えっ、まだ何だかよく分からない!?じゃあこれ読みなさい
剣道の話題。日本刀擬きコムドの海外進出とオリンピック競技化大韓剣道と海東剣道全剣連のこと意見など


勘違いしてる人がいるみたいですが、竹刀防具を使う剣道は日本人が発明したと認めていますよ。明かに日本起源です。韓国側の主張()は日本の剣道はあくまでもスポーツであり、日本はコムドをモダンナイズしたに過ぎないという事です。日本でも明治に剣道という言葉が出来、国民的スポーツになりましたが、それまで、撃剣、剣術、武士、武士道、禅、日本刀・・・・という歴史を背負った上で剣道が出来てるわけです。韓国人はその歴史の連続性を否定して、日本文化を否定し、日本に便乗しようとしているのです。
伝統的な韓国刀剣(日本語訳)だそうですが、およそ次のようなことが書かれています。『ここに紹介する刀剣は、岳父江乘式先生の作品で1999年7月8日から7月27日までアメリカのNew York、Washinton、Seattleなど9個都市で韓米文化財団で主催する韓国の伝統ムンフヮジョンに紹介された。』サンプルをいくつか見て下さい。日本刀としか思えないものが、韓米文化財団なる団体によって韓国刀剣として全米に紹介()されている。(日本刀擬き )
これはもう剣道連盟だけの話ではありません。日本文化全体の問題ですし、剣道連盟の不手際で不利益をこうむる日本人の事をもう少し考えてください。剣道は剣道をやってる人間だけの文化ではありません。日本人の文化です。日本文化の凝縮した一つの形です。そのエッセンス一つ一つ背負ってるのだという自覚を持ってください。エッセンスと現実の剣道は同じにはなりません。これも事実です。ですからあまり独善的に全て分っているという発想も危険です。時代、歴史、人物、全て昔と違います。歴史、文化は・・・・全ての日本人が共有する財産です。韓国はエッセンスの部分を模倣しデマを世界中にばら撒こうとしているんです。日本刀愛好家は多いと聞きますが、刀(エッセンス)まで、模倣され、世界に嘘をばら撒かれたら、どういう気持ちがすると思いますか?日本刀と剣道は不即不離の関係ですよ。竹刀と真剣は機能的に違いますが、竹刀が日本刀を模したという歴史的事実があります。コムド側は日本刀なども我が物顔で使ってます。欧米人などは、丁髷のお侍さんが帯刀してるイメージから剣道に興味を持ってくれたりするそうです。オリエンタリズムに対する憧れのようなものがあるのです。若い人間にとってはありふれた古臭い文化に思われるかもしれないが、外人の目から見ると新鮮なわけですね。韓国でも武士を花郎に置き換え、日本刀を花郎の新刀に置き換えるという作業を進めています。新羅時代から残る本国剣法というのは日本刀を使う両手剣です。日本だと古墳、奈良に相当する時代に、日本刀や両手剣があったと思いますか?これが韓国流の古武道の実態です。
韓国では当然プロパガンダが浸透していますし、コリアンアメリカンの間でも浸透し出しています。コリアンを舐めてはいけません。彼らの政治的手腕は日本人より上です。テコンドーは韓国の伝統格闘技になりましたし、空手より早くオリンピック種目になりました。WTFテコンドーが主張するには、空手は朝鮮から沖縄にもたらされたものだそうです。W杯の日韓共催も、韓国側のウルトラCです。トップの知略は向こうが上です。オリエンタリズムに惹かれる欧米人が、東アジア文化と短絡して、コムド側のプロパガンダに乗せられてしまうのは容易でしょう。無知、もしくは彼らの知らなかった*新事実*を知らされて乗せられてしまうのです。現に白人でコムドをやってる人も多数います。


