ・・・・・・・・・・・・・・・

韓国における剣道  剣道とは何か?剣道の歴史は?

朝鮮の剣法  剣道という言葉の由来  剣道の韓国起源説

全日本剣道連盟と全日本柔道連盟  テコンドとの比較  米国のKumdo道場

・・・・・・・・・・・・・・掲示板やリンク集など・・・・・・・・・・・・・

ゲストブック・掲示板  お薦めサイト  強制相互・勝手LINK集

・・・・・・・・・・・・・・・ 副   文 ・・・・・・・・・・・・・・・

◆注意とお願い◆

えっ、まだ何だかよく分からない!?じゃあこれ読みなさい【Page2】
日本刀擬き、コムドの海外進出とオリンピック競技化、大韓剣道と海東剣道、全剣連のこと、意見など。

ばかマスコミの無知・歪曲垂れ流し放送を糾弾する【Page3】
フジTV番組SRS、WTFとITF、シドニー五輪報道、テコンドの海外展開、柔道と合気道、小さな成果。

もう少しこの問題に対する理解を深めてもらうために【Page4】
何故、韓国は歴史を捏造するのか?何故、日本文化のパクリをするのか?独断と偏見の韓国人論。

訳知り顔で大人ぶってるそこのあたな!これ読みなさい【Page5】
掲示板から、感想・意見をピックアップ。

韓国武道総捲り編
剣道、テコンド、柔道、合気道、、、韓国武道の起源捏造隠蔽などの話題を列記。

もっと知りたいそんな欲深なあなたのために
武道以外の日本文化、寿司・盆栽・清酒・扇子・桜など起源捏造隠蔽の話題を列記。

番外編
えっ、もう結構?まあそう遠慮なさらずに、ささっどうぞ。

謝 辞



 戦前の日本支配時代に韓国にもたらされた剣道は、近年、人気ドラマなどの影響もあって、韓国では韓国式漢字音の「Kumdo(コムド)」の名前で広く普及し、剣道人口も約40万人に達します。韓国のコムド()(日本語訳)は、日本と同じ防具・竹刀・袴を着けて行われ、試合形式の点でも日本の剣道そのものです。ですが、大韓剣道協会(KKA)(韓国を代表する剣道組織であり、日本の全日本剣道連盟(AJKF)に相当する)をはじめとする韓国のコムドの団体や道場では、「剣道の起源は韓国にあり、日本は剣道をスポーツとして発展させた(競技化、近代化)だけであって、また居合や武士道もその起源は韓国にある」といった類の荒唐無稽な主張()(日本語訳)を、インターネットの数多くのサイトで大真面目に繰り広げています。恐らく、韓国内ではマスメディアや書籍を通じて繰り返しそうしたデマが流されてきたのでしょう。今では韓国人一般の人々の間では剣道の起源は韓国にあるものと信じられるようになっています。このことは昨年9月にNHKが放送した韓国剣道の紹介番組において、韓国の子供が「剣道の起源は韓国にある」と平然と言ってのけたのをご覧になった方なら、薄々気が付いていたことではないでしょうか?私たちは、そのような史実に反する出鱈目がこれ以上広がることを非常に危惧しています。

 剣道とは何か?剣道の歴史は?といった話はしかるべき優良サイトや書籍が多々ありますので、ここではこれを読んでくれている方の便宜を図って、いくつかのサイトにLINKをはることにします。サイトの選択は私の興味の赴くままに行っていますので、予めご了承下さい。過去に中国や朝鮮からもたらされた刀剣と剣技が日本において数百年に渡る実戦経験を経て、日本刀という独自の刀剣とそれを主に両手で扱う剣法を発展させ、後には武士道という精神文化をも育みました。江戸期には竹刀や防具などの発明を通じ、剣術は日本全国で広盛を極め、幕末にはその道場数が400を数えるまでになりました。剣術から生まれた剣道は日本人の歴史、文化、精神に深く根ざした武道であり、スポーツです。(

What's Kendo?」「剣道とは」「剣道小史」「Brief History of Kendo」「剣道と杖道と居合道」「葉隠編」「剣道復活」「大日本武徳会の設立と裏舞台」「大日本武徳会と弓道」「剣道について」「剣道学科解説」「現代剣道技術論序説」「剣道の二刀流に関する史的研究」「居合の事・雑談」「日本刀の歴史」「日本刀とは」「舞草刀と刀剣」「日本刀銘文データベース」「紀元1年から1600年(慶長5)まで」「日本の太刀について」「日本の刀剣」「刀剣類MENU」「日本刀の作り方」「たたらの歴史と日本刀」「たたら」「剣客データファイル」「戦国を生きた男たち《 剣豪/武芸者編 》」「剣豪列伝」「幕末英傑禄」「武士(もののふ)の時代」「合戦」「About Kendo?」「KENDO」「kendo」「Japanese Sword Arts FAQ」「The Japanese Sword Arts」「THE JAPANESE SWORD INDEX」「samurai」「Samurai Archies」「Japanese Marial Arts」「剣道LINK集」「藝舎」「日本の武道」「武道の本


