2003年「アドベンチャー in 多摩川」8月31日開催

ホームページへ いかだのページ


【2003年型「玉堤いかだ組」のいかだができるまで】


7月17日 乗艇者「5年生4名と5年生担任1名の計5名」決定。
7月27日 生活科室で第1回打ち合わせと製作を開始。
8月03日 児童が架装のデザインを検討。そして描く。
      今年の玉堤のテーマは「エコロジー?」。
8月17日 旗が完成し、すべて完了する。
8月28日 プールで進水式と試乗会を行う。
8月30日 いかだをトラックに載せ、当日を待つ。

デザイン会議と製作



川崎方面側に「にしたまお」たまちゃんと魚を描く。東京側に地球ロケットを描く。

【大会当日(8/31)】 早朝の小雨も上がり、暑くなりました。


左)乗員はこの5名。 右)スタート前の記念撮影。梅原元玉堤校長先生も...写真↑をクリックすると拡大します。


左)スタート直前/右)13組スタート


スタートダッシュから流れに乗る


川崎側に座った男子は見えないけれどがんばっていた。


今年は流れが速く、不覚にも自転車で追いつけず、レース後半の写真は撮れませんでした。


←クリック
すると拡大されます。


【児童の感想】

「みんなで力を合わせて気持ち良くいかだ下りができた」
「多摩川の水が冷たく、意外と綺麗だった」
「色々ないかだがあって面白かった」
「とても楽しかった」「川の中からの眺めが良かった」






閉会式・表彰式まで、桜の木下でしばし休憩。

結果は28位(88艇中)。毎年少しづつ順位を落としているけれど、タイムは15分40秒の玉堤小新記録。


ホームページに戻る