コムドの海外進出に対する考え方はここを参照。IMF以後の韓国内でコムドが直面している問題点や、それの解決のための米国進出においてテコンドのやり口を参考にしようとしていること、そして日本の剣道を押さえてコムドの米国や世界への普及の野望などが赤裸々に書かれている。
コムドのオリンピック競技化推進に関する記事を4つ紹介しましょう。一つ目は、大韓剣道協会KKA設立者であり、元国際剣道連盟IKF副会長で、現世界コムド協会WKA(World Kum Do Association)会長MR. SEOを交えた座談会において、WKAの最終目標はKum Doをオリンピック競技にすることだと、明言している。それにしてもMR. SEOはIKF設立時の人なのにどうしてIKFから離れてWKAに行ったのか?色々と裏がありそうだ。2つ目は、国際剣道連盟IKF傘下である大韓剣道協会KKAの専務理事李種林(イ・ジョンニム)氏が行ったNHKとのインタビュー記事。3つ目は、同理事が寄せた大韓剣道会会報記事(日本語訳)。最後に大学剣道連盟専務理事ソ・ビョンユン氏が寄せた大韓剣道会会報記事(日本語訳)。韓国がオリンピック競技化にこだわる理由には財政上の問題もある。政府からの財政援助をより得やすくなるからだ。これは台湾においても同じで、台湾の剣道団体は台湾政府から財政援助をうち切られてしまいました。最近、台湾も韓国のオリンピック化推進に理解を示すようになっています。日本、韓国、台湾以外の国の剣道団体は道場に毛が生えたような私的団体であり、大した力はありません。日本はぼやぼやしてると、韓国に主導権を握られ、オリンピックでKumdoをやらされるはめになるかもしれないぞ!


色々な韓国系剣道組織が出てきて、頭の中が混乱している方ために、少し整理をしておきましょう。国際剣道連盟IKFに所属するのが大韓剣道協会KKAで、韓国版全剣連です。KKAやその傘下の団体又は道場(韓国、米国など)の言動を我々は特に問題視しています。やっていることはほとんど剣道そのものであるにも関わらず、剣道はKumdoをスポーツ化しただけとか、剣道の起源は韓国にあるとか、或いは、そのように受け取られ兼ねない史実に反する妄言を吐き続けて、剣道、ひいてはその母体の日本文化を侮辱しているからです。彼らには日本を侮辱をしているという意識は無いのかもしれませんが、この問題の責任全ては、史実に反する言説を弄して止まない韓国剣道界とその体質にあります。世界剣道協会WKAはIKFには所属していませんが、剣道をKum Doと称しています。Kum Doと剣道は同じであるとしていますが、Kum Doのオリンピック競技化を目標として掲げています。このWKAは99年か98年に出来た非常に新しい組織のようで、その実体はよくわかりません。ただ、KKAと座談会を持つほどですから、相互の太繋がりはあるようです。KKA、WKA以外には海東剣道()というのがあります。海東剣道は大韓剣道協会KKAには属さず、朝鮮古武道を追求していると自称している剣道団体で、朝鮮っぽい(われわれが見ると中国っぽい)稽古着を着て、主に型をやるので居合道に近く、日本の「抜刀道」から技術援助を受けているそうです。昇段が早いのが特徴で、以前、酒に酔った海東剣士が路上で真剣を振り回し、通行人の腕を切り落とした事件は記憶に新らしい。この団体も数々の史実に反するトンデモ発言()を垂れ流していますが、韓国古来の剣法(日本刀擬きの真剣を使用しているので少し滑稽)を目指しており、勢力も大したことはなく、今のところは放って置いてもいいのかなと考えています。その他に、本国剣道()といった団体や、訳の分からないのが色々()ありますが、こうした諸団体の広まりに対してKKAは似非剣道であるとして非難を強めているようです。


だいたい、全剣連AJKFサイトは、いつになったらまともな英語ページを立ち上げるつもりなのか?もう半年以上ほったらかしではないか!世界中の人達が全剣連サイトへアクセスして、がっかりしているはずでしょうに。剣道を国際的に正しく広める気が本当にあるんですか?
   12月12日、英語ページがやっと本格的に始動しましたね。
   日本語ページの剣道小史が明治以降の記述に力点が置かれているのに比べて、
   英語ページの場合は日本刀登場から江戸期までの剣道発展史の記述が詳細です。
   うん、なかなかいい。()
日本オリンピック委員会(JOC)に加盟していながら、剣道のオリンピック競技化に反対しているのも妙な話だぜ。JOCの理念と目的にはオリンピック運動を力強く推進するとあるんだ、それに賛同したからこそJOCに加盟したはずだ。相撲も加盟してるってか?他競技のことはどうでもよい。お前らの姿勢を問うているんだ。JOCから色々と世話を受けてるよな。日本体育協会にも加盟してるな。日体協は柔道の嘉納治五郎が設立した財団で、元々はオリンピック参加を目的として作られた組織だぞ。やはり補助金に目が眩んでの加盟だったのか?東アジア競技大会WorldGame20012008年大阪五輪、太極拳や空手も積極的にエントリーしているが、どこにも剣道のケの字も見あたらないないな。自足してしまっているのか。ダブルスタンダートだよ、やってることが矛盾だらけだぞ。だいたい国際剣道連盟IKFの存在は、国際オリンピック委員会IOCに公認、いや認知すらされていない。メンバーリストにはこうある。
   I.A.F. Aikido I.J.F. Judo J.J.I.F. Ju-jitsu W.K.F. Karate I.K.F. Korfball
IKFって名称はもう取られてる。しかもIOC公認のお墨付きだ。Korfballって何だよ一体?これに対して何らかの対応をしているのか、全剣連は?実際にKendoがオリンピック競技になるならないは別にして、もっとKendoの宣伝をし、Kendoの定義を不動の物にしておけ。そして、Kumdo側の策謀を封じ込めろ。もっとクレバーになれ。韓国に好き放題なことされても、文句の一つも言え返せないチキンども。「ケンドウ スバラシイ デス」とでも外人に煽てられて、それで国際交流やったつもりになってるだけだろうがヨ。井の中蛙めが。そうした尊敬を得られるのは、お前ら自身が偉いんじゃないんだぞ、お前らの背後にある日本文化の偉大さのお陰なんだよ。分かってるのか?