 一方、李氏朝鮮(1392〜1897)においては、火器と弓矢といった遠戦兵器が主流で、兵卒の槍剣術が極めて貧弱であり、その剣技は一方の手で盾を持ち、もう一方の手で刀剣を操作する片手剣法(高麗神将像)でした。倭寇や豊臣秀吉の朝鮮の役で酷く苦戦した経験から、朝鮮では脅威であった日本刀や銃砲(朝鮮では鳥銃という)の操作方法から製造方法に至るまでを朝鮮の役の際に投降した日本兵(降倭)などから学び取ろうと躍起になりました。こうしたことは朝鮮王朝の公文書『朝鮮王朝実録』の記述に幾多も見い出すことができます。朝鮮の兵士が用いた刀剣(環刀朝鮮のものは写真の物よりも細身)は李朝初期には刃長1尺6寸(48.5cm)、柄長1拳3指ほどの脇差し程度の長さであったものが、18世紀末には3尺2寸(96.0cm)、柄長1尺にまで長くなりました。こうした朝鮮における刀剣の変化は日本刀とその刀法の影響を受けたことにほかなりません。かつて日本に刀剣などをもたらした朝鮮は、李朝期には逆に日本から剣術の影響((No27))を強く受けるようになったわけです。しかしながら、科挙制度を取り入れ極端な文治主義を採った李氏朝鮮においては、日本のような広範囲にわたる武芸、武術、武道が官民をあげて興隆したわけでは無く、武芸書も中国の書物を頼みとするばかりで、独自の武芸書と呼べるような物は、18世紀末に王命を受けた文官が主に中国、日本の書物を参考にして編纂した『武芸図譜通志』()武藝圖譜通志(No28)、武藝圖譜通志諺解(No29)の解説と絵図参照。国内所在地(No62-63))が出されただけでした。朝鮮の李朝期500年間は概ね文を重んじ武を卑しみ蔑んだ文弱の時代であり、訓練都監(軍事訓練所)ですら時代を経るにつれ、武の何たるかをまるで解さない文官に占拠されてしまうような有様で、武術は衰微の一途を辿って行きました。朝鮮には剣道を生み出した日本の剣術の発展史に比肩しうるような剣術・剣法の確固たる伝承・伝統はありませんでした。

【朝鮮の歴代王朝】()
衛氏朝鮮(BC2世紀頃)、朝鮮四郡(漢武帝〜3世紀頃)、三国時代(高句麗,百済,新羅,加羅 4世紀頃〜668)、
統一新羅(676〜935首都:慶州)、後三国(新羅,後高句麗,後百済 9〜10世紀)、高麗(918〜1392首都:開城)、
李氏朝鮮(1392〜1897首都:ソウル)、大韓帝国(1897〜1910首都:ソウル)

 中国には苗刀(すらっとしてスマートな刀の意味)とその刀法が現存しますが、中国人はこれが明の時代に倭寇を通じてもたらされた倭刀(日本刀)に由来するものであることを認めています。16、7世紀に書かれた明の兵書『紀効新書』『武備志』などにも倭寇の日本刀の威力とその刀法が記載され、兵卒の訓練にも倭刀を取り入れていました。なお、先にあげた『武芸図譜通志』の中にも倭刀とその刀法ついての図絵と説明が載っています。
 元々、剣道という言葉は1世紀に出た中国の正史『漢書』芸文志に記載された「剣道三十八篇」という武芸書の名前が初見ですが、以後、剣道という言葉は漢の高祖劉邦が蜀に奉ぜられて落ちのびる際に険しい峡谷沿いの道を通った故事に関連して使われたり、或いは、山道の尾根伝いの道を指して用いる場合があっただけのようで、中国武術においてはあまり一般的な言葉ではありませんでした。日本において剣道と言う言葉が武道との関連で使用されたもっとも古い例は、阿部頼任が1667年に円流という流名を廃し阿部立剣道と称したほか、山内蓮真斎直一(1614〜1675)も剣道という名称を用いたようです。しかしながら、江戸期には兵法や剣術、撃剣などが一般的であり、剣道という名称が市民権を得るようになるのは明治以降のことです。中国でも日本でも剣道という言葉は本来あまり一般的なものではなかったのです。朝鮮においても事情は同じであったと思います。

 訂正です。「劍道」はBC300年頃の「呉越春秋」という古書に「劍道」「劍之道」という言葉が初見のようですね。参りました、台湾剣道協会。でも、台湾の国語辞典(教育部國語辭典 民國八十七年四月版)の【劍道】には^貅鏝纂於日本的■劍運動。由古代武士格鬥術發展而來。∋誉郛変閣縣北,大小劍山之間的棧道。亦稱為劍閣 とありますから、やはり剣道と云う言葉は一般的ではなかったと思いますね。