小麦で作られた「パン」を発明したのは古代エジプト人らしいのですが、「サンドイッチ」はイギリスのものですよね。「ハンバーグ」の原型はモンゴルから発生したそうですが、「ハンバーガー」はアメリカ人の発案ですね? 「麺」を作ったのは中国人ですが、それがシルクロードを渡ってイタリアで「パスタ」になり(推定)、さらに発展して「ピザ」という素晴らしい料理が生まれました。食べ物の話で例えてみましたが、つまり、文化・文明というものは、まずオリジナルが発生し、それがいかに他国で愛され・いかにその他国の人の好みに合わせて改良され・いかにその他国に根付くかということに価値があると思うのです。いつまでもオリジナルにこだわっていては、新しいものは何も誕生しないでしょう。「電話」を発明したのがベルという人であったとして、たとえそうだとしても、現在の日本人が作る超軽量・超精密の「携帯電話」の価値が下がるわけではありません。「MANGA」の形態を確立したのが日本人だったとして、たとえそうだとしても、現在の韓国・台湾・香港のマンガ家が描く「MANGA」の評価が落ちるわけではありませんよね? 一部の(と信じたい)韓国の方は、文化の波及性を無視してオリジナル至上主義に陥っておられるようで、韓国好きの私としてはこれを危惧します。


韓国も漢字文化圏でした。剣道を韓国流に発音するとコムド(kumdo)になります。しかし、それを許した(韓国人がルールを守らない)事が全ての元凶になってると思います。中国や台湾も漢字文化圏ですが、ちゃんと けんどうと読んでいます。 漢字のややこしい所は字に意味がある事です。ですから、韓国はかってに韓国流に文字を解釈して韓国の剣道を創始してしまったのです。中国や台湾ではオリジナルの剣や剣法が存在するので、寧ろ剣道を中国式で読む事はしないでしょう。混乱が生じるからです。剣道スタイルが異種であると分かるというこは、即ち、彼等が異種のオリジナル武芸を持っているからです。 韓国は日本や中国と違ったスタイルを持ち合わせていないので、恥知らずにも、剣道の源流は韓国にあると見栄を切ってしまったのです。


テコンドーや剣道に関する韓国のデタラメな主張を聞いてると、ある意味危機感を感じる。でも、それ以上に危機感を感じる事は、韓国の世界のスポーツ界における発言力の強さ。 それは主要なスポーツ団体のトップに、韓国人が多く就任している 事からも推察できる。しかも、彼らに対する周囲の評価はとても高いものがある。無能呼ばわりばかりされる日本人とは対照的である。例えば、IOCの副会長(?)で次期会長の有力候補キム氏。彼の周囲からは黒い噂が絶えないが、IOCにおける彼の影響力は絶大。それと国際サッカー連盟副会長チョン・モンジュ。彼も将来のFIFA会長の有力候補に上がっている。彼の能力に関しては言うまでもない。それと国際柔道連盟現会長も韓国人。会長選挙で嘉納治五郎の孫と戦った。カラー柔道着の導入、協会の金銭的な収支の改善に手腕を発揮。おそらく、国際的なスポーツ団体のトップに「優秀な」韓国人を送り込むことは韓国政府の国策だと思う。その理由は色々あると思うが、今のテコンドーのオリンピックにおける地位などから判断すれば容易に想像がつくと思う。最近では三星などがオリンピックのスポンサーになり、経済的な面からも影響力を強めつつある。この力を剣道のオリンピック化などに悪用されたら、日本はちょっと手も足も出ないかもしれない。それは、テコンドーをみればわかる。やばいよ。