 台湾や香港の剣道団体をはじめ、韓国以外の世界中(No30)の人達が剣道をKendoといい、かつ、表記して剣道が日本起源であることに敬意を払ってくれています。なぜ韓国の人達だけが剣道をKumdoなどと発音し表記するのでしょうか?なぜ韓国では国際剣道連盟(IKF)の試合規則()を無視して、試合開始の際に蹲踞をせず、また剣道用語韓国語に置き換えて使うのでしょうか?百歩譲って、韓国内だけの国内ルールなり、呼称があってもそれは良いでしょう、ちょうど、日本でBaseballを野球と呼ぶようなものでしょうから。しかし、海外にまで出て行って、或いは、英語サイトを立ち上げてまでして、IKF規則に反する韓国内ルールを実施するのは納得できません。米国ではKendo家とKumdo家が混じって試合をするそうですが、韓国語の試合用語を使う場合があると聞きました。また、ここ()を見て下さい。3つ文章がありますね。一番目のは、米国のKumdo道場サイトが掲げている、Kumdo修練の目的の英文です。残り2つは全剣連が昭和五十年に発表した「剣道は剣の理法の修錬による人間形成の道である」とする「剣道の理念」の英文と和文です。米国のKumdo道場サイトのものは、「剣道の理念」の変形版であることが一目瞭然です。剣道の名称と剣道用語を韓国語に言い換え、「剣の心」に勝手に手を加え、千年以上も昔の新羅時代の【花郎】((No31-33))に由来?する【剣舞】("雙劍對舞" by "申潤福")と、【朝鮮勢法】(日本語訳、武備志1621年に記載、李朝剣法?)や【本国剣法】(日本語訳、武芸図譜通志1790年に記載、新羅剣法?)といった簡単な絵図と説明の記録が数冊の書物にその痕跡を留めるに過ぎないだけの剣法とを根拠に、日本剣道形を改変し、それでもって朝鮮独自の剣法だか「剣道」になるとでも思っているのでしょうか?日本が発展させた「剣道」の練習用具を単に借用しているだけであって、自分たちは新羅以来の伝統の「剣道」をしているんだなどとよくも言えたものです。そういった類の妄言は断じて容認できるものではありません。こういうのをパクリというのであって、こんなのは日本において連綿と受け継がれてきた剣術・剣道の歴史と、それを育んだ日本文化に対する侮辱以外の何ものでもないと思います。朝鮮独自の剣法へのこだわりは理解出来ないこともないのですが、それならば竹刀も胴着も防具も全部打ち捨てて、自ら新たに韓国の剣法なり「剣道」なりを創造すればよいだけのことです。無知の故か剣道を産み出した蕩々たる日本の剣術の歴史に思い至るでもなく、それを不当に過小評価乃至は黙殺し、わずかな数の書物にしかその残滓を留めるに過ぎない取るに足らない朝鮮の剣法とやらを過大視して、史実に反する言説を述べ立て、軒を借り母屋を乗っ取ろうとするような、恥知らずな真似は即刻止めるべきです。

 本来は日本や米国の公式の剣道団体が反論(日本語訳(No34))や抗議の声を上げるべきもののはずですが、剣道関係者らはそうした韓国剣道界の馬鹿げたプロパガンダにとっくに気づいていながら、どういう理由からか見て見ぬ振り(No35-36)をしているようです。或いは、まだ事態がよく飲み込めず、好奇心・ライバル視・侮蔑の念((No37)、(No61))を錯綜させつつ韓国剣道を眺めて、「真実は一つ、彼らもいずれは気づく時が来るであろう」とでも思っているのでしょうか?1988年ソウルオリンピック開催の年に、韓国ソウルにおいて第7回世界剣道選手権大会が開催されました。その際、韓国内への剣道普及のためになんらかの譲歩(No38)を日本剣道界はしてしまったのでしょうか?国際柔道連盟(IJF)の規約第1条には「IJFは嘉納治五郎により創設されたものを柔道と認める」と明記されています。国際剣道連盟(IKF)や全日本剣道連盟(AJKF)ではこのあたりのことをどのように扱っているのでしょうか?国際柔道連盟(IJF)サイト下の韓国柔道協会(KJA)のページでは、History of Judo in Koreaにおいて柔道が韓国伝統武道だといったトンデモ説(日本語訳)を紹介しています。こうした雑音にもかかわらず柔道の妙な亜流が世界に蔓延せずに済んでいるのは、講道館全日本柔道連盟(AJJF)()が間違いや捏造を断固として正すといった毅然とした姿勢による弛まない努力(No39)をしてきた、その結果であると思います。剣道という日本の伝統文化は全剣連の所有物ではありません。「日本民族の輝かしい 伝統文化の精華である剣道の魅力がどこにあるかを、剣道人が先に立って示すべき」と全剣連は大見得を切るなら、全剣連も柔道の姿勢を見習って韓国の剣道起源捏造問題に毅然とした態度で対処して欲しいものです。

 こうした起源捏造の問題で参考になると思われるのはテコンド(Taekwondo)について韓国が国家的に行なったプロパガンダです。テコンドは、1950年代後半に朝鮮人空手家が空手から分派させて成立した非常に新しい立技系格闘技です。現在では空手とは別個の独自性を有する立派な世界的人気競技だとは思いますが、元々はカラテ、空手道(コンスド)、唐手道(タンスド)、手搏道(スバクド)などと韓国内でバラバラに呼ばれていたものが、跆拳道(テコンド)、跆手道(テースド)と名称が二転三転したあげく、最終的には李朝期ソウル近郊で催されていた民衆の伝統遊戯の一つテッキョンの名を模した跆拳道(テコンド)と名称が定まり(No29-33)ました。跆拳道や跆手道の先頭の漢字の跆はIEでは正常に表示されますが、NSではたぶん?と表示されていることでしょう。?は【足台】となっていて、これで一文字です。テコンドの起源としてその関連を取りざたされることの多いテッキョンですが、それは武道と呼べるような代物ではなく、テコンドの起源とテッキョンとの間には何らの関係もないことは、良心的な韓国の書籍やテコンド関係者の論文( vs 従来の主張(日本語訳)、)などで度々指摘されています。そもそも神道、華道、茶道、 武士道、柔道、合気道、弓道、剣道とやたら名前に「道」を付けたがるのは日本文化の特徴なのですが、韓国人は、テコンドがカラテから派生したことを認めないばかりか、テコンドの起源を韓国古代に存在したとされる実体の不確かな武術?に求めて、「テコンドは2000年来の韓国伝統武道だ」といった類の主張すらしています(シドニー五輪の公式サイト・・・サイト消滅?豪州国立図書館に同じものがあります。及び韓国政府広報サイト韓国の窓参照。なお、韓国の窓では柔道は日本が韓国古武道を洗練発展させたものとも書いてます、怒!・・・うーむ、韓国の窓koisサイト一新されてますねえ、記事が消えてる。こう書いてありました。"テコンドは2千年に渡ってKoreaで発展した self-defense martial art である" "Japanese judo は old Korean martial arts forms を洗練し発展させたもので1907年に Korea に再導入された" 新しくここ()に興味深い記述が散見されます。興味のある方はどうぞ)。例えば日本のサッカー選手が蹴鞠の要素を取り入れて新種の球技を創作したとしても、それを「日本古来の伝統的スポーツ」とは決して呼ぶことができないのと同様に、テコンドを「韓国の伝統武道」と呼ぶことは不可能なはずです。ですが愛国心あふれる韓国人の国粋的デマを真に受けて、近頃では日本人の間にもテコンドの起源に関して誤った認識が広まって(No40-43)います。オリンピック競技にまでなったテコンド界では、無数のサイトやメディアを通じてテコンドの起源に関するデマを流しており、酷い場合には空手の起源はテッキョンだの、テコンドは日本の武士道に影響を与えたなどと言った妄言を吐いて、恩を仇で返すような輩もいるほどです。本当はこうなんだといくら言い立てても、もはや手の施しようのない状況になってしまった観があります。テコンド問題について更に詳細に知りたい方はこちらを参照。また柔道の歴史の件はこちらを参照。合気道にも問題が起こってます、こちらを参照。

 ここ数年、米国でKumdo道場()の数が急激に多くなってきていますが、こうした道場では日々剣道の起源などに関するデマを流し続けているのです。かつてテコンドが米国西海岸を中心にして勢力を増大させていった状況に近いものがあります。東アジアの歴史に疎い欧米の人達などは、Kumdoが発するデマを簡単に信じ込んで騙されてしまう場合があるのです。いずれは剣道も起源は韓国にあるといった噴飯物のデマが世界中に流布され、定着しないとも限りません。
 日本人は普段自民族の文化を声高に誇ったりはしません。それは自文化に誇りと自信があるからだと思います。だからこそ、他国、他民族の文化にも敬意を払うことができるのです。ですが、残念ながら韓国人には全部とは言いませんが(No44-47No355-356)、どうもそうした他国の文化、特に日本文化に対して敬意を払う姿勢に欠けるきらいが見受けられる。朝鮮に唐辛子を伝えたのは朝鮮の役の日本軍だとする説がありますが、唐辛子を伝えたのが日本なら、キムチの起源も日本となるのでしょうか?そんなことを日本人に主張されたなら韓国人はどう思うのでしょうか?剣道問題について更に詳細に知りたい方はこちらを参照。