日本剣道界は確かに韓国剣道界よりも世界的に見て遙かに大きいよ、今はね。しかし、Kumdoの発信する妄言を日本側の誰一人として反論しないとしたら、Kumdoのやりたい放題なんだよ。勘違いしてる人に例え話をしようか。大企業であっても、人や金といったリソースを投入しない部門ってのはあるわけだよ。しかし、そういった部門の人でも対外的には自分は大企業がバックについているような錯覚をしばしばして自己の実力以上の幻想を抱くものさ。そういった部門は小さな町工場にも太刀打ちできない場合もある。投入するリソースの絶対量は町工場の方が大きいわけよ。今、Kumdoが組織をあげてやってるプロパガンダへの対応状況がまさにそれなわけ。我々は世界中のサイトを探しまくったけど、遠慮がちに反論らしきものをしているサイトは、ここここの海外サイト2箇所しか見つけられなかったよ。ただし、Kumdoについての内容は2つとも同じものだ。のほほーんと剣士さん達が構えていれば、必ずしてやられるよ。油断大敵。


>素朴な疑問だが、北朝鮮では剣道家はいるの?(在日帰国者以外で)
旧スレッドで米国花郎Kumdo館と論争してたときに、韓国人へそう言った問い掛けをしたことがあるけど、答えは無かったね。この件はKumdoにとって決定的な致命傷だと思うよ。

>この件はKumdoにとって決定的な致命傷だと思うよ。
全く同感! これを機会に旧スレも目を通させてもらった。そこで感じたのは、剣道の源流論に絞って、韓国人と論争すれば、間違いなく我々、日本の圧勝だということだ。しかし、奴らは不利になると必ず持ち出す論法として、「日本人は、歴史を直視しない!(剣道がウリナラ源流だということも)その証拠に ’従軍慰安婦’、’南京大虐殺’etc…を反省していない!」いわゆる、囲碁や将棋でいう不利になったらまぎれを求めて戦線の拡大を狙うというヤツだ!俺は、個人的には’従軍慰安婦’、’南京大虐殺’否定論者だが、旧スレで論争の舞台になったのは、アメリカのホームページであることを考えるとこの問題については、ムキになって反論するのは、戦略的にマズイと思う。「レイプ オブ 南京」が、アメリカでベストセラーになったことを考えると、それまで日本源流論者のアメリカ人まで感情的になり、韓国側へ寝返ることも考えられる。とにかく議論をまぎれさせずに剣道論に絞って、奴らを論破しなければならない!韓国のトンデモだからと甘くみて油断するのは大敵だ!テコンドーで韓国のトンデモに足元をすくわれた苦い経験を思い出すべし! 余談になるが、今や、世界的にテコンドーの競技人口は空手に比べて、遥かに多いにもかかわらず、ネームバリューは、今でも’KARATE’の方が遥かに高いことに俺は注目している。その証拠に’Yahoo! USA'でテコンドーと空手を検索してみると、空手は、テコンドーの約3倍以上のヒット数だった。(尤も柔道は、テコンドーより少なかったが…)ずっと以前に何かの本で読んだ記憶があるのだが、70年代のアメリカで韓国人の道場の看板には’KARATE’と掲げてあった。アメリカ人の入門者も自分は空手道場に入門したつもりで、稽古に励んでいたが、気づいてみると実はテコンドーだった。という内容だった。(ウロ覚え(本の題名も忘れた)で、事の真偽を確かめた訳では無いが・・・)以上のことより、純粋に韓国源流論ケシカラン!というレベルではなく、これは奇麗ごと抜きの情報戦なんだ!と俺は、思った。話が長々と横道に逸れてしまって、スミマセンでした!! m(_ _)m


まずするべき事は剣道の歴史的成立経緯とその理念に関して、正しい情報を各国間で共有することでしょう。これをしておかないと、五輪採用審査時に無用な混乱を招く恐れがあります。なぜなら、韓国は「剣道の起源は韓国にある」「日本は朝鮮伝来の剣術を単にスポーツ化しただけ」「コムド(単に「剣道」という文字を韓国式に発音しただけ)を五輪正式種目にしよう」などと主張しているからです。韓国側の荒唐無稽な主張に安易に妥協したりするなら私は五輪種目化には断固反対です。なぜなら、もしそのような形で五輪に採用されたら、本来の目的である「剣道を通じて、武士道など日本の伝統文化を、正しく世界に紹介する」ということが実現しないからです。それにそのような姿勢は、剣道という日本文化の象徴ともいえる物を築いた先人を冒涜するものでしょう。というわけで、剣道の五輪種目化を目指すにあたっては、上記のようにやるべき、又は議論すべき事が山ほどあるような気がします。(剣道トピより)