 以下に紹介するサイトでは、こうした韓国の起源捏造・日本文化のパクリ問題を議論しています。ことは剣道だけに限った問題ではありません。誤りはまずは正すことが優先されるべきです。これは論争であってケンカではありません。「剣の心」と矛盾するものではないのです。論争とケンカとを取り違え、極力争いを回避しようとして問題を曖昧にし有耶無耶にするいかにも日本的な態度は、日本国内では通用しても、国際的には相手を対等な者として扱わず、見下し馬鹿にした態度でしかありません。是々非々で接する姿勢を保持しつつ、互いの主張をぶつけ合う中においてこそ、日韓の相互理解と信頼はより深まって行くものだと信じます。起源捏造問題が生じる背景を知りたい方はこちらを参照。
 剣道を本当に愛し、憤りを感じる方、日本文化に誇りを抱く方々、立ち上がるべし。



ゲストブック

新芳名録 】( 旧芳名録旧々芳名録
ちょっとしたご意見・ご感想等はこちらでお気軽に。
また、より熱い議論をご希望の方には下記掲示板が適しております。

2ch掲示板(1)

剣道の起源は韓国にあり!?PART21
過去ログ韓国武道最新動向
剣道(Kumdo)、空手(Taekwondo)、柔道(Yudo)、柔術(Yusool)、合気道(Hapkido)、相撲(Ssireum)
...これで、あなたも韓国武道の事情通になれる!?文化面の問題も扱ってます。

2ch掲示板(2)

日韓合作映画「サウラビ」のゆくえ Part2
過去ログ韓国映画最新動向
韓国映画製作会社モーニング・カーム・フィルムの『サウラビ()』が今年2月末から3月初にかけて
韓国で公開されました。日本での公開も狙っていたようですが、結局公開されなかったようです。
「韓国民族の魂と精神を再照明し、韓国人が忘れていた民族の優越性と民族魂を覚醒させる事に焦点を合わせる。」
「三国時代、百済人が日本を開拓して文物伝播した歴史的事実を土台にサウラビの魂が
日本の侍精神に発展したという前提が込められている。」とのこと。
韓国人監督のこうした言い草に対して日韓友好のために良かれと思ってこの映画ロケに協力を惜しまなかった
竹田高校の生徒さんをはじめ大分県民の多くの方々の気分はどんなものでしょうか?
この映画の元ネタは「醜い日本人」の著者である韓国人数学史家・金容雲が言い出し珍説
「韓国語サウラビがサムライの語源だ」とする素人の思いつきですが、 十数年前韓国の大手新聞社
朝鮮日報でこの説が紹介され、向こうではこの与太話を信じている者が結構多く存在しています。
 日韓以外にもこの映画の配給が予定されており、サッカーW杯の開催に合わせて
今や世界に向かって大々的にこの妄説が発信されようとしています。
こうした中で日本のマスコミは相変わらず韓国側のこうした毒を隠蔽して
日韓友好のみを脳天気に歌い上げているのが現状です。
映画サウラビ公式サイト 】( BBS

友軍サイト(1)

韓国のホームページを日本語で読む
剣道(Kumdo)などの起源捏造サイトの多くが韓国語や英語です。
今一つピント来ない方もいらっしゃるんではないでしょうか?
上記サイトでは起源捏造サイトの日本語訳資料が取り揃っています。
ご自身の目でしかとこの問題を見つめてみて下さい

友軍サイト(2)

さむらいの語源は純韓国語のサウラビか? 【Japanese】 【English
2ch掲示板でも話題になっていますが、ついに『サウラビ糾弾サイト』が登場
英語ページもあってなかなか力が入ってます。ファイティン!
このサイトの主張はは韓国中央日報にも取り上げられました

友軍サイト(3)

大日本史番外編朝鮮の巻
戦前戦中戦後の在日韓国朝鮮人の歴史を知りたい方にお進めです。
テコンドなどに限らず世の中にはとんでもない誤魔化しやデマが大手を振ってまかり通っています。
事実は事実として感情論抜きで正確に把握することの大切さを本当に感じます。
上記サイトの管理人さんのお薦めでこの起源捏造告発サイトを作りました。改めてお礼申し上げます。
目から鱗間違いなし!

強制相互LINK

このサイトを取り上げて下さったサイトへの強制相互LINK集
批判・協賛なんでもOKです。多くの方々にこの問題を知らせて頂けることに感謝です。
ゲストブックではもちろんLINKしましたという宣伝も歓迎いたしております。
即日とはいきませんが後日LINKをはらせていただきます。

勝手LINK集

武道・韓国関連の勝手LINK集
この捏造問題に関連した国内外の武道サイトを紹介します。
また韓国サイトを自由自在に遊泳するコツも伝授。韓国語を知らなくても大丈夫です。
韓国人達が何を考えているのか、あなた自身で調べてみましょう。



注意とお願い

注意! 我々は韓国人に剣道(Kendo)を止めろと言っているのではありません。剣道(Kendo and Kumdo)の起源が日本にあることを認め、史実に反する言説をまき散らすのは止めてくれ!と言っているだけです。デタラメを言うな!ということです。そのことさえ了承してくれるならば、国内外の人達に、「剣の心」に則り、剣道(Kendo)のすばらしさを共に伝えて行くことに何の異存もありません。
 現在のテコンドが独自のスポーツ、格闘技、武道であるとする主張に対して、何らの疑義もありません。但し、テコンド、特にWTFの主張するテコンドの朝鮮古武道起源説には、史実の恣意的解釈とこじつけが目立ち、カラテから出発したという明らかな事実を無視しており、その説はとても信用できるものではありません。また、特に問題なのは、日本統治時代など日本に関わる部分で史実に反する言説を弄し、日本と日本人の名誉を貶める宣伝をしていることであり、オリンピックの公式サイトにすらも、そうしたデタラメを掲載させていることです。シドニー五輪公式サイトにはこうあります。『 日本の占領は、祖国の武術を含む朝鮮文化を全滅させようとした 』 こうした物言いは韓国政府や韓国人が盛んに言い募ることの一つですが、存在もしていなかった武術をどうやって弾圧するんでしょうか?また例えば、朝鮮固有文字ハングルの表記を統一し、学校教育などを通じて普及させたのは日本の朝鮮総督府です。このこと一つをとってみても朝鮮文化を全滅させようとしたというのは言い過ぎというものです。こんなデマを世界中に言いふらされたのではかないません。

 当サイトを見て韓国人の一連の行為に非常に腹を立てた方もいらっしゃるでしょう。ですが、どうかその怒りの矛先を韓国国民全体や無関係な個人に向けないで下さい。あからさまに嫌韓感情を煽る目的で当HPの宣伝することはやめて下さい。当サイトの問題提起の狙いは、まずは日本人が認識を改めるべきだということです。これまでの日本と韓国における関係は、個人でも国でも極端な無関心か、または相互に一方的な思い入れや幻想を抱え込み過ぎていたと感じます。我々が問題を直視し是々非々で誤魔化さず的確に対応する姿勢を示すならば、韓国は変わらざるを得ないし変わるべきだと考えます。そして、徐々にではあるが韓国の側にも変化の兆しが現れてきています。一例をあげるなら、2000年に発刊された韓国唯一の武術総合雑誌マルスがあります。日本武道への敬意と適切な評価を示しつつ、韓国武道界に蔓延する起源捏造体質に対しては鋭い批判を紙面上で展開しています。この雑誌は美しい写真を多用し作りもしっかりしたもののようです。まだまだこうした批判勢力は少数派ではありますが、今後の展開に大いに期待しています。この雑誌社のWebサイト には掲示板もありますから一度覗いてみるとよいでしょう。なお、この掲示板へ日本側からのあからさまな応援はどうか慎んで下さるようお願いします。向こうにとってはありがた迷惑である可能性が大です。韓国内の公的立場として親日派と見なされることは売国奴を意味しており、親日派というレッテルを貼られることは社会的な抹殺に直結します。これは厳然たる事実です。

お願い  リンクは自由です。お友達にもこんな事知ってる?ってノリで教えてあげて下さい。我々は多くの時間を掛けて資料を収集し、事実にもとづいた議論をすることで、上記主張をするに至りました。このサイトの記述の中で事実誤認があれば、どしどし指摘して下さい。
進行中の提示板にてお待ちしております。


えっ、まだ何だかよく分からない!?じゃあこれ読みなさい
剣道の話題。日本刀擬き、コムドの海外進出とオリンピック競技化、大韓剣道と海東剣道、全剣連のこと、意見など。

Page2へ


ばかマスコミの無知・歪曲垂れ流し放送を糾弾する
テコンドの話題。フジTV番組SRS、WTFとITF、シドニー五輪報道、テコンドの海外展開、柔道と合気道、小さな成果。

Page3へ


もう少しこの問題に対する理解を深めてもらうために
何故、韓国は歴史を捏造するのか?何故、日本文化のパクリをするのか?独断と偏見の韓国人論。 (劇薬注意)

Page4へ


訳知り顔で大人ぶってるそこのあたな!これ読みなさい
掲示板から、感想・意見をピックアップ。

Page5へ


韓国武道総捲り編
剣道、テコンド、柔道、合気道、、、韓国武道の起源捏造隠蔽などの話題を列記。 (工事中)

剣道(コムド)  空手道(テコンド)  柔道(ユード)

 合気道(ハプキド)  相撲(シルム)  忍者(スルサ)

 柔術(ユスル)  唐手道(タンスド)  花郎道(ファランド)

日本刀  花郎(武士)  テッキョン  その他


もっと知りたいそんな欲深なあなたのために
武道以外の日本文化、寿司・盆栽・清酒・扇子・桜など起源捏造隠蔽の話題を列記。(*印のHPPage2も参照)

万葉集  奈良  日本食  寿司(123)  清酒  茶道(123)

華道(*)  盆栽(1*)  (*)  扇子(**)  和歌 折紙(*)  写楽(1)

漫画(1234)  たまごっち  お菓子  演歌  在日?