私は柔道がJUDO化して武道の基本である「残心」を失っている惨状を見ると、剣道をオリンピック種目化するのには反対です。しかし、空手の一派であるテコンドーが韓国伝統の古武道と主張してオリンピック種目化したように、あきらかに剣道のパクリである「コムド」が本家面をして、剣道の亜流を全世界に自分の意のままに流布させる可能性に危惧を覚えます。私は韓国に行った時、子供たちが剣道着を着ているのを見て素直に喜びましたが、よく聞くと「日本の剣道は我々の先祖が伝えた」などと先生に教育されていると言うので、愕然としました。韓国人には、文化的には自分たちが日本人より格段に上で、日本の優れている部分も全部、韓半島から伝わったという愚説を捏造する人が多いです。たとえば『万葉集』は古代朝鮮語でしか読めないという珍妙な説もあり、真に受ける人もいるが、なぜ日本語では読めないのかという最も素朴な質問に全く説明がない。自分たちより先に日本で国民的文学が存在したのが、よほどくやしいのだろう。誤解を通り越して悪意すら感じます。しかし、このような馬鹿げた説に付和雷同して翻訳を出した愚劣きわまる出版社があり、それを買うアホもいる。たしかに日本は韓国にかつて大変に失礼なことをしたが、贖罪感から先方の民族感情の言いなりになり、自国への誇りや愛国心、国益を度外視する人が多すぎます。「コムド」の厚顔無恥を放置すれば、日本剣道に多大の害を与えることは間違いありません。(剣道トピより)


私はどのような人がKUMDOをはじめたのか知りません。しかしながら、戸山流の抜刀術のように立ったままで試合を開始し、蹲踞を省いているところをみると、戦前に旧陸軍か満州国軍あたりで日本人教官から剣道を習った元将校の人物あたりではないでしょうか。韓国人は日本の文化を蔑視し、とりわけ「刀」にはアレルギー的な嫌悪感を持っています。そうしたなかで、剣道を広めたいという志はよしとしましょう。しかし、現在でも韓国では「親日派」という言葉は売国奴と同義です。ましてや旧日本軍軍人ならば。そこで思いついたのが、「こっちの方が古い」という詭弁でしょう。以上は推測ですが、そうは外れていないと思います。ここまでなら、多少は哀れですらあります。また韓国人は日本人より体力・体格とも壮健で、衰えたとはいえ儒教精神の伝統と軍隊経験を持っているので、平均的に見れば日本の若者よりも韓国の青年の方が遥かに礼儀正しいです。立派な剣道選手もどんどん育っているのでしょう。私は韓国人が剣道をやるのは多いに結構だと思います。彼らに日本人が試合で負けるようなことがあっても、審判の能力が適切で判定が公正であればやむをえません。しかし、武道としてとらえるならば、たとえいかなる国内事情があろうと、根拠なく本流を主張し、自らの師範たるべき日本剣道への敬意がないばかりか、剣道と表裏一体の武士道まで愚弄するに至っては、すでに武道の資格を失っていると思います。おそらく無理でしょうが、韓国のKUMDO関係者に望むのは、剣道が父祖の仇敵である日本発祥の武道であることを素直に認め、なおかつそれでもこれを韓国に広めなければならない意義を一般国民に説き、ときには日本の精神にも学ぶべきものがあることを訴えてほしい。そのような手続きがあれば、日本側は感服し、剣道を通じて両国の友好親善に大きく役立つことと思います。しかし、これは望み薄でしょう。韓国の青少年のKUMDO熱は、テレビドラマの影響もありますが、急速な競技人口の増加の背景には行政のてこ入れもあり、多くの大人は剣道が日本から伝わったものであることを百も承知のうえで子供たちを欺き、勝手に作った伝説で自尊心を満足させ、さらに国際舞台で日本を出し抜くという国家戦略に役立てようとしているのではないでしょうか。日韓関係は随分よくなったとはいえ複雑です。私はけっして短絡的な嫌韓論者ではなく、両国の友好を切に願う者です。しかし、日本に多くの非があるにせよ、このように相手民族の根本精神に泥を塗るようでは、こちらも譲れない点は鮮明に打ち出すべきです。それを看過する日本人は、少なくとも「武士」ではありません。(剣道トピより)


HOME