番外編
えっ、もう結構?まあそう遠慮なさらずに、ささっどうぞ。(*印のHPPage2も参照)

日本海(**)  COREA(1)  ソウル大  ノーベル賞(*)

邪馬台国(1)  遺跡捏造(123)  高麗青磁(123)  キムチ(1)

大仏殿(1234)  日本人?  留学生(1)  交流際(1)  新幹線

歴史教育(1)  日本は無い  日本語教育(1)  アジア大会

民族史学(123)  朝鮮(12)  ハングル(1234)  仮名(1*)


希望?(12)



<< 謝 辞 >>

このサイトはハングル@2ch掲示板の「名無しさん」達の真摯な努力の成果をまとめたのもです。


since 2000.08.27


検索エンジン登録語 JAPAN JPN CHINA 日本 台湾 韓国 朝鮮 朝鮮半島 統治 コリア コリアン corea korea corean korean 朝鮮民主主義人民共和国 共和国 北朝鮮 大韓民国 朝鮮人 韓国人 韓国系 朝鮮系 在日 在日コリアン 在日朝鮮人 在日韓国人 歴史 朝鮮史 韓国史 日本史 中国史 世界史 古代史 日韓史 在日朝鮮人史 在日韓国人史 在日コリアン史 在日史 在日社会 戦後史 壇君 古朝鮮 高句麗 百済 新羅 高麗 李氏朝鮮 李朝 大韓帝国 大日本帝国 戦前 戦中 戦後 終戦 終戦後 敗戦 敗戦後 第二次世界大戦 第二次大戦 戦勝国 敗戦国 戦争責任 解放 解放国民 戦勝国民 GHQ 光復 朝鮮戦争 戦争 朝鮮動乱 朝鮮戦争 南北分断 分断 38度線 特需 反戦 平和 反戦平和 ベトナム ベトナム戦争 反日 克日 抗日 抵抗 反日朝鮮人 反日韓国人 反日コリアン 反日日本人 反日教育 自虐 自虐史観 事大 事大主義 中華思想 華夷思想 植民地 植民地経営 植民地支配 植民地政策 日韓併合 韓国併合 合併 朝鮮総督府 総督府 創氏改名 神社参拝 神道 国家神道 天皇 現人神 教育勅語 勅語 教育 体育 軍事教練 教練 徳育 道徳 政策 日本語 ハングル 韓国語 朝鮮語 帝国主義 日帝 軍国主義 国民徴用令 国家総動員法 内鮮一帯 強制連行 強制 徴兵 連行 徴用 朝鮮総連 総連 総聯 朝鮮総聯 朝連 民団 国籍 橋胞 海外 同胞 民族 民族主義 韓国人差別 朝鮮人差別 植民地差別 民族差別 民族教育 歴史歪曲 検定 教科書検定 教科書会社 教科書 偏向 偏向教育 偏向報道 報道 宣伝 布教 マスコミ 人権 差別 妄言 妄想 嘘 真相 真実 隠蔽 封印 自尊心 謝罪 償い 補償 賠償 戦後補償 戦後賠償 戦後史観 皇国 皇国史観 植民地史観 民族史観 進歩 進歩的文化人 左翼 右翼 条約 平和条約 共同宣言 収奪 侵奪 簒奪 剥奪 搾取 抹殺 弾圧 焚書 中国 柔道 弓道 華道 茶道 剣道 合気道 合気術 忍術 剣法 空手 カラテ 沖縄 沖縄空手 唐手 剣 刀 刃 武道 武者 大名 戦国 南蛮 南蛮貿易 朝貢貿易 武芸 兵 兵書 武芸書 兵法 宮本武蔵 武蔵 五輪書 五輪ノ書 IOC IOC JOC JOC IKF IKF WTF WTF ITF ITF AJKF AJKF KKA 競技 あてっこ あてっこ剣道 商業化 商業主義 柔術 剣術 剣道家 柔道家 武士道 侍 日本刀 居合い 居合 居合道 撃剣 クンド コンド テコンドウ テコンドー 剣連 剣道連盟 剣道協会 連盟 協会 大韓 大韓剣道協会 大韓剣道会 国際剣道連盟 国際化 世界化 文化交流 国際交流 交流 文化 日本文化 韓国文化 中国文化 文明 伝統文化 伝統 海東剣道 海東 儒教 道教 仏教 禅 禅宗 縄文 弥生 大和 奈良 奈良時代 平安 平安時代 鎌倉 鎌倉時代 南北 南北朝 南北朝時代 室町 室町時代 安土 桃山 安土桃山 安土桃山時代 戦国時代 戦国大名 足利 源 源氏 平氏 平家 天皇制 種子島 火縄銃 鳥銃 漢 前漢 後漢 三国 唐 宋 金 元 明 清 史記 元史 明史 漢書 後漢書 遣唐使 渡来 帰化人 渡来人 伝搬 文化伝搬 日本海 交易 騎馬 民族 騎馬民族 遊牧 遊牧民 相撲 モンゴル モンゴル帝国 支配 日帝支配 レスリング 格闘 格闘技 連続技 最強 格闘家 戦乱 実践 実践的 優勝 世界大会 大会 試合 暗殺 必殺 借力 シャクリキ チャクリキ マス大山 大山倍達 三国史 三国史記 三国遺事 東國輿地勝覧 東国興地勝覧 壁画 古墳 古墳壁画 天上 古武術 拳術 拳法 武器 兵器 古武道 名人 剣聖 兵法家 兵法者 テッキョン ハッピド ハッピドー ハッピドウ ハッキド ハッキドー ハッキドウ ハプキド ハプキドー ハプキドウ タオ タオイズム 世界 米国 道場 倭 倭寇 朝貢 華夷秩序 征伐 遠征 討伐 文禄 慶長 文禄慶長の役 文禄の役 慶長の役 朝鮮役 朝鮮の役 織田信長 豊臣秀吉 徳川家康 江戸 江戸時代 明治 明治時代 維新 攘夷 明治維新 朝鮮通信史 通信史 武藝圖譜通志 武芸図譜通志 武藝 武備志 紀效新書 紀効新書 茅元儀 戚繼光 威継光 傳授秘法之書 兵器図説 目録 陰流 猿飛陰流目録 猿 刀操図 隠流刀法 辛酉刀法 刀法 刀剣 曲刀 崔泓煕 チェホンヒ チェ・ホンヒ 韓国軍 蹴拳道 将軍 軍官 将校 韓国陸軍 マーシャル・アーツ マーシャルアーツ martial arts Taekwondo Aikido Judo Yudo Jujutu Ninjutu Hapkido Kung Fu KungFu Karate Taekwon Do Taekkyon Sumo SooBakDo Way of Sword Art 面 籠手 篭手 小手 コテ ドウ メン dou men.kote 胴 テキョン テッキョン スバック スバク 文献 古文献 手拍 手搏 軍 軍隊 体術 太極拳 少林寺 少林寺拳法 カンフー 中国武術 武家 武家社会 剣士 統一教会 創価学会 創価 剣舞 Sports 軍事 戦術 戦闘 戦略 武士の魂 剣の心 倭刀 苗刀 双手剣 両手 両手剣 双剣 双刀 双器械 朝鮮勢法 本国剣法 本國剣法 勢法 東方礼儀之国 倍達民族 白衣民族 白衣 弘益 倍達 黒帯 昇段 大東流 武田惣角 剣の道 残心 金富軾 僧一念 王朝実録 元寇 文久の役 弘安の役 個人戦 集団戦 個人技 攻撃 壬申 倭乱 壬申倭乱 韓国剣道 日本剣道 剣道形 世界選手権 剣風 蹲踞 大刀 環頭太刀 太刀 環刀大刀 剣先 刃先 坂本竜馬 新選組 由来 発祥 SRS TV Ongine Original 伝説 片手剣 盾 鉾 弓 馬上 斬殺 居相 鞘の内 抜刀術 抜刀抜剣 日本剣道形 上泉信綱 新陰流 塚原卜伝 鹿島新当流 伊藤一刀齋 一刀流 小野忠明 千葉周作 宮本武蔵 二天一流 柳生宗厳 柳生宗矩 柳生十兵衛 天真正伝香取神道流 飯篠家直 柳生新陰流 上泉信綱 小野派一刀流 伊藤一刀齋 天然理心流 近藤内蔵助裕長 示現流 東郷重位 野太刀自顕流 薬丸派示現流 伴兼行 天神真楊流 流派 流派剣道 他流試合 磯又右衛門正足 竹内流 竹内久盛 流祖 流儀 剣技 継承者 技法 槍術 居合術 長刀術 手裏剣 古流武術 十手 鉄扇 手鈎 武術史 騎馬 騎乗 騎馬戦 騎馬軍団 武藝諸譜 武芸諸譜 武藝新譜 武芸新譜 キムチ プルコギ サムゲタン アンニョンハセヨ カムサハムニダ ケンチャナ ケナンチャナヨ ソウル 漢城 京城 府 漢江 明洞 釜山 ミョンドン プサン 漢城府 京城府